ポートフォリオオランダニュース

ロックダウンから5ヶ月後のオランダの経済。借金、失業そして政府の支援
werkloosheid.jpg
3月半ばにロックダウン宣言があり飲食店などが閉鎖を余儀なくされた。そして7月から大幅規制緩和が行われ、夏休みの今、ほとんどのオランダ人が国内で旅行を楽しんでいる。一見経済は回復したように見えるが、実際のところ、オランダの経済はどうなっているのか。今後はどうなるのか。以下はオランダ国営放送(NOS)が専門家に聞いた答えである。

ING銀行の経済専門家によれば、今のところ企業にとっては追い風が吹いているという。それでもコロナ危機による損失は取り戻していない。トリオドス銀行によれば、「例えば、美容業が再開した当時には多くの顧客が押しかけ大繁盛したが、ある時点で元の状態に戻った。コロナ時の損失はそのままで残る。」と傷跡が深いことを示唆している。ABNAmro銀行は、消費は増加するもののこれまでのような勢いはなくなると予想している。失業者が増えるので長期的には消費は冷え込むだろう。

コロナ危機が始まって以来失業者は増えている。トリオドス銀行は、失業者はさらに増加すると見ている。2008年の金融危機のときも最初の2年間は失業率はそれほど増加しなかったが、実際にはその後に打撃を受けている。これと同様なことが今回のコロナ危機でも言えるという。また企業も借入が増え返済が遅れている企業も増える傾向があり、これが倒産、失業者の増加を招き、消費を減らすことに繋がる。と同銀行。

しかしながら中央統計局(CBS)の統計を見ると実際の倒産はまだ非常に少ない。CBSによれば、政府の支援策の効果が出ているという。しかしABNAmro銀行は、政府の第一回目の支援はほぼすべての企業に届いたが、第2回、第3回と回を重ねるたびに、支援の条件は厳しくなっていくため、経営が厳しくなる企業も増えるとみている。

さて以下は政府は企業に対しこれまでどのような支援を行ってきたのかの一覧だ。
NOW:従業員の給与の90%を政府が肩代わり
TOZO:個人事業主に生活保護額を支給
TOGS:企業に対する固定費に対する4000ユーロの補助
TVL:TOGSに替わるもので、固定費に対し1000から50,000ユーロの補助

これに対しトリオドス銀行はこの程度支援策では経済の復興は期待できないと見ている。1000億ユーロ以上の経済支援を行えば経済復興は期待できる。現在困難に陥っている企業を救済するだけでなく、10年後を見据え投資を行う必要がある主張している。ABNアムロ銀行も将来の不確実性が大きいため投資が滞っていることを指摘。これが経済に暗い影を落とす可能性がある。(画像は年齢別失業者数)

オランダ政府、マスク着用義務化なしと発表
昨日行われた政府と安全委員会の会議で、オランダ全域にわたるマスク着用義務は施行されないと決定した。政府は公共衛生環境研究所(RIVM)内の感染防止管理チーム(OMT)のアドバイスを受け、これを決定したもの。OMTは、「医療用マスク以外のマスク着用での効果が実証されていない」という立場を変えていない。
ただしオランダ国内の感染専門家やウィルス専門家の間でもマスク着用の有効性を強調する人たちは多く、先週政府のマスク不要政策に抗議していた。

brochure457x640.png
アムステルダムとロッテルダムの繁華街でマスク着用義務化、8月5日から
maskinthetrain.JPG
アムステルダム市とロッテルダム市では、8月5日水曜日から繁華街でのマスク着用が義務化されることになった。マスクの着用は現在施行されている1.5メートル規制をなくすものではなく、これに追加という形で行われる。
マスク着用が義務付けられる地域でマスクをしていないと、注意を促されたり、即刻退去を求められるほか、罰金を課せられる可能性もある。

