Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News コロナウィルスでテレビ局、広告業界にも打撃
オランダのテレビ業界は広告出稿の相次ぐキャンセルで苦境に立たされている。さらに番組制作も滞っており、巨額の損失が予測されている。

SBS6などを抱える民放局Talpaは人員削減を計画。公営放送局の広告枠を管理するSTERも広告収入が数十%減っていると報告している。コロナウィルス感染拡大で打撃を受けている飲食業、旅行業、ホテルといった業種は当然のこと、この時期に適切ではないという判断から広告を取りやめる企業も続出している。

広告出稿を大きく減らしているのが大手スーパーマーケットのアルバート・ハイン(AH)。定期的に行われる格安商品のキャンペーン「ハムスターウィーク」の広告を一切取りやめる決定をした。アルバート・ハインのマスコットであるハムスターは、オランダ語の買い占め・買いだめ(hamsteren)を意味する。買いだめが禁止されている現状で、このハムスターウィークは適さないという判断である。

また、ユーロソングフェスティバル、フォーミュラ1,サッカー欧州選手権などの大きなイベントが中止となったことで、広告業界は大きな痛手を被っている。テレビ局の番組制作も滞っており、長年続いたシリーズを取りやめたり、遅らせたりしてしのいでいる。一方、ウェブ広告はまだ順調である。さらにネットフリックスのようなストリーミング・サービスのオランダ版であるビデオランドの会員もうなぎのぼりだという。

2020-03-23

関連記事

107歳の女性コーネリア・ラスさんがコロナ感染から生還した。世界保健機関WHOに... 続きを読む ▶
これまで、コロナウィルスに感染した人や軽い症状が出た人にはすでに免疫ができている... 続きを読む ▶
昨日8日夜開催された政府記者会見で、ルッテ首相は「通常の生活に戻るには長期戦とな... 続きを読む ▶
1 ドイツによる水際措置 続きを読む ▶
オランダの農業製品輸出高は米国に次ぎ世界2位という高いレベルを誇っているが、今回... 続きを読む ▶
オランダは水曜日、「コロナウィルス蔓延により経済危機に陥っているEUに諸国に向け... 続きを読む ▶
現在実施されているコロナウィルスの蔓延防止対策は、当初の4月6日から3週間延長さ... 続きを読む ▶