安全情報・大使館情報

オランダ内および海外の安全情報や大使館情報を載せています。

オンライン購入商品、返品せずに返金?!
オンラインで購入した商品が気に入らないということがたまにある。その場合に返品をしなくても返金されることが可能なのだ。その理由はシンプルで、企業は返品されるほうがコストがかかるからだという。

返品された商品を取り扱うのは企業にとって高くつく。ときにはコストより高くなる場合もある。これゆえ、「返品は必要なし、返金します。」ということが起きる。オランダの経済紙フィナンシエール・ダハブラットは、品物が破損しているかいないかにかかわらず、返品の必要なしというポリシーを実施しているのが、オランダウェブショップ最大手のBol.com、中国のAli Express、家電のCoolblue とFrank.nlを挙げている。

配送サービスのDPDによれば、オランダではウェブで購入した商品の13%が返品されているという。欧州では一番手で、ドイツの12%、スイスの11%を上回る。オランダ人がオンラインで購入するときに最も気をつけているのは、返品可能かどうかだ。

そして最近目だつのは、25ユーロ以下の商品に限るという条件はつくものの、返品なしで返金というシステムだ。返品があると、企業にとっては輸送費がかかるだけでなく、破損があるか否かを調べる人員のコストがかかる上、再包装という手間とコストも発生する。こうなると返品しなくてもいいという結論に至るのだ。

ABNAmro銀行の小売業部門によれば、このシステムを悪用する消費者も出てくると予想される。これは大手企業にとっては費用削減になるが、小企業にとっては痛手となる。今年の後半にはアマゾンがオランダにやってくるが、同社は「返品なしの返金(Returnless Refund)」という用語も使用するくらいこのシステムを活用している。アマゾンのオランダ進出による小規模オンラインショップへの影響は計り知れない。


【広告】新刊「週末は、Niksen(ニクセン)」
このたびオランダに関連する書籍『週末は、Niksen(ニクセン)。』(大和出版)が出版されました。電子書籍も発売中です。

Amazon, 「ニクセン」山本直子著

「Niksen(ニクセン)」というのはオランダ語で「何もしない」という意味で、文字通り「何もしない」ことをおススメする本です。

本書ではOECDの「ワーク・ライフ・バランス・ランキング」で世界一となったオランダ人のゆとりある生活をご紹介しながら、どうすれば日本人の生活にも「ニクセン」を取り入れることができるか、さまざまな事例を挙げています。また、オランダ人がニクセンできる社会的背景や、私たちがニクセンするための心構えについても踏み込んでいます。

著者より:皆さまがオランダやオランダ人を理解する一助となれれば幸いです。どうぞよろしくお願いします!

関連記事は下記をご覧ください。


コロナウィルスで、KLMエアフランス多大な損失
コロナウィルスによる運行中止でエアフランスKLM連合は1億5000万から2億ユーロ(180億円から240億円)の損失を被っている。同航空会社が試算したもので、年間報告書の備考に記された。

昨年暮れに中国の武漢で発生した新型肺炎のため、エアフランス、KLMともに中国への運行を停止している。今後も数週間は中国便は予定されていない。

エアフランスKLM連合の2019年の売上は272億ユーロ。これは2018年と比較し3.7%の増加となっていた。しかしながら純利益は2018年の4億2000万ユーロから2億9000万ユーロへと減少していた。この減益には燃料費の高騰と貨物運輸部門の不振が影響している。さらに人事の計画変更などでもコストが増加していた。今回のコロナウィルスによる中国への運行停止での売上減少は同社にとって痛手だが、WHOとオランダ外務省の勧告にしたがったもの。勧告は必要がない限り中国への渡航を禁止するとともに、武漢と湖北省への全面渡航禁止をするものである。他の欧州航空会社の多くが中国への運行を停止している。


ブレグジットで外国企業のオランダ移転が増加
ブレグジットの影響でオランダに移転する企業がさらに増加している。2019年には78社がオランダに拠点を移している。2018年には43社だった。オランダ企業誘致局(NFIA)によれば、これまでに合計140社がブレグジットによる所々の問題を避けるためオランダにやってきたという。

現在NFIAは425社とオランダへの移転を討議しており、この数はさらに増える見込み。数字は実際に雇用や投資を行う企業のみを含んでいる。2019年にはディスカバリーといったメディア企業から塩野義製薬などの薬品企業が移転してきた。アジアの企業では進出先をはじめからイギリスを選ばずにオランダに決める企業が多いが、このほかにも欧州本部をイギリスからオランダに移す企業、イギリスの子会社をオランダに設立する企業など多岐にわたる。業種は様々だがIT、メディア、広告などのサービス業が多い。

