サークル

ブレグジットを見据え、スコットランド・オランダを結ぶフェリー計画
スコットランドの船舶会社TECファラゴン社は、オランダの北部フローニンゲン州にあるエームスハーフェン(Eemshaven)とエディンバラ近郊のロサイス(Rosyth)を結ぶフェリー運航を開始する計画を発表した。10月に計画されているイギリスのEU脱退を見据えての計画である。この新航路を運行するフェリーは主として貨物を運ぶが、人や車の輸送も計画している。

オランダのエームスハーフェンではこの新航路計画のために、650万ユーロをかけて冷蔵貯蔵倉庫を建設している。さらに岸壁を100メートル延長する工事が行われている。

スコットランドは、スコッチウィスキーと木材などをドイツ、デンマークそしてイタリアへ輸出しているが、欧州への輸出窓口としてオランダのエームスハーフェンが流通そしてインフラ面で優れていると判断した。これまでスコットランドは欧州大陸の海からの入り口としてベルギーのブリュージュ近郊のゼーブルッヘ港を使っていたが、2010年にこれを停止している。その後はイギリス南部のドーバーからフランスのカレーというルートを利用していた。しかしブレグジットが近づくにつれこのルートは除外し、欧州の他の地区と直接つなぐルートを模索していた。

もし10月に英国の合意なきEU離脱が現実化すれば、ドーバー港の混乱は目に見えている。スコットランドはその前にドーバー港の代替港を求めていた。さらに、オランダ、ドイツ、そしてデンマークの観光客も眼中に入れ、今回のエームスハーフェン港の選択となった。エームスハーフェンとロサイスの航行時間は約20時間。現時点で航路開始は10月末が計画されている。


オランダ鉄道、チケットの販売方法や拠点拡大で車利用者も取り込む
オランダ鉄道(NS)はチケットの販売を別会社が行うことに決定した。これによって新規市場の開拓を狙っている。例えば、車のリース会社や旅行会社、あるいはホテルチェーンなどが販売網に入る。

NSのチケットを販売する企業は、NSからチケットを購入し販売価格は独自に決めるというシステムだ。消費者が例えばリース会社のガソリンカード(パス)を持っていたとしたら、そのカードで列車チケットも変えるようになる。これまでは、NSチケットはHEMA, アルバートハイン、クラウドファットといった小売チェーンでも販売していたが、価格などの条件はNSが決定しており、駅やオンラインで購入するのと変わらなかった。これらの小売店では独自に割引料金で提供することもできなかった。

NSは今回導入する新販売方式で、これまで鉄道を利用したことがない、あるいはたまにしか利用しない人などの新規顧客を獲得しようと計画。これにより年間10万枚のチケットを販売できると目論んでいる。しかしながら、利用者増加によって列車の混雑は避けられない。2030年までに40%乗客が増加するとNSは見込んでいる。


ユトレヒトの草が茂る屋根付きバス停、大ヒット
ユトレヒト市内のバス停(ガラス張りで屋根付き)の屋根はセダムと呼ばれる緑の万年草で覆われている。これが今世界中で話題となっている。なぜ植物で覆われる屋根なのか?市の環境保護にどんな役割を果たしているのか?

今年の4月に最初のセダム草屋根付きバス停が登場して以来、ユトレヒトにはすでに300ヶ所のバス停が緑の屋根に変わった。セダムは非常に少ない土だけで育つ肉厚の植物で、屋上緑化などに使われている。

イギリス、ドイツ、アメリカ、カナダ、インド、ウクライナ、スイス、イタリアからメキシコまで世界各国のメディアがこのバス停を取材し話題になっている。セダム植物は大気中の煤塵を吸収し雨水を溜めるだけでなく、ミツバチや蝶を寄せつける。今ではナイメーヘンやロッテルダムなどの他の街でもこのセダム屋根つきのバス停を計画している。

この屋根の設置にはほとんど費用がかからないというのもミソである。さらに維持費はバス停に展示されている広告ポスターの収入から広告代理店が捻出するという仕組みで、これも市の財政には負担はない。

ユトレヒト市は緑の党と民主66党が主導する市で、持続可能な都市を追い求めている。そして最初の「緑の計画」がこのバス停である。また自動車乗り入れに関しても環境ゾーンを設置したのもオランダではユトレヒトが最初である。

バス停だけでなくセダムの屋根は世界的にヒットの兆しだ。家屋では室内の気温を調整するのに役立つ。1センチほどの土だけが必要だし水も少なくてすむ。極寒や極暑時もしのげるし、なんといっても費用もあまりかからない。エアコンの代わりにもなりそうだ。そして大気汚染を少しでも解消できる。


