ポートフォリオオランダニュース


オンライン購入商品、返品せずに返金?!
オンラインで購入した商品が気に入らないということがたまにある。その場合に返品をしなくても返金されることが可能なのだ。その理由はシンプルで、企業は返品されるほうがコストがかかるからだという。

返品された商品を取り扱うのは企業にとって高くつく。ときにはコストより高くなる場合もある。これゆえ、「返品は必要なし、返金します。」ということが起きる。オランダの経済紙フィナンシエール・ダハブラットは、品物が破損しているかいないかにかかわらず、返品の必要なしというポリシーを実施しているのが、オランダウェブショップ最大手のBol.com、中国のAli Express、家電のCoolblue とFrank.nlを挙げている。

配送サービスのDPDによれば、オランダではウェブで購入した商品の13%が返品されているという。欧州では一番手で、ドイツの12%、スイスの11%を上回る。オランダ人がオンラインで購入するときに最も気をつけているのは、返品可能かどうかだ。

そして最近目だつのは、25ユーロ以下の商品に限るという条件はつくものの、返品なしで返金というシステムだ。返品があると、企業にとっては輸送費がかかるだけでなく、破損があるか否かを調べる人員のコストがかかる上、再包装という手間とコストも発生する。こうなると返品しなくてもいいという結論に至るのだ。

ABNAmro銀行の小売業部門によれば、このシステムを悪用する消費者も出てくると予想される。これは大手企業にとっては費用削減になるが、小企業にとっては痛手となる。今年の後半にはアマゾンがオランダにやってくるが、同社は「返品なしの返金(Returnless Refund)」という用語も使用するくらいこのシステムを活用している。アマゾンのオランダ進出による小規模オンラインショップへの影響は計り知れない。

コロナウィルスで、KLMエアフランス多大な損失
コロナウィルスによる運行中止でエアフランスKLM連合は1億5000万から2億ユーロ(180億円から240億円)の損失を被っている。同航空会社が試算したもので、年間報告書の備考に記された。

昨年暮れに中国の武漢で発生した新型肺炎のため、エアフランス、KLMともに中国への運行を停止している。今後も数週間は中国便は予定されていない。

エアフランスKLM連合の2019年の売上は272億ユーロ。これは2018年と比較し3.7%の増加となっていた。しかしながら純利益は2018年の4億2000万ユーロから2億9000万ユーロへと減少していた。この減益には燃料費の高騰と貨物運輸部門の不振が影響している。さらに人事の計画変更などでもコストが増加していた。今回のコロナウィルスによる中国への運行停止での売上減少は同社にとって痛手だが、WHOとオランダ外務省の勧告にしたがったもの。勧告は必要がない限り中国への渡航を禁止するとともに、武漢と湖北省への全面渡航禁止をするものである。他の欧州航空会社の多くが中国への運行を停止している。

【広告】新刊「週末は、Niksen(ニクセン)」
このたびオランダに関連する書籍『週末は、Niksen(ニクセン)。』(大和出版)が出版されました。電子書籍も発売中です。

Amazon, 「ニクセン」山本直子著

「Niksen(ニクセン)」というのはオランダ語で「何もしない」という意味で、文字通り「何もしない」ことをおススメする本です。

本書ではOECDの「ワーク・ライフ・バランス・ランキング」で世界一となったオランダ人のゆとりある生活をご紹介しながら、どうすれば日本人の生活にも「ニクセン」を取り入れることができるか、さまざまな事例を挙げています。また、オランダ人がニクセンできる社会的背景や、私たちがニクセンするための心構えについても踏み込んでいます。

著者より:皆さまがオランダやオランダ人を理解する一助となれれば幸いです。どうぞよろしくお願いします!

関連記事は下記をご覧ください。

ブレグジットで外国企業のオランダ移転が増加
ブレグジットの影響でオランダに移転する企業がさらに増加している。2019年には78社がオランダに拠点を移している。2018年には43社だった。オランダ企業誘致局(NFIA)によれば、これまでに合計140社がブレグジットによる所々の問題を避けるためオランダにやってきたという。

現在NFIAは425社とオランダへの移転を討議しており、この数はさらに増える見込み。数字は実際に雇用や投資を行う企業のみを含んでいる。2019年にはディスカバリーといったメディア企業から塩野義製薬などの薬品企業が移転してきた。アジアの企業では進出先をはじめからイギリスを選ばずにオランダに決める企業が多いが、このほかにも欧州本部をイギリスからオランダに移す企業、イギリスの子会社をオランダに設立する企業など多岐にわたる。業種は様々だがIT、メディア、広告などのサービス業が多い。

「オランダは欧州の巨大市場が500km以内という理想的な立地条件と優れたインフラを備えている。」とNFIAは企業がオランダを選ぶ理由を説明している。さらにストの少なさといった安定性も好まれる理由らしい。

