Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News 外出は高くつく!オランダの美術館やテーマパークの入場料や外食費、大幅に上昇
オランダは夏休みの真っ最中。国内にいる人は家族でテーマパークなどで出かける人も多い。しかし動物園、美術館、遊園地などの娯楽施設やイベントの入場料がここ5年で大幅に上昇しているため、家計への負担は大きい。中央統計局CBSが水曜日に発表した統計によれば、同時期の消費者物価の値上がり率を大きく超えるものだ。過去5年の消費者物価は平均で6.8%の上昇であるのに対し、美術館や動物園の入場料は同期間に17%値上がりした。テーマパークやスポーツイベントの入場料も平均13.7%の値上がり。シアターや映画やコンサートのチケットも9.8%上昇している。

入場料の値上がりの一因となっているのは今年の1月に値上がりした低率付加価値税。これまでの6%から9%へと上昇した。(商品やサービスにかかる通常の付加価値税は21%)。美術館や映画館、コンサート、テーマパークなどの入場料にはすべてこの低率の消費税が含まれている。しかしながら、入場料の値上がりはこの付加価値税増税だけでは説明できない、とCBSは分析している。家族で動物園や遊園地などに出かけると非常に大きな出費となる。

値上がりしたのは入場料だけでない。外食やテイクアウトの価格も高くなっている。ファーストフードやテイクアウトの平均価格は14.8%の上昇。列車、バス、トラムなどの交通費も11%上がっている。値下がりしたのはガソリン代だけ。駐車料金は平均で15.7%も上昇している。

2019-08-07

関連記事

来年から導入が予定されているVAT(付加価値税)の引き上げにより、生活費が平均で... 続きを読む ▶