「オランダは欧州の巨大市場が500km以内という理想的な立地条件と優れたインフラを備えている。」とNFIAは企業がオランダを選ぶ理由を説明している。さらにストの少なさといった安定性も好まれる理由らしい。

ブレグジットを理由に昨年オランダに設立された78社は推定1800人の雇用と6400万ユーロの投資を生んでいる。ブレグジットによるオランダ移転企業数は78社だが、それ以外の理由でオランダに新規に設立された外国企業も含むと合計397社となる。新規設立外国企業による雇用は14,000人、そして43億ユーロの投資が推定されている。イギリスは今年2月1日をもって正式に欧州連合(EU)を離脱している。(画像:NFIA)


NHKシンフォニー、コンセルトヘボウで演奏(3月2日)
ドリームチームのコンサート。NHKシンフォニーオーケストラとパーフォ・ヤルビ指揮がコンセルトヘボウで演奏します。曲目はラフマニノフのシンフォニー第2とシューマンのチェロコンチェルト。ソリストはソル・ガベッタ。

日時: 2020年3月2日、20:15-22:30
場所:アムステルダム・コンセルトヘボウ・メインホール
チケット:36ユーロから96ユーロ (以下のサイトで予約可能)



アムステルダム西部のスーパー、ATMを狙い爆破される
アムステルダムの西部オスドルプにあるスーパーマーケット「アルバートハイン」で18日早朝、爆破盗難事件が起き深刻な損害を被った。店内にあるATMを狙って車で爆破するラム・レイディングと呼ばれる手口だ。犯人は逃亡中である。

18日早朝の午前3時ごろ黄色いフィアット・パンダがアルバートハインの壁に突っ込み、犯人が店内に侵入、その後店内にあるATMを爆破した。犯人がATMから現金を取り出したかどうかは今のところ不明である。同店の受けた損傷被害は大きいという。同じ日にユトレヒトでもスーパーマーケットの窓が爆破されるという事件が起きている。これもATMを狙ったもの。

ATMの爆破事件が相次いだため、昨年12月には午後23時以降はATMの利用ができなくなるという措置がとられている。この規則はATM爆破事件が減ることを狙ったもので、それなりの効果があったとオランダ銀行協会は1月に発表していた。その矢先の事件である。銀行では来年の4月までに、爆破されたATMから盗み出した紙幣は使えなくなるという技術を導入する予定。 (画像提供:K.Aoyama)


オランダ、イノベーションでは世界3位だが、持続可能エネルギー利用では欧州最低
7日付けForbesの記事によれば、グローバル・イノベーション・インデックスとグローバル・コンペティティブネス・インデックスで、オランダの技術革新部門は2019年には世界4位にランクインし、欧州で最も経済的競争力の高い国となっている。しかし同時にエネルギー利用に関しては欧州でも最も非持続可能であり、汚染もひどい。これをForbes誌でKraaaijenbrink氏は「次のオランダ病?」と分析している。

「オランダ病(Dutch Disease)」という言葉が初めて使われたのは1977年。1959年北海のオランダ領海で大量の天然ガスが発見された。ところがその時からオランダ経済の後退が始まった。この経済の衰退は、外貨の大量流入による為替レートの大変化で、輸出が減り製造業が衰退し失業者が増えたことを示している。また天然資源の発見で豊かになった政府さえも社会保障費などの支出を大幅に増やしたため、長期的に首が回らなくなった。天然資源の発見と経済の衰退という一見逆説的な話だが、これが最初のオランダ病だった。

2020年のオランダはもちろん1977年とは違う。天然資源の発見もないし経済も好調だ。それをなぜ第2の「オランダ病」と見るのだろう。
Kraaijenbrink氏は次のように分析している。欧州一位のイノベーション力と競争力は、現在入手できる資源を利用してなりたっている。代替エネルギーやクリーンな大気といった高価なものには投資していない。こういう意味でオランダのイノベーションは旧態依然としたものだというのだ。言い換えれば、持続可能な生産と経済発展は相容れないというオランダ政府の考え方を顕著に表しているという。しかしこの単純ともいえる方針は、スエーデンやフィンランドを見れば間違っていることは明らかだ。両国ともイノベーションランクでは上位であると同時に代替エネルギーの利用でも欧州で1,2位だ。

