Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダ国王による国民に向けてのスピーチ「コロナは止められないが、孤独ウィルスは止められる」
20日金曜日午後7時、ウィレム・アレクサンダーオランダ国王はテレビやインターネットを通じて国民へのメッセージを伝えた。スピーチは6分に及ぶもので、コロナウィルス感染で亡くなった方への追悼を述べるとともに、医療従事者や公共交通機関、スーパーマーケットなどで働く多くの人に感謝の念を伝えた。そして日々研究に関わっている国立公衆衛生環境研究所(RIVM)、保健所(GGD)などの機関に言及し、彼らの助言に従うよう強調した。そして高齢者などの弱者の保護にも触れ、「コロナウィルスの拡大を止めることはできないが、孤独ウィルスは止められる」と、人々との接触を絶たれ孤立している人達に常に思いを馳せ、手を差し伸べようと国民に訴えた。

このスピーチを書いたナンシー・オルトフにオランダのインターネットニュースNu.nlがインタビューしたところ、「国王のスピーチは多くの人に感銘を与えただけでなく、国民の連帯感を深め、弱者や孤独な人について考える一端となった。」と述べている。スピーチは、スーパーで働く人たちから介護の現場にいる人、そして企業で働くひとから個人で事業をする人まで、ありとあらゆる人に言及したことで、多くの人の心を揺さぶるものとなった。

今週の初めにルッテ首相が国民に向けてのスピーチを行ったが、首相のスピーチは政府のコロナ対策を説明するものだったのに対し、国王のスピーチは国民の感情や心情に訴えるものに始終した。国王が国民に向けてスピーチを行うのは非常に稀なことで、前回は2014年のマレーシア機MH17撃墜事件の時、その前はベアトリクス女王による2009年女王誕生日に起きた攻撃事件の際だった。


2020-03-21

関連記事

これまで、コロナウィルスに感染した人や軽い症状が出た人にはすでに免疫ができている... 続きを読む ▶
オランダ公衆衛生環境研究所(RIVM)は先週、現在実施されているウィルス蔓延防止... 続きを読む ▶
オランダではコロナウィルスの検査能力(1日に検査できる件数)が低い。これに対し医... 続きを読む ▶
オランダ公共衛生環境研究所(RIVM)の感染病対策センターのディレクターであるヤ... 続きを読む ▶
23日午後7時記者会見が開かれ、ルッテ首相、フラッパーハウス司法大臣、デヨング医... 続きを読む ▶
オランダのテレビ業界は広告出稿の相次ぐキャンセルで苦境に立たされている。さらに番... 続きを読む ▶
オランダ公共衛生環境研究所(RIVM)によれば3月22日現在、オランダでのコロナ... 続きを読む ▶