ポートフォリオオランダニュース

フリースランドの精肉店、ギルダーで支払い可で大繁盛
フリースランド州レウワールデンの精肉店スクランス(Schrans)は、開店25周年を記念し先週末ギルダーでの支払いを可能としたところ、7000ギルダー(約3000ユーロ)もの売上があった。2時間かけて買い物に来る客もいたという。この日同店ではすべての製品を25年前の価格と通貨で販売したが、「まるでクリスマス時期のようだった。」と思わぬ反応と売上高に驚いた店主は語っている。

まだ家にギルダー札が残っている人は少なくないらしい。「恐ろしいほど厚い札束を持ってやってくるお客さんもいた。」と店主。ギルダーでの売上はオランダ中央銀行(DNB)でユーロに交換する。DNBによれば、タンスの中に眠っているギルダー札はおよそ2570万枚、金額にして4億4600万ユーロに値するという。ギルダーがユーロに変わったのは2002年。2032年までユーロに交換可能である。交換率は1ユーロ2.20371ギルダー(1ギルダーが45ユーロセント)。

ギルダー札はカラフルで斬新なデザインだったので当時廃止を嘆く人も多かった。

オランダ食料品価格高騰、肉や魚は5%も
オランダで食料品価格が高騰している。今年に入ってから食料品価格は3.8%の値上がりで、過去10年間で最も値上げ幅が大きい。とくに肉や魚は5%も値上がりしている。

中央統計局(CBS)が月曜日に発表した消費者物価に関する統計によれば、1月に食料品などにかかる低額付加価値税率が昨年までの6%から9%に上がったことが大きな要因となっている。ちなみに一般の物品やサービスにかかる付加価値税は21%と据え置かれている。
CBSによれば、1月からの値上がりは、乳製品で3%、野菜果物で2.6%、お菓子など嗜好品は4%

今回の低額付加価値税の値上げの裏には、食品などを値上げする代わりに労働所得への税金を減らすという政府の思惑がある。この計画によって96%の世帯は、購買力が上がるという試算が出ている。

しかし蓋を開けてみると、食品やエネルギ費などの値上がりで、とくに中間所得層の生活が苦しくなっているという結果が出ている。手取り給与の値上がり幅は、この好景気について行かれないのだ。実際に、インフレ率の2.6%の上昇に対し、手取り給与は2.4%の増加である。経営者団体VNO-NCWによれば、給与はかなりの速さで上がっているというのだが、購買力はついていかない。今後のインフレ率と給与上昇率がどのように展開するかが今後の購買力に影響する。

アイントホーフェン工科大学、新規学術スタッフ女性のみを募集
アイントホーフェン工科大学(TU Eindhoven)では、今後1年半の間、学術系研究員の空席は女性のみを募集する。募集後6ヶ月たっても適切な候補者がいない場合に限り女性以外も考慮するという。

今回の措置は同大学の「イレーヌ・キュリー・フェローシップ」の一貫。女性は求職段階で優位に立てるだけでなく、研究費用として10万ユーロが支給されメンターもつく。同大学は女性研究者の数を増やすことで、科学研究分野での男女のバランスを改善することを目的として今回の措置を取ることになった。

バーイエンス学長によれば、長年女性研究員を増やす努力をしてきたが、なかなか成果が上がらなかった。「研究者は多様化するほど研究成果があがることはずいぶん長い間知られている。研究計画もうまくいくだけでなく、創造的な考えも増えるし、イノベーションも速いスピードで進む。」
同大学では来年には教授の20%を女性にすることを目指す。講師の35%は女性が占めるようにしたいという意向である。

イレーヌ・キュリーはノーベル賞受賞学者のマリー・キュリー(キュリー夫人)の長女で、彼女も人工放射性元素の研究でノーベル化学賞を受賞している。

フランスの3星レストランでソムリエ、その後オランダの1星オーナーに
今回の起業インタビューは、仏アルザスにあるミシュラン3星レストランにてシェフソムリエとして働いた後に、ロッテルダムで1星レストランのオーナーとなったファン・ドベン・ヨシコさんです。何がきっかけでソムリエの道を選んだのか、フランスの3星レストランでソムリエを務めた経験などを語っていただきました。ヨシコさんはもうすぐ3歳になる双子の男の子のお母さんでもあります。

オランダの育児休暇、父親は希望だが会社に言えず
オランダのルツガース研究所(Kenniscentrum Rutgers)が発表した「オランダの父親(The State of Dutch Fathers)」という調査研究報告書によれば、多くの父親が育児休暇を望んでいるのに、実際に企業の育児...


