Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダの不動産市場の高騰もピークを超え、家賃の上昇率も減少気味
賃貸住宅の家賃はいまだに上昇中だ。しかし今年第1四半期の全国の上昇率平均は4.9%と低くなった。賃貸住宅ブローカーであるパラリウス(Pararius)が発表した数字である。
上昇率は下がったといっても、ハーレム、アルメール、そしてスキーダムといった大都市周辺では他の地域と比較し大幅に上昇している。アルメールでは15%も上昇し、1平米あたりの平均賃貸料金は13.78ユーロとなった。ハーレムでは同19ユーロ、アムステルダムでは23ユーロである。アムステルダムでは上昇率は低く3.6%だった。

州ごとで見ると上昇率が高いのはゼーランドとフレーフォランド州。フリースランド州では家賃自体が下がっている。オランダの不動産価格は高騰の一方だったが、パラリウス社によれば冷却期にはいってきているという。これにともない家賃も上昇が抑えられ気味。


2019-04-25

関連記事

アムステルダム市は、新規建設の不動産を賃貸目的で購入できないようにする意向だ。住... 続きを読む ▶
2018年もオランダの不動産価格は高騰し史上最高の価格を記録した。さらに売りに出... 続きを読む ▶
ロンドンでは今年の初めに5年続いた不動産価格上昇(53%)に終止符が打たれ、昨年... 続きを読む ▶
オランダの不動産価格の上昇が止まららない。これまではアムステルダムの不動産市場の... 続きを読む ▶
オランダ国内の不動産価格がさらに上昇している。昨年比較で平均9%という上昇率だ。... 続きを読む ▶
不動産市場の購買熱はまだまだ続いているが、昨年アムステルダム、ハーグ、ロッテルダ... 続きを読む ▶
オランダの不動産価格、とくに都市部での価格の上昇が止まらない。その背景には歴史的... 続きを読む ▶