来年のオランダ経済やや減速、ドイツに足を引っ張られる
オランダ中央計画局(CPB)は、2020年の経済成長率が1.4%になると予測した。これまでの高成長がやや後退する予測で、来年度の予算や購買力に影響する。この減速の背景には外国の経済悪化が大きく影響しているという。購買力は、実質賃金の上昇と、やや程度は低いが政策措置の結果として、2020年も引き続き積極的に伸びる予想だ。 CPBは、政府予算にも余剰が出ると予想している。ただし黒字は今年よりは減る模様。

2019年の失業率は最低の基準に達したが、来年もさらに下がりそうだ。ただし労働供給の継続的な増加により、雇用の伸びは2020年に低下する。

水曜日に、2019年第2四半期のオランダの経済成長は0.5%とかなり良いと発表されているが、他のヨーロッパでは低い成長率が報告されている。隣国ドイツの経済は縮小している。ユーロ圏最大の経済は、特に外国貿易の減少の影響を受けている。ドイツの経済成長または縮小はオランダにとって伝染性であると言われているが、これまでのところまだその影響は表面に出ていない。

オランダ中央統計局のチーフエコノミストであるファン・ムリゲン氏は、「ドイツの産業は長い間業績を上げていないが、オランダの産業は回転し続けている。しかしドイツの不調が長く続くなら、オランダの産業が来四半期に縮小する可能性が高い。それが成長にとって何を意味するのかはまだ不明」とコメントしている。



オランダで肉の摂取量減り、代替製品の売上が上昇
ここ数年、ベジタリアンやビーガンブームでオランダでの食肉の摂取量が減っている。これに対し豆やキノコ、カリフラワー、ブロッコリなどを使用した肉の代替食品の売上が急激に拡大しており、2017年から現在までに51%も増加している。

市場調査会社IRIによれば、2017年から牛肉、豚肉の売上は9%減り、鶏肉は2%減った。スーパーマーケットで販売される肉の代替品である野菜バーガー、ベジソーセージそして大豆シュニッツェルといった製品の売上は大幅に上昇。種類も増え現在では100種類にも上る。

過去52週間の食肉の販売量は26億ユーロ。これに対し代替品は1億2300万ユーロと4.5%とまだ少ない。しかしこの傾向は肉業界や食品業界一般で無視できないものであり、こぞって代替品の開発に力を入れている。

オランダ人の肉食が減っている背景には健康上の理由もあるが環境保護の見地もある。畜産は地球温暖化に恐ろしい影響を与えている。とくに牛肉の育成が問題で、1キロの肉を生産するのに57.9キロの二酸化炭素が発生する。これに対し1キロの豆腐を作るときに発生する二酸化炭素量は5.8キロと少ない。肉の中でも最も二酸化炭素発生量が少ない鶏でも1キロの肉に対し13.4キロ発生する。ベジバーガーだと平均で4.1キロだ。

肉代替品産業は世界中で拡大している。マーケットリーダーであるビヨンド・ミート社は今年のはじめにニューヨーク株式市場で上場し、今年第2四半期には300%の売上増を計上している。オランダでもUNOXを始め各社がこぞってこの産業に参入を始めている。


欧州他国で人気の電動キックボード、オランダでは禁止
ブリュッセルやパリそしてベルリンなどの都市ではレンタルの電動キックボードが人気である。好きなところでピックアップして好きなところに戻すことができ、速いし、場所をとらず、排気ガスが出ないのが人気の秘訣である。ところが、オランダでは電動キックボードで公道を走るのは禁止されている。禁止の理由はスクータや自転車と違いハンドルとシートがないこと。オランダ道路交通局(RWD)は電動キッキボードを「特別スクーター」に分類しているが、この理由から公道での通行が禁止されている。

オフロードバイクなどを製造している「Motoped」社は、オランダでは許可されていないモデルも製造している。オーナーのフランク・ヘーゼンさんは「オランダは他の欧州諸国に比べ遅れている」と批判。「軽くてどこにでも持っていくことができ、近距離では最高の交通手段。駅まで電動ステップで行き、折りたたんでそのまま電車に乗ることもできる。隣国の都市では観光客がこぞってレンタルしている。」

オランダでは電動スケートボードも禁止されている。駅の往復にいつも電動スケートボードを使っている男性は、いちいち自転車を駐輪場に停める時間を20分は節約できると便利性を強調している。「毎日乗っているが一度も警察に注意されたことはないどころか、ボードを見かけた警察官もおもしろいね、と褒めてくれる」と同男性。禁止されていても徹底していないようだ。さらに、通常のスケートボードよりも安全らしい。停止の際にはボタンを押すだけなので突然の事態にもすばやく対応できる。