アムステルダムでは、飾り窓地区、ショッピング街であるカルファー通り(Kalverstraat)、ニューウェンダイク(Nieuwendijk)、そしてプレイン40−45(Plein 40-45)とアルバートカイプ(Albert Cuypestraat) の市場でマスク着用が義務付けられる。ロッテルダムでは中心街ラインバーン(Lijnbaan)、メーント(Meent)、ニューウェ・ビネンウェグ(Nieuwe Binnenweg)、コールシンゲル(Coolsingel)と、フィッサライ広場(Visserijplein)、アフリカーンダー広場(Afrikaanderplein)そしてビネンロッテ(Binnenrotte) の市場がこれに適用される。さらにアレクサンドリウム(Alexandrium)とザイドプレイン(Zuidplein) のモールでもマスクを着用しなければならない。カイゼルスワード(Keizerswaard)やビネンホフ(Binnenhof)も追加される可能性がある。

オランダ政府は水曜日マスク着用義務を否定する発表を行ったが、アムステルダムとロッテルダムでは急増する感染者を憂慮し独自にこれを実施するに至った。ハーグやフローニンゲンなどの他の都市でも独自の規制を検討している。

政府、全土でのマスク着用義務化を否定、各市町村で実施か?
mondkapjes_europe.jpg
政府関係者が28日夜オランダ国営放送NOSに語ったところによれば、公共の場でのマスク着用の義務化は行われない。ただし自治体が小規模な範囲でのマスク着用義務を実施するのは可能となるらしい。昨夜、公共衛生環境研究所(RIVM)の感染防止管理チーム(Outbreak Management Team OMT)が、フェイスマスクの効果について話し合った結果である。

本日29日ユトレヒトでオランダの安全理事会(25の地域)が集まり、関連大臣がコロナ規制について最終発表を行う予定。規制はおそらくオランダ全土に対するものでなく、地域的になる見込み。例えば、アムステルダムやロッテルダムではマスク着用を義務化したい意向だが、この安全理事会にてOMTの決定を話し合う予定。

ロックダウン中、何度もマスク着用義務について政府は検討してきたが、OMTのアドバイスによりこれが否定されてきている。マスク着用により安全性が保たれると誤解されることを恐れているというのがその理由だ。
NOSはアムステルダムに訪れる観光客数人にインタビューしているが、オランダでマスク着用義務がないことに驚きを隠せない人が多い。とくに政府の政策に対し無責任だという声が高い。インタビュー(記事中程の動画)

(画像:nu.nl 赤:マスク着用義務、青:一部義務)

コロナ再発のアントワープで、門限設置とマスク着用義務強化
province_antwerpen.png
ベルギーのアントワープ州(オランダと国境を接するアントワープ周辺の地域)では門限とマスク着用の義務化を拡大した。アントワープ州ではコロナウィルス感染が再度拡大し先週だけで1028人が陽性と判明している。


オランダもマスク義務化は近い? 欧州他国多くが義務化
facemask_europe.png
22日夜の記者会見にてフラッペンハウス司法安全省大臣は、規制緩和によるコロナ感染者の増加(22日の記事を参照)を憂慮し、人との距離の確保や手洗いといったこれまでの規則を遵守するよう国民に呼びかけた。ただマスク着用については触れていない。欧州...


気になる欧州内での人気休暇先でのコロナウィルス感染状況について。どこに行くなら安全?
vacation.jpg
欧州内の人気バケーション国や地域のほとんどは、コロナウィルス規制緩和で入国禁止のコード・オレンジから、注意して旅行可能というコード・イエローに変わり旅行者も増えつつある。オランダではほとんどの人が国内での休暇を計画しているが、国外に行くと予...


オランダの屋内・垂直農法の「プラントラブ(PlantLab)」社、米国やバハマにも拠点
plantlab.jpg
屋内や高層建築物の階層、及び高層の傾斜面を使用して垂直的に農作業を行う「垂直農法(Vertical Farming)」を推進するオランダのハイテク農業企業「プラントラブ(PlantLab)」は、2000万ユーロ(約23億円)の投資を受け、オ...


コロナウィルス感染者数また増加
coronatest.jpg
規制緩和が実施されているオランダでコロナウィルス感染者数が増えている。国立衛生環境研究所(RIVM)によれば、先週コロナウィルス検査で陽性となった人は987名。先々週は534名だった。先週新たに病院に入院したのは19人とその前週より3人多い...


