Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News 英国EU離脱で、駐在員ヘルプビジネス大ブームに
英国のEU離脱(ブレクジット)でオランダ企業が莫大な財政的損失を被る一方、これをチャンスと見る会社がオランダで急増している。英国に本拠を置いていた企業がすでに数十社オランダへ拠点を移しているが、移転してきた従業員のために住居や学校などの世話をするビジネスである。

この駐在員(エキスパット)のためのビジネスは、ゴミの出し方から学校の選び方そして住居探しといった手伝いを行うもの。さらにこういった実務的なヘルプから、誕生日には自分でケーキを職場や学校に持っていくといったオランダの習慣までも教えるという。

ビジネスは盛況だが、実際には忙しすぎるといった問題も抱えていると、エクスパット・ヘルプのフレムダー氏。2014年にはこのような駐在員を助けるビジネスとして商工会議所に登録していた会社は301社あった。それが現在では590社とほぼ倍増している。会社が増えたにもかかわらず、英国のEU離脱で仕事は増える一方。週に60時間から70時間働くのはざらだという。アムステルダム市はイギリスに本拠を置く企業の誘致に熱心で、これも拍車をかけている。

オランダでの住居探しも平均60日と大変だが、外国人の子供のための学校探しはこれに輪をかけて困難である。多くの学校が満員であり、空き待ち状態だという。

こういった外国人従業員向けビジネス(エキスパット・ビジネス)のブームはいつまで続くのだろうか。ブレクジットが一段落し、拠点のオランダへの移転そして外国人のオランダへの転勤といった大移動が去った後はおそらくこのビジネスも冷える可能性が高い。とくに小さな企業は消え去り、大きなエキスパットビジネス企業が生き残ると見る向きが多い。

2019-02-14

関連記事

英下院は15日夜、欧州連合(EU)からの離脱合意案を採決し、賛成202、反対43... 続きを読む ▶
オランダ各メディアは11日、日本の大手金融機関「農林中央金庫」がアムステルダムで... 続きを読む ▶
英国のEU離脱で、ロンドンにあるEUの2機関が欧州各国へと移転するが、欧州医薬品... 続きを読む ▶
イギリスがEUを離脱すると発表して以来、すでに13社がオランダに移転してきている... 続きを読む ▶
今週15日(水)に控えているオランダ総選挙で、極右ウィルダースの率いる自由党(P... 続きを読む ▶
NRC紙が報じるところによれば、多くの在英国企業がオランダへの移転を計画している... 続きを読む ▶
23日に英国で実施されたEU離脱の是非を問う国民投票は、「離脱」という結果となっ... 続きを読む ▶