Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダでも顔を隠すブルカ禁止に
一部のイスラム教徒の女性が着用する体と顔を覆う衣装ブルカやニカブ(ニカブは目の部分が開いているがブルカは目の部分も薄い生地で覆われる)が8月1日からオランダでも禁止されることになった。2005年に極右のウィルダース議員が公共の場でのブルカ着用の禁止を提唱したが、14年間もの間、宗教の自由を尊重するオランダは立法に踏み切らなかった。今回施行されるブルカ(顔を隠すヘルメットや帽子も含む)禁止令は、公共交通の車中、公共機関の建物の中、介護機関の中、そして学校の中で適用される。駅やタクシーそして路上ではこの禁止令は適用されない。ヒヒャブと呼ばれるヘッドスカーフやチャドルの着用は許可されている。

さて公共交通機関にブルカ着用者が乗り込んできた場合どうなるのか? 車掌や運転手はブルカを脱ぐよう依頼するか、下車するよう促すのみ。罰金の150ユーロが課せるのは警察官のみである。ただし混乱や遅延を嫌がる公共交通機関の職員のほとんどが、見て見ぬふりをすると答えている。一般の人も公共機関でブルカやニカブ着用の人を見かけた場合には、脱衣するよう促し警察に連絡することはできるという。オランダでブルカを着用している人は全土で200人から400人と少数であり、ほとんど見かけることはない。その上ブルカ着用者が問題を起こしたという事例もない。この法律がなぜ施行されるのか、いったい誰のためなのかがきちんと説明されていない。

すでにベルギー、フランスそしてデンマークで、公共の場でのブルカの着用は禁止されている。オランダは路上では着用可だが、これらの3国では路上でも禁止だ。
2019-08-01

関連記事

イスラム教徒は今日からラマダンの月に入る。オランダに住むイスラム教徒たちも例外で... 続きを読む ▶
アムステルダム市当局は、イスラム系中高等学校であるコーネリアス・ハーハ・リセアム... 続きを読む ▶
地方自治体と安全保障当局はオランダに住む約160人のイスラム過激派を監視している... 続きを読む ▶
8月31日にアムステルダム中央駅で起きたアフガニスタン人(19)による刺傷事件は... 続きを読む ▶
オランダの教会やモスク(イスラム寺院)が環境保全に乗り出した。十字架を形どったソ... 続きを読む ▶
オランダのルッテ首相は日曜日、米国大統領が28日発令したイスラム教徒の多い7カ国... 続きを読む ▶
オランダ国家テロ安全対策委員会(NCTV)は、イスラム国(ISIS)の崩壊でオラ... 続きを読む ▶