ポートフォリオオランダニュース

アムステルダム、人手不足で閉店を余儀なくされるレストランも
アムステルダムでは飲食店の増加と利用客の増加、そして深刻な人手不足で、昼間の営業をやめたり、週のうち数日を休業にしたり、完全に閉鎖するというレストランが出てきている。地元民や観光客でごったがえすアルバート・カイプ・マーケット通りにある大きなレストラン「バザール」も昼間の開店を諦めた。すでに5ヶ月間も求人を出していたが従業員が見つからなかったという。市の中心街ローキン通りにある「ブラッセリー・ベームス」も同じ理由から33年の歴史に幕を閉じることになった。24年間続いたヨルダーン地区のカフェ「フィンチ」も最近閉鎖を余儀なくされた。

飲食店の人手不足は昨今の飲食店数の増加と関係する。2014年には「Horeca」と一括りにされるホテル・レストラン・カフェの総数は4500店だったのが現在では6000店に増えている。観光客の増加にともない飲食店は大きな利を得てきたのも確かだ。しかし経営は人手不足が足かせとなり、困難な状態となっている。中央統計局によればアムステルダムでの飲食業に必要な従業員数は5年前は37,500人だったのが、33%も増加して現在は50,000人。さらに、好景気で求職者も飲食業以外に簡単に職が見つかるようになったため労働条件の好ましくない業種には行かなくなった。

オランダ飲食業協会会長のエフェルス氏によれば、オランダの飲食業界で働く人は学生のアルバイトが多く離職率も高い。これに対しオランダ以外の国ではプロとして働く人が多いので供給も安定しているという。アルバイトを長期間確保するには、使い捨てという考えを改め、彼らの要求に耳を貸すことから始めなければならないと同氏。

アムステルダム市内だけで飲食店のサービス要員には現在510件の求人があるが全部が埋まる可能性は低い。そのためオランダ語ができない外国人や高校生なども率先して雇用するところが増えている。給与を上げたり、個人事業主を雇うなどの工夫も必要だという。

スーパーマーケット, 孤独な高齢者のための「おしゃべりレジ」を設置
1日中誰とも話さない高齢者はオランダでも少なくない。スーパーマーケットはこぞって孤独な高齢者が人々と会話できるようなサービスを始めている。オランダのほとんどのスーパーマーケットには無料でコーヒーが飲める「コーヒーコーナー」が設置されているが、これも孤独な人々に他人と接する機会を提供するのが目的だ。ユンボ(Jumbo)のブラバント州フレイメンの店舗では「おしゃべりレジ」を新規に設置した。スピードを追求するレジでは、なかなか店員と話す時間もないが、このレジでは高齢者がゆっくりとレジ店員と会話を楽しめる。急ぎの人はこのレジに並ばずに通常レジに行けばいい。

このスーパーではコーヒーコーナーでもおもしろい試みを実施している。コーヒーやお茶を飲みながら「ヘルプ募集フォーム」に記入できるのだ。例えば「家の電球を取り替えてくれる人」や「話相手になってくれる人募集」といった小さなヘルプである。このコーナーではボランティがやってきて高齢者とおしゃべりもする。ユンボではこの店舗の試みがうまくいけば他の場所にも拡大する意向だ。

ブレダにあるスーパー「アルバートハイン」でも孤独な高齢者のためのサービスを行っている。各店舗が高齢者基金(Ouderenfonds)と協力しイベントを企画。例えばイースターにブレダにある大教会に200名の高齢者をブランチに招待したり、店内で高齢者がケーキを焼くといったものまで大小様々な企画である。どちらのスーパーも、こういった高齢者サービスは利益にはつながらないが社会奉仕として行っている。もちろん「気持ちよく」買い物ができれば長期的には売上に反映されると担当者は述べている。

マルクト(Marqt)経営不振で身売りか
オランダの大都市に店舗を多く構えるローカル製品やオーガニック製品に特化した食品スーパー「マルクト(Marqt)」が経営不振で、メインバンクのINGから戦略変更を迫られている。売却も選択肢にある。

店舗数を拡大し続けたマルクトはここ数年経営不振に陥っている。先月には理事が全員辞職した。その前にはCEOも辞職している。辞任の背景には戦略に関する株主の意向の不一致があるという。
月曜日にはマルクトのアムステルダムの店1店舗とハーグ店がアルバートハインとなっている。残りは16店舗でそのうち11店舗はアムステルダムにある。