熱帯博物館(文化人類博物館)でマスクを作ろう!
mondkapjes.jpg
オランダではまだマスクをファッション・アイテムとして使用している人は少ないが、今後増えそうである。アムステルダムの熱帯博物館(文化人類博物館、Tropenmuseum)では、今年の夏に有名ファッションデザイナーのデザインしたマスクのワークシ...


「マスクは不要」オランダ公共衛生環境研究所。政府は3日以内に新たな規制を発表。
wearingmaskstreet.JPG
各分野での医療専門家や市町村が政府に対し、コロナ規制強化を求めている中、オランダ公共衛生環境研究所(RIVM)は、「公共交通機関以外でのマスク着用の必要はない」と強調した。医療用マスク以外ではウィルスの侵入を防ぐことはできないというのが主な...


オランダなど「倹約」4カ国がEU復興資金に同意。ルッテ首相も交渉結果に満足
スクリーンショット2020-07-219.42.59.png
17日に開催された、コロナ後の欧州経済復興目的の支援策に対する欧州27カ国の首脳会談は、火曜日朝最終合意に達した。オランダなどの「倹約国」4カ国が最終的にEUに対する支援金額の値下げ交渉に成功したもの。補助金額に異論を唱えていたオランダとオ...


フェンローのスクラップ工場から貴金属や現金がザクザク
geld_16x9.jpg
リンブルグ州フェンローの金属リサイクル会社から数百キロの金、現金、不動産物件、車、時計などが押収された。検察によれば推定合計金額は1,000万ユーロ(120億円)以上に上るという。


クラシファイド - 申込みは info@portfolio.nlまで

Amsterdam


アムステルダム「EN」- 和食・寿司 - アムステルダム

【お渡し】テイクアウト

【営業日】火曜日から日曜日に営業。月曜日定休(通常時は、日曜、第3月曜日定休)

【営業時間】 お受け渡し/ピックアップ時間 は 17:00~19:00


Uithoorn, Aalsmeer, Schiphol

レストラン楽 - ラーメン、寿司、刺身、和食 - Uithoorn

【お渡し】テイクアウト

【営業日・営業時間】

【メニュー】


Honey-Moco Delivery - Delft

【お渡し】デリバリー

【メニュー】ラーメン(冷凍)・お弁当・和牛・冷凍魚・お米・調味料・日本食材 …

【配達日】木金土 / 12:00 -21:00 オランダ全土(遠方は日程を要相談)


Amstelveen

レストラン「和み」- 和食 - アムステルフェーン

【お渡し】配達

【営業日】休みなし

【営業時間】ピックアップ時間 は 17:00~19:00



危険情報・大使館情報

7月1日からの措置緩和方針など
昨日24日(水)午後7時より、ルッテ首相及びデ・ヨンゲ保健・福祉・スポーツ大臣が記者会見し、新型コロナウイルス対策に関してオランダ国内でとられている措置について、7月1日(水)以降の緩和に関する方針等について発表しました。
 この発表について、政府のホームページに掲載された具体的な内容は以下のとおりとなります。更なる詳細、質疑応答等については、今後確認次第、追ってメールにてお知らせいたします。

