Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News 政府の気候変動対策、消費者のエネルギー税増税を止め企業への負担を増やす方向に
気候変動の原因であるCO2削減対策費用が、今年度からエネルギー代(税)の値上げとして消費者に転嫁されたことに対し、国民からの反感は大きいものがあった。水曜日、中央統計局(CPB)と生活環境計画局(PBL)の報告書を受け、ルッテ首相とヴィーベス経済・気候担当相は、2020年からエネルギー税は昨年度のものに戻すと発表した。また、今回の発表では、現在の計画がCO2削減目標である49%という数字におそらく到達できないこと、さらに産業界の取り組みが十分でないこと、そして低所得者に打撃を受けることを認めている。

新案の中心となるのは、企業に対するエネルギー税の増税と消費者への負担の低減である。巷では、政府の新案は来週20日に迫っている地方選へのアピールだと言われているが、ルッテ首相はこれを否定している。

産業界向けには、罰金とボーナスシステムを導入。排気ガス量が規定より多い場合には罰金、少なければボーナスを出すという制度である。消費者向けでは、エネルギー税は減るものの電気自動車購入の際の助成金がこれまで最高で6000ユーロだったが、この金額は減る。工業以外でCO2発生源となっているのは酪農業界。ここでもCO2発生を減らす手段が検討されているとともに、これまでCO2を地下に埋めるCCSという方法が計画されていたが、これについては制限される。



2019-03-14

関連記事

オランダ持続可能エネルギー協会(NVDE)の依頼でTNO(オランダ応用科学研究機... 続きを読む ▶
アムステルダムで10日に行われた政府の気候変動対策に対するデモに、暴風と雨の悪天... 続きを読む ▶
アメリカのトランプ大統領は3月28日、オバマ前政権の温暖化対策を撤廃する大統領令... 続きを読む ▶
オランダ政府は日本政府および国連環境プログラム(UNEP)と共同で「気候変動に関... 続きを読む ▶
ロッテルダムのマースフラクテに21日、新規に石炭火力発電所が稼働を始める。折しも... 続きを読む ▶
12月12日、国連気候変動枠組み条約(COP21、パリ協定)の締結で、世界の気温... 続きを読む ▶
ここ数日カナダと米国を覆っている冬型低気圧で北米は極度の寒波に襲われているが、大... 続きを読む ▶