Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News 農家に続き、建設業者が政府の環境対策に反対しデモ。
政府の環境保護対象となっているのは、農家と建設業。先月には窒素発生源である酪農農家がトラクターで高速道路を走りストを行ったが、今日30日にはハーグのマリーフェルトに1000台のダンプカーに乗った建設業者が集まりデモを行っている。

午後13時には20台の砂を満載したダンプカーがハーグに到着。砂をマリーフェルトに積んで山をつくる計画だ。警察はこれを中止させようと、デモ隊をデモ地区に戻るよう呼びかけている。農家(酪農)のストの際も一般の人は厳しすぎる政府案に対し、農家に同情する人は多かったが、今回も同様だ。

不動産は値上がりし建設ブームだというのに、建設業界にとって2019年は苦難の年である。PFASに分類される化学物質が含まれる土壌での建設がすべて禁止されることになった。自然保護地区での建設計画は中止、堤防の補強工事も延期など公共工事はほとんど中止状態。この政府の行き過ぎた環境対策に対し、建設業界は不満を表明している。
2019-10-30

関連記事

水曜日朝、農家がトラクターでオランダ全土の高速道路を通行するというデモを行ってい... 続きを読む ▶
気候変動活動家グループである「絶滅への反逆(Extinction Rebelli... 続きを読む ▶
1日火曜日早朝から、国会のあるハーグに向かう道路がゆっくりと走るトラクターで埋ま... 続きを読む ▶
昨日20に行われたオランダ地方選挙(上院選挙)で、これまで議席がなかったフォーラ... 続きを読む ▶
アムステルダムで10日に行われた政府の気候変動対策に対するデモに、暴風と雨の悪天... 続きを読む ▶
木曜日、オランダ全土から国会や政府機関のあるハーグに集まった高校生約1万人(高校... 続きを読む ▶
オランダ政府は11日、トルコのチャブシオール外相のオランダ入国を拒否すると発表し... 続きを読む ▶