ブレグジットを理由に昨年オランダに設立された78社は推定1800人の雇用と6400万ユーロの投資を生んでいる。ブレグジットによるオランダ移転企業数は78社だが、それ以外の理由でオランダに新規に設立された外国企業も含むと合計397社となる。新規設立外国企業による雇用は14,000人、そして43億ユーロの投資が推定されている。イギリスは今年2月1日をもって正式に欧州連合(EU)を離脱している。(画像:NFIA)

アムステルダム西部のスーパー、ATMを狙い爆破される
アムステルダムの西部オスドルプにあるスーパーマーケット「アルバートハイン」で18日早朝、爆破盗難事件が起き深刻な損害を被った。店内にあるATMを狙って車で爆破するラム・レイディングと呼ばれる手口だ。犯人は逃亡中である。


郵便爆弾、今度はING銀行(アムステルダム)で爆発
木曜日午後アムステルダムのING銀行で爆弾入郵便が破裂した。爆発による煙で呼吸困難に陥ったひとりが救急車で運ばれた。爆発が起きたのはアムステルダム南東部のバイルマードレーフにある支店。


オランダ国内40の診療所でコロナウィルスの検査可能
昨日10日からオランダの40 のホームドクター診療所でコロナウィルスの検出検査が可能となった。健康機関Nivelとオランダ国立衛生環境局(RIVM)が月曜日に公示した。RIVMによればオランダ全土で通常のインフルエンザの検査ができる場所40...


オランダ、イノベーションでは世界3位だが、持続可能エネルギー利用では欧州最低
7日付けForbesの記事によれば、グローバル・イノベーション・インデックスとグローバル・コンペティティブネス・インデックスで、オランダの技術革新部門は2019年には世界4位にランクインし、欧州で最も経済的競争力の高い国となっている。しかし...


郵便爆弾がアムステルダムとケルクラーデで爆発
ケルクラーデとアムステルダムの会社で爆発物入り郵便物が爆発した。負傷者は出ていない。
アムステルダムではスローターダイク付近で12日朝8時ごろ爆発し、30分後にケルク...


外国人知識労働者数、他国に比べオランダでは低く
オランダで働く外国人知識労働者(kenniswerkers、knowledge workers)は多いように感じるが、実際に蓋を開けてみると労働人口の4%と少ない。欧州他国ではフィンランド以外でどこの国でもオランダより外国人知識労働者の割合...


オランダのバレンタインデー、赤いバラ50本を買うのは外国人?
バレンタインデーに女性が男性にチョコレートを贈る習慣というのは日本だけかもしれない。オランダでは男性から女性へあるいは男性から男性、女性から女性へと好きな人へプレゼントする。プレゼントは花が主流である。それも赤いバラの花。


コロナウィルスの拡大によるオランダに住むアジア人への差別に「No」
バスに乗ったら「コロナウィルス」と叫ばれ、顔をコートで隠す動作をされるなど、オランダに住む中国人そしてアジア人への嫌がらせがあとをたたないという。中国から発生した新型肺炎が脅威を増す中、オランダ在住の中国人やアジア人に対する人種差別的発言が...


オランダ全土で暴風キアラによる強風警報
キアラと名付けられた大西洋を襲う今回の暴風雨で、オランダではコード・オレンジと呼ばれる注意報が発令されている。極度の強風が予想されているため日曜日に予定されていたスポーツやイベントが次々にキャンセルされている。日曜日午前中には時速100km...




イベント

NHKシンフォニー、コンセルトヘボウで演奏(3月2日)


ザイプの花畑 (3月29日~4月26日)


キューケンホフ公開 (2020年3月21日〜5月10日)


世界屈指のアンティークとファインアートフェアTEFAF (3月7日〜15日)


スポット

春から夏にかけてのオランダ、アンティーク・マーケット


オランダのチューリップ畑トップ4


アントワープにチョコレート天国開園!


オランダの動物園でパンダ見学


オランダ、100キロに渡る世界で最も美しいチューリップルート


アルクマールのチーズマーケット(3月31日ー9月29日)


長く暗い冬には、ちょっと優雅にアムステルダムのアフタヌーン・ティー


アムステルフェーンにもスケート場やクリスマス・マーケット (11月24日-12月26日)


オランダは食べられる雑草/薬草の宝庫


もう行きましたか?アムスの新名所「アムステルダム・タワー」


大使館情報

郵便物
本12日(水)朝、アムステルダム市及びケルクラーデ市の企業事務所に送付された手紙が爆発する事件が発生しました。
オランダでは、先月より、企業事務所等に小包等で爆発物が送りつけられる事件が複数発生しております。
郵便物を開封する際は、送付元等に十分注意し、不審な郵便物が送付された際は、開封することなく、警察に連絡するようにしてください。

外務省HPにて掲載している手紙爆弾の対処方法(6ページ及び9ページ)を以下のURLのとおりご案内しますので、ご参考としてください。