Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダ政府、「シェアリング・エコノミー」に理解、規制緩和へ
ネットを通じて個人の家や部屋を旅行者に貸す「Airbnb」「Wimdu」、そして自分の車で人を運ぶ「Uber」など「シェアリング・エコノミー」と呼ばれる新ビジネスは、これまでホテルやタクシーといった既存の業界からの反対で制限されてきた。しかしカンプ経済相そしてブロック住宅担当相は、この動きを制限するよりも、企業や消費者の利益を拡大することに目を向け、こうしたインターネットを使った事業の展開を支持すると発表した。ただし、安全性や信頼性が損なわれないという前提である。

「Uber」や「Airbnb」は現在の法律の下ではグレーゾーンにあり規制されている。カンプ経済相は「オランダが新しい経済の動きの中で利を得たいなら、規制を緩和すべきである。イノベーションの先駆者たちがよりよい製品やサービスを開発すれば、新しい市場を産み出し、雇用も拡大できる。」と前向きな姿勢を示している。

緩和規制は現状のタクシー法の改善にも及んでいる。例えば、運転手は紙の領収書を発行しているが、これがデジタルのものでもいいといった具合である。さらに、これまで規制されていたドローンの使用も緩和される。例えば農業関連企業が使用することで技術革新が図れるといった目的があれば、使用は可能となる。


2015-07-23

関連記事

個人がタクシー業務をするタクシー配車アプリであるシリコンバレー発ウーバー(Ube... 続きを読む ▶