マルクトは2008年に元アルバートハイン(アホールド)の従業員2人が「正しい食品」を販売するスーパーとして創始したもの。人間にも動物にも環境にも優しいというのがモットーだ。この11年間で店舗数は18に増え従業員も750名を数える。マルクトは伝統的なオーガニック食品店のイメージを払拭し全く新しいコンセプトとデザインを採用した。ターゲットグループは所得が高い人達である。オランダ全土で60店舗の展開も目指していた。さらに経営面でも、利益は顧客や従業員への還元を目指し、「持続可能(サステイナブル)」な投資家を募集した。
ただ赤字は膨らむ一方で経営が困難になってきている。根本的な経営の見直しを図るか、身売りをするかのどちらかの選択を突きつけられている。

レンブラント没後350周年、誕生日に国立美術館で一般応募の絵画展示
今年は没後350年ということでレンブラントにちなむイベントが各地で行われている。7月15日はレンブラントの誕生日。アムステルダムの国立美術館では子供からプロのアーティストまでが応募した「レンブラントにインスピレーションを得た」作品575点を展示開始した。この誕生日記念プロジェクトには95カ国から8500人が作品を送付、この中から575点が選ばれた。

国立美術館のオープニングには691人の子供から大人まで「アーティスト」が勢揃いした。会場ではアーティストでありバンド「ノルマール」のシンガーであるベニー・ヨリンクが、誕生歌「Lang zal hij leven」を斉唱し、レンブラントの誕生日を祝った。 作品には「夜警」にちなんだものが96点、子供の作品が253点、そして132点のレンブラントの自画像が含まれる。国立美術館での展示は9月15日まで。

さて国立美術館の展示に外れてしまった悲しんだり怒ったりしている人のために、これらの作品を展示する会場もできた。ハーレムでは「除外された人のサロン(Salon des Refusés)」と題しヤン&ピート美術館で展示された。

衣料品用コンテナに普通ごみが混ざり、再生不可能に
古い衣料を回収する収集コンテナが危機に陥っている。この衣料収集コンテナに普通ごみを捨てたり、ひどい場合には化学液体を捨てる人がいるため、衣料を回収している団体は財政危機に見舞われている。通常古い衣料はアフリカなどに送られ再販されるほか、裁断...


オランダ人に人気の旅行先では、スペインが一番安く
オランダ人の休暇旅行先トップはフランス、ドイツ、オーストリア、イタリア、スペインである。このうち食品などの日用品の買い物が一番安いのがスペインであると、中央統計局(CBS)が昨日発表した。スペインの食品価格はEU平均より4%低い。オランダの...


オランダの小学校、深刻な教師不足
オランダの小学校は深刻な教師不足に直面している。新学期(9月)に向けて現時点で3,500人の教師が不足している。夏休み後には1,400人の教師不足で学校を再開しなければならなくなると見られている。昨年も新学期も1,300人の教師不足で新学期...


第25回参議院議員通常選挙に伴う在外投票の実施について
在オランダ日本大使館からのお知らせ。

第25回参議院議員通常選挙に伴う在オランダ日本国大使館での在外投票は,7月14日...


アムステルフェーンとアムステルダムを結ぶバス55,メトロとの差額払い戻し
今年の春からアムステルフェーンとアムステルダムを結ぶメトロ51番が廃止され、現在バス55番が運行しているが、実はこのバス料金、かつてのメトロ料金より高いことが5月に発覚した。アムステルフェーンの始発駅からウェストワイクからアムステルダム南駅...


アムステルダムの飾り窓地区にメス
昨今のアムステルダム中心部にある飾り窓地区は、もはやツーリストアトラクション化し、旅行者で溢れかえり通行も困難な状況である。アムステルダム市長フェムケ・ハルセマ氏は、「この状態は許容範囲を超えている。大規模な改革を行わねばならない。」とこの...


飲食店の深刻な人手不足を傍目に、このレストランは従業員のウェイティングリスト
オランダの好景気を反映し、どのレストランやカフェも深刻な人手不足に悩んでいる。ところがユトレヒト近郊のアハターフェルド村の食事ができるカフェ(Eetcafe)「ヘッセンカー(Hessenkar)」では働きたい人のウェイティングリストができる...


