Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダ、仏ロスチャイルド所有のレンブラントを購入か
フランスとオランダが権利をめぐって対立するのは珍しいことではない。数年前にはロスチャイルド家が売り出したレンブラント作の「マルテンとオープエン」を、オランダが購入するもののフランス政府の横槍がはいり、最終的にアムステルダムの国立美術館とパリのルーブル美術館が共同購入、交代で展示することになった。オランダKLMとフランスのエアフランスの対立も続いており、今年の2月にはオランダ政府が密かに株を買い増ししフランス政府の持ち分と同様になった。さて今回はロスチャイルド家の係累が所有するレンブラント作品「旗手(De Vaandeldrager)」をアムステルダム国立美術館が購入計画だという。フランスのオンライン・アート・マガジン「La Tribune de l'art」が伝えている。

1636年作のこの絵画は1億6千500万ユーロという値札がついている。このマガジンによれば、黄色いベスト運動などで国内情勢がフアンなフランス政府にはこの購入は論外だという。それよりもノートルダム聖堂の修復に簡単に財布の紐をゆるめたフランスの億万長者たちにアプローチすればいいのだとマガジンの主催者ライクナー氏。
ライクナー氏によれば、アムステルダム国立美術館が1億6500万ユーロで購入意欲を見せているという。ただし輸出許可という壁がたちはだかっており、購入期日の6月19日までにフランスの美術館がこれを買ってしまう可能性もある。輸出許可がおりなければ、国立美術館はこのレンブラント作品は購入できない。今回も同じような問題に遭遇する可能性は低くない。


2019-05-08

関連記事

2019年はオランダ黄金時代17世紀の巨レンブラント没後350年という記念の年に... 続きを読む ▶
レンブラントが描いた「夜警」が修復される。アムステルダム国立美術館(Rijksm... 続きを読む ▶
半年前にロンドンのオークションでレンブラントの作品を見つけたアムステルダムの美術... 続きを読む ▶
作者不明としてオークションにかけられた絵画がレンブラントの作品であることがわかっ... 続きを読む ▶
2016年1月にオランダとフランスで共同購入したレンブラントの肖像画「Marte... 続きを読む ▶
失われたと信じられていたレンブラント(1606−1669)の作品が、昨年米国のニ... 続きを読む ▶
先週9月21日に、オランダの国立美術館と政府が共同で、フランスのロスチャイルド家... 続きを読む ▶