Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News 世界各国の年金格付けでオランダが世界一に
コンサルティング会社の米マーサーとオーストラリアモナッシュ金融研究センターは、「グローバル年金指数ランキング」(2019年度版)を発表した。これによればオランダはデンマークやオーストラリアと並びAランクに入った。(ランクはAからEまで) 調査では、生活費に対して十分に支払われているかを評価する「十分性」、国の借金状況や支給年齢などを評価する「持続性」、ならびに「健全性」の3分野、40項目以上から各国の制度を検証している。

オランダはこの3分野のスコアの合計が81点とトップに上がった。どの分野でも世界のトップ3にランクされているだけでなく、経済成長や労働参加の上昇もオランダの年金制度の充実に貢献している。

ただし、家計の貯蓄率がさらに上がり負債を減らせば、スコアはさらに上がるはずとマーサーコンサルティング。

ここ数年オランダでは年金制度の改革が行われてきた。年金基金と政府の間で批判が繰り返されたが、新規合意も成立している。これにより年金制度の質は上がったという。ちなみにこの調査における日本の格付けは31位。


2019-10-23

関連記事

世界大手の人事・組織コンサルティング会社マーサーは、2018年度グローバル年金指... 続きを読む ▶
3月15日に行わられる総選挙前の党首による第一回討論会が、アムステルダムのカレ劇... 続きを読む ▶
オランダの2つの年金基金がアムステルダムの「飾り窓地区(レッドライト・エリア)」... 続きを読む ▶
保険会社アリアンツの調査「退職後の収入妥当性指数 Retirement Inco... 続きを読む ▶
オランダ最大の年金基金運用会社APGは海上風力発電ファームに投資する意向があると... 続きを読む ▶
14日水曜日、オランダ下院は欧州委員会が提案している欧州共通の年金計画にイエロー... 続きを読む ▶
オランダ最大の年金基金ABP(公務員年金)は所有していた東電株をすべて売却したと... 続きを読む ▶