2年前にオランダに上陸したカナダのハドソンズベイ、経営困難に
カナダのデパートチェーン「ハドソンズベイ」がオランダに上陸したのが2017年。当時中間層を対象にしたオランダのデパート「V&D」が倒産し、不動産をそのまま購入し開店したもの。アムステルダムを始め、アメルスフォールト、ユトレヒト、ズウォレ、ア...


オランダ全土、雷雨と強風で被害続出
水曜日深夜から木曜日にかけての豪雨と落雷そして強風で、オランダ全土で被害が出ている。オランダ気象台(KNMI)は水曜日に中度の注意報であるコード・イエローを発したが、途中から非常事態に近いコード・オレンジへと変更した。


留学生、オランダ人社会に溶け込むのが難しく
オランダに留学している学生にとってオランダ人社会に溶け込むのは難しいようだ。学生連盟のISOとLSVbそしてエラスムス大学学生ネットワークESNが留学生1000人に調査した結果である。


夏期限定オランダ産天然うなぎ蒲焼
「FLYING FISH」では当店特製オランダ産天然うなぎ蒲焼の販売を致しております。毎年夏季限定で提供いたしております天然うなぎの蒲焼の販売今年も始めました。勿論、白焼好きのお客様用に白焼もご提供しております。蒸してワサビ醤油で食すも良し...


起業家インタビュー、「女性3人で立ち上げたハーグのお惣菜屋さん」
今回の起業家インタビューは、日本から移住してきたばかりの女性3人が共同で立ち上げたお惣菜屋さんです。3人は全く別時期に別の理由でオランダにやってきました。移住の理由はというと、2人は子供の教育、もうひとりは海外でのビジネス挑戦とそれぞれ違っ...


オランダの初ニシン解禁
オランダ人の大好きな生ニシン。本日6月11日が公式な初ニシンの水揚げ日である。ハーグの近郊の港町スヘーフェニンゲンでは恒例の初荷の競りが行われ、一樽が史上最高額である99,500ユーロで競り落とされた。この競りは通常のオークションとは違い、...


アルバイトの女子学生、ドラッグストアの配送用プラスチック100万枚節約
オランダ大手ドラッグストア「Kruidvat(クラウドファット)」でアルバイトをしていた学生のカーチャ・ディープストラーテンさん(21)が、プラスチックバッグを大量に節約できる計画案を提出、これが採用された。


オランダ人で人気の小売りチェーンは?
オランダの小売チェーンの明暗が分かれてきている。シェアを拡大するチェーンもある中、多くのチェーンで店舗改装の頻度は低く顧客も減っている。Q&Aリサーチが5000人の消費者を対象にした調査の結果である。調査では「どの店が生活に不可欠か」そして...




イベント

ホランド・フェスティバル(5月29日〜6月23日)


アムステルダム、オープン・ガーデン


ローリング・キッチン(5月29日から6月2日)


クリンゲンダール公園の日本庭園オープン(4月27日ー6月9日)


スポット

春から夏にかけてのオランダ、アンティーク・マーケット


オランダのチューリップ畑トップ4


アントワープにチョコレート天国開園!


オランダの動物園でパンダ見学


オランダ、100キロに渡る世界で最も美しいチューリップルート


アルクマールのチーズマーケット(3月31日ー9月29日)


長く暗い冬には、ちょっと優雅にアムステルダムのアフタヌーン・ティー


アムステルフェーンにもスケート場やクリスマス・マーケット (11月24日-12月26日)


オランダは食べられる雑草/薬草の宝庫


もう行きましたか?アムスの新名所「アムステルダム・タワー」


大使館情報

アムステルフェーン出張サービス
2018年12月5日(水)に実施を予定しておりましたアムステルフェーン領事出張サービスにつきまして,諸般の事情により12月12日(水)に変更とさせていただきます。

なお,上記開催日以外に変更はございません。
平成30年度一日領事出張サービスのご案内(当館ホームページ該当ページURL)https://www.nl.emb-japan.go.jp/itpr_ja/r_shucchou.html

開催日にお間違えのないようお越しください。

TEL:+31-(0)70-3469544(代表)
電子メール(*)consul@hg.mofa.go.jp