ポートフォリオオランダニュース

ブレグジットを見据え、スコットランド・オランダを結ぶフェリー計画
スコットランドの船舶会社TECファラゴン社は、オランダの北部フローニンゲン州にあるエームスハーフェン(Eemshaven)とエディンバラ近郊のロサイス(Rosyth)を結ぶフェリー運航を開始する計画を発表した。10月に計画されているイギリスのEU脱退を見据えての計画である。この新航路を運行するフェリーは主として貨物を運ぶが、人や車の輸送も計画している。

オランダのエームスハーフェンではこの新航路計画のために、650万ユーロをかけて冷蔵貯蔵倉庫を建設している。さらに岸壁を100メートル延長する工事が行われている。

スコットランドは、スコッチウィスキーと木材などをドイツ、デンマークそしてイタリアへ輸出しているが、欧州への輸出窓口としてオランダのエームスハーフェンが流通そしてインフラ面で優れていると判断した。これまでスコットランドは欧州大陸の海からの入り口としてベルギーのブリュージュ近郊のゼーブルッヘ港を使っていたが、2010年にこれを停止している。その後はイギリス南部のドーバーからフランスのカレーというルートを利用していた。しかしブレグジットが近づくにつれこのルートは除外し、欧州の他の地区と直接つなぐルートを模索していた。

もし10月に英国の合意なきEU離脱が現実化すれば、ドーバー港の混乱は目に見えている。スコットランドはその前にドーバー港の代替港を求めていた。さらに、オランダ、ドイツ、そしてデンマークの観光客も眼中に入れ、今回のエームスハーフェン港の選択となった。エームスハーフェンとロサイスの航行時間は約20時間。現時点で航路開始は10月末が計画されている。

ユトレヒトの草が茂る屋根付きバス停、大ヒット
ユトレヒト市内のバス停(ガラス張りで屋根付き)の屋根はセダムと呼ばれる緑の万年草で覆われている。これが今世界中で話題となっている。なぜ植物で覆われる屋根なのか?市の環境保護にどんな役割を果たしているのか?

今年の4月に最初のセダム草屋根付きバス停が登場して以来、ユトレヒトにはすでに300ヶ所のバス停が緑の屋根に変わった。セダムは非常に少ない土だけで育つ肉厚の植物で、屋上緑化などに使われている。

イギリス、ドイツ、アメリカ、カナダ、インド、ウクライナ、スイス、イタリアからメキシコまで世界各国のメディアがこのバス停を取材し話題になっている。セダム植物は大気中の煤塵を吸収し雨水を溜めるだけでなく、ミツバチや蝶を寄せつける。今ではナイメーヘンやロッテルダムなどの他の街でもこのセダム屋根つきのバス停を計画している。

この屋根の設置にはほとんど費用がかからないというのもミソである。さらに維持費はバス停に展示されている広告ポスターの収入から広告代理店が捻出するという仕組みで、これも市の財政には負担はない。

ユトレヒト市は緑の党と民主66党が主導する市で、持続可能な都市を追い求めている。そして最初の「緑の計画」がこのバス停である。また自動車乗り入れに関しても環境ゾーンを設置したのもオランダではユトレヒトが最初である。

バス停だけでなくセダムの屋根は世界的にヒットの兆しだ。家屋では室内の気温を調整するのに役立つ。1センチほどの土だけが必要だし水も少なくてすむ。極寒や極暑時もしのげるし、なんといっても費用もあまりかからない。エアコンの代わりにもなりそうだ。そして大気汚染を少しでも解消できる。

オランダ鉄道、チケットの販売方法や拠点拡大で車利用者も取り込む
オランダ鉄道(NS)はチケットの販売を別会社が行うことに決定した。これによって新規市場の開拓を狙っている。例えば、車のリース会社や旅行会社、あるいはホテルチェーンなどが販売網に入る。

NSのチケットを販売する企業は、NSからチケットを購入し販売価格は独自に決めるというシステムだ。消費者が例えばリース会社のガソリンカード(パス)を持っていたとしたら、そのカードで列車チケットも変えるようになる。これまでは、NSチケットはHEMA, アルバートハイン、クラウドファットといった小売チェーンでも販売していたが、価格などの条件はNSが決定しており、駅やオンラインで購入するのと変わらなかった。これらの小売店では独自に割引料金で提供することもできなかった。

NSは今回導入する新販売方式で、これまで鉄道を利用したことがない、あるいはたまにしか利用しない人などの新規顧客を獲得しようと計画。これにより年間10万枚のチケットを販売できると目論んでいる。しかしながら、利用者増加によって列車の混雑は避けられない。2030年までに40%乗客が増加するとNSは見込んでいる。

来年のオランダ経済やや減速、ドイツに足を引っ張られる
オランダ中央計画局(CPB)は、2020年の経済成長率が1.4%になると予測した。これまでの高成長がやや後退する予測で、来年度の予算や購買力に影響する。この減速の背景には外国の経済悪化が大きく影響しているという。購買力は、実質賃金の上昇と、やや程度は低いが政策措置の結果として、2020年も引き続き積極的に伸びる予想だ。 CPBは、政府予算にも余剰が出ると予想している。ただし黒字は今年よりは減る模様。

2019年の失業率は最低の基準に達したが、来年もさらに下がりそうだ。ただし労働供給の継続的な増加により、雇用の伸びは2020年に低下する。

水曜日に、2019年第2四半期のオランダの経済成長は0.5%とかなり良いと発表されているが、他のヨーロッパでは低い成長率が報告されている。隣国ドイツの経済は縮小している。ユーロ圏最大の経済は、特に外国貿易の減少の影響を受けている。ドイツの経済成長または縮小はオランダにとって伝染性であると言われているが、これまでのところまだその影響は表面に出ていない。