先月オランダで最も売れた車は?
今年の6月にオランダでの販売台数が最も高かった車は、テスラのモデル3(Tesla Model3)である。1ヶ月で新車登録数は2487台と全販売車両数の6%を記録した。(参考:Bovag en Rai Vereniging)  車の販売台数そ...


女子サッカーワールドカップ、オランダ決勝進出に
3日、FIFA女子ワールドカップ準決勝のオランダ表対スウェーデンの試合は、延長戦の末に1-0でオランダが勝利を収めた。90分を終えて両チームとも得点を挙げる事が出来ず延長戦に突入。99分にオランダが中央突破から最後はジャッキー・フルーネン(...


イベント

オランダ最大級のロックフェスティバル「ロウランズ」(8月16日から18日)


アムステルダム・ゲイ・プライド (7月27日から8月4日)


ライデン日蘭協会のイベント


ホランド・フェスティバル(5月29日〜6月23日)


スポット

春から夏にかけてのオランダ、アンティーク・マーケット


オランダのチューリップ畑トップ4


アントワープにチョコレート天国開園!


オランダの動物園でパンダ見学


オランダ、100キロに渡る世界で最も美しいチューリップルート


アルクマールのチーズマーケット(3月31日ー9月29日)


長く暗い冬には、ちょっと優雅にアムステルダムのアフタヌーン・ティー


アムステルフェーンにもスケート場やクリスマス・マーケット (11月24日-12月26日)


オランダは食べられる雑草/薬草の宝庫


もう行きましたか?アムスの新名所「アムステルダム・タワー」


大使館情報

第25回参議院議員通常選挙に伴う在外投票の実施について
第25回参議院議員通常選挙に伴う在外投票が以下のとおり行われます。

1 選挙の日程
公示日    :令和元年7月 4日(木)
在外公館投票の開始日:令和元年7月 5日(金)
日本国内の投票日  :令和元年7月21日(日)

2 投票できる方
在外選挙人証をお持ちの方
在外選挙人証は申請に基づいて交付されます。
申請手続きについて知りたい方はこちら
https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/flow.html

3 投票方法     
「在外公館投票」「郵便等投票」「日本国内における投票」のうちのいずれかを選択して投票することができます。あなたにあった投票方法を知るにはこちら
https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/vote.html


【在外公館投票】
投票期日:7月5日(金)から
在オランダ日本国大使館での投票期間は,7月5日(金)~7月14日(日)です。
投票時間:午前9時30分から午後5時まで
投票場所:在外公館投票を実施する日本国大使館,総領事館及び領事事務所など
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/ov/page3_000718.html
持参すべき書類:(1)在外選挙人証 (2)旅券等の身分証明書


【郵便等投票】 
請求手続:登録されている選挙管理委員会に,請求書および在外選挙人証を送付します。
請求書は,在外選挙人証とともにお配りした「在外投票の手引き」からコピーするか,外務省ホームページ
https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/shinseisyo.html
からダウンロードしてください。
投票手続:選挙管理委員会から送られてきた投票用紙に記入し,国内投票日の7月21日(日)の投票所閉鎖時刻(原則午後8時)までに,選挙管理委員会に届くよう郵送します。


【日本国内における投票】
一時帰国した場合や,帰国後,国内の選挙人名簿に登録されるまでの間(転入届提出後3か月間)は,在外選挙人証を提示して,下記(1)~(3)のいずれかの方法で投票できます。

【公示日の翌日から国内投票日の前日まで】
(1)期日前投票
登録先の市区町村選挙管理委員会が指定した期日前投票所における投票。
(2)不在者投票
在外選挙人名簿登録地以外の市区町村における投票。
【国内投票日当日】
(3)投票所における投票
登録先の選挙管理委員会が指定した投票所における投票。

日本国内における投票の詳細については,登録先の市区町村選挙管理委員会にお問い合わせください。


4 選挙公報・候補者情報
公示後,選挙公報が各選挙管理委員会のホームページ
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/links/senkan/index.html
に掲載されています。
候補者情報は,こちら
http://www.soumu.go.jp/senkyo/25hce/index.html
を御利用ください。

5 その他
平成27年の公職選挙法改正により,「鳥取県及び島根県」,「徳島県及び高知県」はそれぞれ二つの県を一つの選挙区とする合区に変更されていますので,投票に際して御注意ください。

参議院選挙区の区割りの改訂等について(総務省ホームページへ)
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/senkyo/san_gouku/