それではなぜオランダで代替エネルギーの利用が進まないのか。国が小さく人口密度が高いため太陽光パネルや風車を設置する場所がない。という言い訳もよく聞く。しかし問題は心理的なのではないかと、同氏。経済は良好だし、衣食住は足りている、休暇も多いし、欲しいものはたいてい手に入る、という幸福な状態にいると、新しい変化を好まないのだ。今後オランダ政府がどのような持続可能なエネルギー政策をとっていくかが、再びオランダ病にかかるかどうかの鍵だ。


オランダのバレンタインデー、赤いバラ50本を買うのは外国人?
バレンタインデーに女性が男性にチョコレートを贈る習慣というのは日本だけかもしれない。オランダでは男性から女性へあるいは男性から男性、女性から女性へと好きな人へプレゼントする。プレゼントは花が主流である。それも赤いバラの花。

本日の全国紙NRCハンデルスブラットは書いている。「花屋の経営者コニーによれば、オランダ人の男性は一束5.95ユーロの花束を買うのに躊躇するが、外国人(トルコ人、モロッコ人、スリナム人など)は50本の赤いバラを平気で買う。オランダは花が安いといっても、50本買うと125ユーロにはなる。他の花屋もトルコ、スリナム人だけでなく、ブルガリヤやポーランド出身者も同様だと口をそろえる。生粋のオランダ人で50本の赤いバラを買う男性は100人に1人ぐらい。」

世界的に花の販売事業を展開するフローラ・ホランド社は、ここ数日で1億5200万本のバラを販売したが、これは昨年より10%少ないという。バラの生産を起こっているケニアの天候不順が原因で、価格が上がっているのがこの減少の裏にある。赤いバラは1本2.5ユーロぐらいする。
売上を増やすために市井の花屋は安い白やピンクのバラを赤いバラに混ぜてブーケにするなど工夫している。

同じくNRCの記事によれば、50本の赤いバラを買うのは外国人だけでなく若いオランダ人にいる。しかし、125ユーロを100ユーロにまけてくれと頼むところがオランダ人だ。さらに、オランダ人はまだツボミの状態の花を買うのが好きなようだ。長持ちさせるのが目的であることは明白だ。これに対し移民(外国人)は一番美しい状態の花を買っていくという。
ただオランダ人男性の名誉のために付け加えると、オランダ人は自分のため、家に花を飾るために定期的に買っていく。これに対し外国人はバレンタインデーや誕生日や結婚記念日といった特別なときにだけ花を買う。


郵便爆弾、今度はING銀行(アムステルダム)で爆発
木曜日午後アムステルダムのING銀行で爆弾入郵便が破裂した。爆発による煙で呼吸困難に陥ったひとりが救急車で運ばれた。爆発が起きたのはアムステルダム南東部のバイルマードレーフにある支店。
昨日水曜日にはアムステルダムとケルクラーデで爆発事件が起きたが負傷者は出ていなかった。

木曜日の朝にはレウスデン(Leusden)にも爆破物入り郵便が届いたが、爆発物排除師団(EOD)が爆破装置を停止させている。送付者はビットコインでの支払いを要求している。これまでに同様な爆発物入り郵便を受け取った企業もこのような脅迫状を受け取っている。

これまでに届いた爆破物入り郵便は全部で11通。このうち6通がアムステルダムである。オランダ科学捜査研究所(NFI)では犯人を突き止めるために調査を行っているが、まだ結果は出ていない。


郵便爆弾がアムステルダムとケルクラーデで爆発
ケルクラーデとアムステルダムの会社で爆発物入り郵便物が爆発した。負傷者は出ていない。
アムステルダムではスローターダイク付近で12日朝8時ごろ爆発し、30分後にケルクラーデのRicoh内の郵便物仕分けンターで爆発が起きた。

今年に入って爆発物入り郵便物がアムステルダム、マーストリヒト、ユトレヒトそしてロッテルダムの会社宛に送られている。これの会社は脅迫状も受け取っている。アムステルダムではガソリンスタンドのほかホテル・オークラにも同様な郵便物が届いていた。警察はこの爆弾で身体に重症を負う可能性があると警告していた。

警察によればこれらの爆弾入り郵便物の送付元は1ヶ所だという。これまでに送られた手紙爆弾の封筒はほぼ同じ形状で、偽りの送付元が書かれたステッカーがついている。爆発物入り郵便物(手紙爆弾)は触らない限り爆発しないが、封筒を開いたとたんに爆発する可能性があると警察。


郵便物
本12日(水)朝、アムステルダム市及びケルクラーデ市の企業事務所に送付された手紙が爆発する事件が発生しました。
オランダでは、先月より、企業事務所等に小包等で爆発物が送りつけられる事件が複数発生しております。
郵便物を開封する際は、送付元等に十分注意し、不審な郵便物が送付された際は、開封することなく、警察に連絡するようにしてください。