1 新型コロナウイルスへの対処に関し、我々は、再び、一歩く前に進むことができる。我々は、新たな段階に着手しており、インテリジェントロックダウンからルールに従った空間へと移っている。新型コロナウイルスは完全に消滅したわけではないことから、屋内外での一般的なルールは引き続き必要である。
2 引き続き適用される以下の基本的なルールにより、我々は、新型コロナウイルスの危機から脱し始めている。
(1)新型コロナウイルスの症状がある場合、自宅待機をし、可能な限り早期に検査を受けること。
(2)他者から1.5メートルの距離を保つこと。
(3)頻繁に手洗いをすること。
(4)可能な限り自宅勤務を行うこと。
(5)混雑した場所を避け、可能な限りラッシュアワーを避けて移動すること。
 このアプローチはうまくいっている。感染のピークは過ぎており、我々は、新型コロナウイルスを管理できている。我々は、広範な検査や感染源・接触者調査を大規模に実施することができる。これにより、我々は、迅速かつターゲットを当てた調整を行うことができ、新型コロナウイルスが蔓延する場所でウイルスの拡大を抑止することができる。
3 距離を保つことはお互いに余地を与えている
 引き続き、警戒し、慎重でいることが重要である。新型コロナウイルスの症状を有する者は、自宅待機し、検査を受ける。7月1日(水)以降、以下の一般的ルールが屋内外で適用される。これらのルールは、ウイルスの拡散について我々が得た知見に則したものである。
(1)屋内での一般的ルール
〇互いに1.5メートルの距離を保つこと。
〇(スタッフを除き、)固定した椅子のある部屋ごとに最大100名まで。
〇固定された椅子、予約、事前の健康チェックを行えば、人数制限はない。
〇店舗、博物館、図書館など、訪問者の出入りがあるような場所では、1.5メートルの距離を保つことがルールであり(それぞれの場所自身が、このルールが遵守されているかを確認する。)、人数制限はない。
(2)屋外での一般的ルール
〇互いに1.5メートルの距離を保つこと。
〇(スタッフを除き、)最大250名まで。
〇飲食産業は常に固定された椅子を利用すること。
〇固定された椅子、予約、事前の健康チェックを行えば、人数制限はない。
〇動物園、遊園地など、訪問者の出入りがあるような場所では、1.5メートルの距離を保つことがルールであり(それぞれの場所自身が、このルールが遵守されているかを確認する。)、人数制限はない。
(3)移動
〇公共交通機関の中で、非医療用マスクの着用は義務である。バス、電車、トラム、メトロの全ての座席が利用可能となる。ラッシュアワーを避けることが引き続き重要である。
〇A地点からB地点への移動(例えば、タクシー、乗り合いバン、長距離バス)については、予約及び事前の健康チェック、非医療用マスクの着用が義務となる。
〇車両の中(及び他の私的な輸送手段)では、以下のルールが適用される。複数人が1台の車両で移動し、これらの者が、同一世帯に属さない場合、マスクの着用が推奨される。
〇その他の移動手段では、当面の間、1.5メートルの距離を保つこととする。
(4)子供及び青少年
〇12歳までの子供たちは、子供たち及び大人との間で、1.5メートルの距離を保つ必要はない。これは、託児所及び小学校にも適用する。
〇18歳までの青年同士は、1.5メートルの距離を保つ必要はない。これは、サマーホリデー後に完全な形で再開する中高等学校において、(年齢に関わらず)全ての学生に適用する。学生と学校スタッフの1.5メートルの距離の保持は、引き続き適用される。
〇新たなアカデミックイヤーには、中等職業教育(MBO)、高等職業教育(HBO)、大学において、再び、多くの教育活動を行うことができる。ここでは、学生は、互いに1.5メートルの距離を保つことになる。
(5)例外
〇全ての人が1.5メートルの距離を保つことがルールである。しかし、いくつかの施設では不可能であり、1.5メートルの距離は一時的に緩和される。これには、以下が該当する。
・介助を必要とする者と介助をする者との接触
・(美容師、マッサージ師、自動車教習インストラクター等)接触を伴う職業の人々
・(屋内外の)アスリート、俳優、ダンサー
〇シュプレヒコール、大声での歌唱、集団で大声を上げることは認められない
・合唱やアンサンブルに関して、リハーサルやパフォーマンスは再び可能になる。条件については、国立公衆衛生環境研究所が短期間でこれに関してアドバイスを提供するだろう。
〇ディスコやナイトクラブは、9月1日(火)まで引き続き閉鎖される。
4 最後に
 状況が許し、ウイルスが引き続き管理できている場合、ディスコやナイトクラブは、オープンすることができる。これは、9月1日(火)頃に検討される。一方で、新型コロナウイルスに対する医薬品やワクチンの開発が世界中で行われている。究極的には、これは、1.5メートルの距離の保持等、一般的なルールを終わらせることになる。しかし、新型コロナウイルスが存在する限り、我々は一般的なルールを遵守しなければならない。我々は、共に行動してのみ、新型コロナウイルスを管理できるようになる。