オランダ中央統計局のチーフエコノミストであるファン・ムリゲン氏は、「ドイツの産業は長い間業績を上げていないが、オランダの産業は回転し続けている。しかしドイツの不調が長く続くなら、オランダの産業が来四半期に縮小する可能性が高い。それが成長にとって何を意味するのかはまだ不明」とコメントしている。


オランダで肉の摂取量減り、代替製品の売上が上昇
ここ数年、ベジタリアンやビーガンブームでオランダでの食肉の摂取量が減っている。これに対し豆やキノコ、カリフラワー、ブロッコリなどを使用した肉の代替食品の売上が急激に拡大しており、2017年から現在までに51%も増加している。


オランダ、深刻な橋守不足で船舶の待ち時間長く
日本では50年近く前に消滅した「橋守」。運河や川の多いオランダでは全土いたるところで活躍している。ところが昨今の人手不足の波は橋守にも及び、多くの橋で橋守(オランダ語でBrugwachter)がいなくなった。そのため水上を通行する船舶の待ち...


オランダも猛暑でエアコン記録的売り上げ
今年の6月と7月には数日間に続く猛暑がオランダを含む欧州全土を襲った。これまでエアコンの設置をしている個人住宅は少なかったが今年はかなりの家庭がエアコンを購入した。2016年にエアコンが設置された家庭は75,000戸。2017年にはこれが9...


欧州他国で人気の電動キックボード、オランダでは禁止
ブリュッセルやパリそしてベルリンなどの都市ではレンタルの電動キックボードが人気である。好きなところでピックアップして好きなところに戻すことができ、速いし、場所をとらず、排気ガスが出ないのが人気の秘訣である。ところが、オランダでは電動キックボ...


アムステルダム、9千万円のハウスボートが売りに出される
アムステルダム市内の不動産価格の高騰は止まることを知らず、最高値を更新し続けている。これは地上の家屋だけではなく運河に浮かぶハウスボートでも同様だ。


英・蘭の食品宅配サービス2社合併で、世界第2の規模に
オランダのみならず欧州では食品の宅配サービスが大ブームである。旧来のテイクアウト専門店だけでなく高級レストランまでが宅配サービスを利用。市場はますます拡大している。オランダ最大規模の食品デリバリー会社テイクアウェイ・ドット・コム(TakeA...


音楽を聞きながらの手術で術後の痛みが減少、オランダの実験
ロッテルダムのエラスムス大学病院での研究によると、音楽を聞きながら手術を受けると術後の痛みが大きく減少するという結果が出た。外科専門誌「Annals of Surgery」に発表されたもの。ヘッドフォンで音楽を聞きながら手術を受けた患者は術...


外出は高くつく!オランダの美術館やテーマパークの入場料や外食費、大幅に上昇
オランダは夏休みの真っ最中。国内にいる人は家族でテーマパークなどで出かける人も多い。しかし動物園、美術館、遊園地などの娯楽施設やイベントの入場料がここ5年で大幅に上昇しているため、家計への負担は大きい。中央統計局CBSが水曜日に発表した統計...


オランダで2番目の「性別X」のパスポート
オランダで2番目の「性別X」のパスポートが先週金曜日、ナノアさん(19)に発行された。女性(V)、男性(M)とは別のインターセクシュアル用の性別が(X)である。オランダでは2014年から、性転換をしたトランスジェンダーは簡単に性別変更を申請...




イベント

オランダ最大級のロックフェスティバル「ロウランズ」(8月16日から18日)


アムステルダム・ゲイ・プライド (7月27日から8月4日)


ライデン日蘭協会のイベント


ホランド・フェスティバル(5月29日〜6月23日)


スポット

春から夏にかけてのオランダ、アンティーク・マーケット


オランダのチューリップ畑トップ4


アントワープにチョコレート天国開園!


オランダの動物園でパンダ見学


オランダ、100キロに渡る世界で最も美しいチューリップルート


アルクマールのチーズマーケット(3月31日ー9月29日)


長く暗い冬には、ちょっと優雅にアムステルダムのアフタヌーン・ティー


アムステルフェーンにもスケート場やクリスマス・マーケット (11月24日-12月26日)


オランダは食べられる雑草/薬草の宝庫


もう行きましたか?アムスの新名所「アムステルダム・タワー」


大使館情報

ABN AMRO銀行を騙る電話やメールでの詐欺にご注意ください!
今般,オランダ中央銀行がABN AMRO銀行に対し,金融犯罪取締りのための顧客情報の検査を命じたとの発表がありました。
今後,本発表に乗じて,ABN AMRO銀行を騙る電話やメールによる詐欺が行われる可能性があります。ABN AMRO銀行自身も,メディアを通じて詐欺に遭わないようにとの注意喚起を行っています。

詐欺に遭わないために,以下のような対策をとってください。
・ABN AMRO銀行の職員を名乗る者から心あたりのない電話がかかってきた場合には,相手の氏名,電話番号を聞いた上で一度電話を切り,公開されているABN AMROの電話番号にかけ直す。
・インターネットバンキングにログインする際は,正規のサイトやアプリから直接ログインする(メールなどにあるリンクをたどってログインしない)。

また,電話で以下のようなことを要求された場合には,詐欺である可能性が極めて高いため,直ちに電話を切って下さい。
・PINコードの開示
・送金
・パスポートの写しやキャッシュカードの送付

在オランダ日本国大使館
電話番号: +31-(0)70-3469544
Eメールアドレス: consul@hg.mofa.go.jp
ホームページ: https://www.nl.emb-japan.go.jp/indexj.html