外務省HPにて掲載している手紙爆弾の対処方法(6ページ及び9ページ)を以下のURLのとおりご案内しますので、ご参考としてください。


コロナウィルスの拡大によるオランダに住むアジア人への差別に「No」
バスに乗ったら「コロナウィルス」と叫ばれ、顔をコートで隠す動作をされるなど、オランダに住む中国人そしてアジア人への嫌がらせがあとをたたないという。中国から発生した新型肺炎が脅威を増す中、オランダ在住の中国人やアジア人に対する人種差別的発言が増えている。ワーヘニンゲンにある中国人学生が多く入居しているフラットでは、エレベータに人糞が塗られ「中国人は死ね」という落書きが発見された。ロッテルダムでは中国人に罵声を浴びせたり脅しをかけるなどの事件が発生している。今回の人種差別的行為の拡大に中国系オランダ人らは胸を痛め、これに立ち向かう署名運動を始めた。

引き金となったのは、ポップ音楽を流すラジオ局「ラジオ10」のDJが流したカーニバルの歌だ。「おい、みんな。このウィルスは止まらないぜ。この国にはいらない。あの臭い中国人がいけないのさ。中華料理は食うな。そうすれば心配ない。そう、予防が一番。中国人より予防さ。」これが流れてから、反人種差別団体に3000件の通報があったという。

中国系オランダ人の中には、「この歌はコロナウィルスを理由に中国人を差別しているにすぎない。実際には長きにわたる中国人に対する差別と嫌悪がある。」と分析している人もいる。1960年代からオランダに移住してきた第一世代の中国人は筆舌に尽くしがたい辛酸を嘗めたという。「うんこ中国人(Poepchinees)」という中国人に対する呼び名や、子どもたちが誕生会で歌う「ハンキー・パンキー・シャンハイ」といった中国人を揶揄する歌は小学校でも歌われている。第一世代の中国人は我慢強いだけでなく声をあげることをしなかった。オランダ人となった第2,第3世代の中国人たちは、差別に立ち向かう運動を開始した。

中国人とアジア人差別に関する嘆願書にはすでに50,000人以上が署名している。「オランダは寛容の国だというが、表面下では人種差別的な考えがはびこっている。」と指摘する人もいる。また、今回の事象はここ4-5年に政治家とメディアが「反中発言」を繰り返してきた結果だという意見もある。また急速に経済的発展する中国が米国やオーストラリアで「黄禍」と見られていることも関係していると言えるだろう。中国に対する恐れが、コロナウィルスを引き金に中国人に対する嫌悪に発展した。


<急募>ティルバーグ日本語補習校 講師募集
ティルバーグ日本語補習校 講師募集
就業場所:Beatrix College (現地collegeの建物を借用)
Ketelhavenstraat 3, 5045NG, Tilburg(Tilburg Reeshof駅から徒歩5分)

常勤講師募集(中学,数学)を1名、非常勤講師(小学/中学)を若干名募集しております。
ご希望の方は履歴書を下記連絡先へご連絡下さい。
担当者よりご連絡させていただきます。ご質問等も、お気軽にお問い合わせください。
連絡先: japanese.school.tilburg@gmail.com

<勤務時間>
・常勤の場合、通常6時間(9:30-15:30)、土曜日 年間40日勤務となります。
・ 非常勤の場合、通常6時間(9:30-15:30)、常勤講師不在時にご対応を事前相談させて頂きます。

<応募条件>
・小学校もしくは中学校の国語・数学の 教員免許保有の方、もしくは同等レベルの資質を  
 お持ちの方
・オランダ国での労働許可をお持ちの方
・児童生徒に対し、誠実かつ熱意を持って指導ができる方

<その他>交通支給、有給費実費3日




オランダ国内40の診療所でコロナウィルスの検査可能
昨日10日からオランダの40 のホームドクター診療所でコロナウィルスの検出検査が可能となった。健康機関Nivelとオランダ国立衛生環境局(RIVM)が月曜日に公示した。RIVMによればオランダ全土で通常のインフルエンザの検査ができる場所40か所でコロナウィルスの検査ができるという。

検査はあくまでも予防が目的だ。健康管理機関はこの検査によりオランダでコロナウィルスが蔓延するのを防ぎたいとしている。現在のところオランダでコロナウィルスによる感染が広がる兆候は出ていない。「感染がまだ発生していない段階なので、コロナウィルスを発見する可能性は低い。」とRIVM。