EU・シェンゲン域外からオランダに来る渡航者に対する入国制限措置の再々延長等
1 6月15日(月)以降の入国制限措置について
 本日15日(月)、オランダ政府は、現在行われているEU・シェンゲン域外からオランダに来る渡航者に対する入国制限措置について、6月15日(月)までの期限を6月30日(火)まで延長することを発表しました(入国制限措置の具体的内容等の詳細については、これまでと変更ありませんので、3月19日付のメール「 https://www.nl.emb-japan.go.jp/files/100024876.pdf 」及び4月20日付のメール「 https://www.nl.emb-japan.go.jp/files/100046798.pdf 」のお知らせをご参照ください。)。なお、これは、6月11日(木)に欧州委員会が、EUへの不要不急の入国禁止を6月30日(火)まで再度延長することを提案したことを受けて決定したものです。
 なお、7月1日(水)以降の措置について、欧州委員会は、関係国間で渡航制限の解除の対象となる国のリストを作成するほか、渡航制限の例外となる対象者の範囲を拡大することで、段階的に制限を解除していくよう提案していますが、現時点では、7月1日(水)以降にオランダが具体的にどのような措置をとるかは不明です。

2 6月15日(月)以降の入国後の検疫措置について
 6月4日(木)付のメールにおいて、オランダ外務省の渡航情報においてオレンジ(不要不急の渡航を制限)に指定されている国(日本を含む)から入国する場合には、オランダ入国後にこの2週間の自宅検疫が要請される旨お伝えしましたが、今般、改めてオランダ外務省に説明を求めたところ、「上記措置は、オランダ在住者が観光等の不要不急の目的でオレンジに指定されている国に渡航して帰国する場合を想定したものであり、一般的なルールではない。一般的なルールとしては、EU・シェンゲン域外からオランダに渡航する場合(以下、(※1)参照。)については、これまでどおり、ハイリスク地域(以下、(※2)参照。)からオランダに渡航する場合にのみ、入国後の2週間の自宅検疫が要請される。」との説明があり
ました。この説明によれば、現時点(6月15日(月))では、日本はハイリスク地域の指定は受けていないことから、日本からの入国後の自宅検疫は不要となります。
(※1)EU・シェンゲン域内から渡航する場合は、英国及びスウェーデンからの渡航に限って2週間の自宅検疫が要請されます。
(※2)ハイリスク地域(欧州航空安全局(EASA)が運用するリスト)
https://www.easa.europa.eu/SD-2020-01/Airports


美味しいオランダ

茄子ソーメン


和菓子「水無月」


コールラビのキムチ和えと千枚漬け


新ニシンのポン酢和え


【特別寄稿】元オークラシェフによる炊飯器で作るスパゲティ・ボロネーゼ


チーズ入りお好み焼きはいかが?


きゅうり祭り


塩ニシン(ハーリング)のお茶漬け


おつまみ、塩ニシンのたたき


あん肝もどき、タラのレバー


アスパラの皮でねり梅和え?!


白アスパラをスモークサーモンと合わせて


人参づくし


いちご大福


ザワークラウトで古漬け?!


アスパラのトマトマリネ


持ち寄りパーティに「天むす」


アプリコットで作った梅干しもどきと納豆のパスタ


おうちで居酒屋


きびなごの燻製を使ってみる


ゴボウがメイン料理!


「アスパラガスの天ぷら」なんてどうでしょ?


スポット

春から夏にかけてのオランダ、アンティーク・マーケット


オランダのチューリップ畑トップ4


アントワープにチョコレート天国開園!


オランダの動物園でパンダ見学


オランダ、100キロに渡る世界で最も美しいチューリップルート


アルクマールのチーズマーケット(3月31日ー9月29日)


長く暗い冬には、ちょっと優雅にアムステルダムのアフタヌーン・ティー


オランダは食べられる雑草/薬草の宝庫


もう行きましたか?アムスの新名所「アムステルダム・タワー」


オランダにグルメ列車「パノラマレイル」登場