ホームドクターはコロナウィルスに感染した患者を見つけた場合には保健所(GGD)に通知することになっている。その後RIVMとGGDは拡大を防ぐために早急な対策を施す。コロナウィルスに感染した場合の症状は多くの場合インフルエンザに似ている。発熱と呼吸障害が出ているインフルエンザの患者はホームドクターで診察を受けるようにとRIVM。


在蘭邦人相談窓口の15周年記念講演第2回 チェンバロコンサート&レクチャーへのお誘い
2020年3月22日(日)14時~16時半(13時半受付開始)
Kruisweer 8 1181NR Amstelveen"Pearls in Baroque" Salon
参加費10ユーロ(お茶代2ユーロ含む)
申し込み先  jhelpdesk@live.nl
先着30名様

演奏&講師 天野乃里子氏
東京生まれ。桐朋学園音楽科ピアノ科卒業。慶応大学文学部美学科に入学、同大学卒業。ハーグ王立音楽院を経て、アムステルダム音楽院大学院を修了。以来、日本、ヨーロッパを中心に、演奏活動やレコーディングにおいて幅広く活躍中。

「日曜午後のひと時をバロックの世界のチェンバロの音色に包まれ、そのベルサイユ宮等、その華やかな背景と、また音楽そのものの存在意義についてご一緒にシェアさせて頂きたいと思います」


ザイプの花畑 (3月29日~4月26日)
キューケンホフ公園に飽きた人におすすめ。
アムステルダムから北に70km、車で1時間程のところにある球根栽培地区ザイプには、息をのむような世界最大級の花畑が広がっています。毎年春の花の時期にはウォーキングツアー、ハイキングツアー、花のアート展等のイベントが行われます。

Zijpe: Groteweg 9, 1756 CK ’t Zand




キューケンホフ公開 (2020年3月21日〜5月10日)
2019年で開園70周年を迎えた世界最大級の春の庭園です。チューリップなど700万株以上の球根花が楽しめます。

公開期間:2020年3月21日〜5月10日
場所:キューケンホフ公園


世界屈指のアンティークとファインアートフェアTEFAF (3月7日〜15日)
最高レベルのファインアートそしてアンティークが、世界中のギャラリーそしてディーラーによって展示される「TEFAF」。オランダのマーストリヒトで30年前に始まったものが、現在ではニューヨークとフロリダと世界3ヶ所で年に3回行われている。
3月7日から始まるマーストリヒトのTEFAFには世界でも有数な275店ものギャラリーが出展。60カ国以上から7万5000人が参加する。参加者(購買者)は一般の人だけでなく、美術館や博物館の学芸員も多い。
質の高いもの(もちろん価格も)ばかりが展示されているため、美術館にいるような錯覚を起こすこのフェア「TEFAF」、一度は見に行く価値がある。

日時:2020年3月7日-15日
場所:Forum 100, 5268 HD Maastricht
入場料:40ユーロ


マーストリヒトのカーニバル(2月23日-25日)
カーニバルはカトリックの国で行われる行事。オランダではカトリックの多い南部で行われるが、マーストリヒトのカーニバルは有名。参加者はカラフルに着飾ってパレードを行う。

2月23日-25日
場所:マーストリヒト中央駅付近、Markt付近、市庁舎付近


外国人知識労働者数、他国に比べオランダでは低く
オランダで働く外国人知識労働者(kenniswerkers、knowledge workers)は多いように感じるが、実際に蓋を開けてみると労働人口の4%と少ない。欧州他国ではフィンランド以外でどこの国でもオランダより外国人知識労働者の割合が高いという結果が出ている。オランダは高学歴の知識労働者の誘致に力をいれているが、政府の要請を受けて調査を行った中央統計局の調査結果でこの低い数字が露呈された。

2016年から2018年の間のオランダで働く外国人知識労働者の平均数は38万3千人。それでも過去15年間で2.7%から4.2%に伸びている。ベルギーでは7%、英国では9%が外国から来た知識労働者である。外国人知識労働者数が最も多いのはルクセンブルグで、全労働人口の27%近くに及ぶ。

オランダで働く外国人知識労働者の3分の2は管理職かテクノロジー分野のサービス業。そして多くが自営業であることが他国と違う。2016-2018年の期間でオランダで働く知識労働者の20%が自営業で、調査にあたった国では割合が一番高い。国籍では南アメリカ、とくにスリナムやアンティールからの移住者が多い。
オランダ政府は海外からの知識労働者を求め各種戦略を練っている。一番需要が高いのは研究とイノベーション部門で、この分野の人材が強く求められている。