さて電動キックボードや電動スケートボードは実際のところ危険なのだろうか? 交通安全科学研究基金(SWOV)によれば、環境にいいし便利な反面、事故も多いという。スペインでは死亡事故も起きている。安定性や可視範囲に問題もある。まずは他国での様子を見てからオランダでの導入を検討するのがいいのでは、と同基金。


音楽を聞きながらの手術で術後の痛みが減少、オランダの実験
ロッテルダムのエラスムス大学病院での研究によると、音楽を聞きながら手術を受けると術後の痛みが大きく減少するという結果が出た。外科専門誌「Annals of Surgery」に発表されたもの。ヘッドフォンで音楽を聞きながら手術を受けた患者は術後に要する鎮痛剤の摂取量が少なくなるという。これによって鎮痛剤の中毒になったり副作用が防げる、と同病院の研究者。ただし、音楽でもヘビーメタルやハードロックは効果がないようだ。

音楽が術後の痛みの減少にどのようなメカニズムで効果をもたらすのかを探るのは今後の課題だ。しかし、音楽が脳を通して人間の肉体に影響を与えているのは確かである。ストレスに対する反応、免疫システム、ホルモン管理などに効果があると研究者は見ている。メカニズムはまだ解明されていないが、痛み、恐怖そしてストレスが軽減されるのは確かだという。

この研究プロジェクトのリーダーであるイェーケル医師は、以前自分が手術を受けたときに、よく自分がピアノで演奏するショパンのファンタジーを聞いていた。このときに音楽の効果がひらめき、研究を開始したという。音楽は費用はかからない上、術後の鎮痛剤摂取による副作用を防げる。実際に5000人の患者の手術で音楽を試したところ、音楽を聞いていない患者が使用する痛み止めの量よりかなり少ない量の摂取が必要なことが判明した。外科手術には、モルヒネ、フェンタニル、オキシコドン、トラマドルといった麻酔薬を使用するが、これらの麻酔薬は中毒性がある。術後にもモルヒネなどを投与することがあるが、量が劇的に減るようだ。


オランダ、深刻な橋守不足で船舶の待ち時間長く
日本では50年近く前に消滅した「橋守」。運河や川の多いオランダでは全土いたるところで活躍している。ところが昨今の人手不足の波は橋守にも及び、多くの橋で橋守(オランダ語でBrugwachter)がいなくなった。そのため水上を通行する船舶の待ち時間が以前に比べて長くなっている。

人手不足で、今では橋守たちは何本かの橋や水門を掛け持ちしなくてはならない。橋守がいない橋は当然ながら開かないため、ボートや船は水上で待たねばならない。ザーンスタットのクロマーニュ橋は通常30分ごとに開いていたのだが、今では橋守が他に行き戻ってくるのを待たねばならず不定期になっている。北オランダ州では橋守の仕事を外部の企業に依頼し派遣制度にしたのだが、それでも人が足りないという。

この橋守不足の大きな原因は雇用条件の悪さである。「まるで中世のようだ。」と語る橋守もいる。給料は安い上、事故が起きれば罰金が取られるという劣悪さだ。経験が浅い橋守は事故を起こすことも多い。2017年には上に上がったアムステルフェーンの橋から車が落ちるという事故も起きている。

ボートやヨットで水遊びをしているときになかなか橋が上がらないのは待つしかない。しかし運搬用の船舶は待ち時間で大きな損失を被っている。1日に1000ユーロも損失を被るという船舶もある。橋守たちはより良い労働条件を求め自治体と交渉している。


ABN AMRO銀行を騙る電話やメールでの詐欺にご注意ください!
今般,オランダ中央銀行がABN AMRO銀行に対し,金融犯罪取締りのための顧客情報の検査を命じたとの発表がありました。
今後,本発表に乗じて,ABN AMRO銀行を騙る電話やメールによる詐欺が行われる可能性があります。ABN AMRO銀行自身も,メディアを通じて詐欺に遭わないようにとの注意喚起を行っています。

詐欺に遭わないために,以下のような対策をとってください。
・ABN AMRO銀行の職員を名乗る者から心あたりのない電話がかかってきた場合には,相手の氏名,電話番号を聞いた上で一度電話を切り,公開されているABN AMROの電話番号にかけ直す。
・インターネットバンキングにログインする際は,正規のサイトやアプリから直接ログインする(メールなどにあるリンクをたどってログインしない)。

また,電話で以下のようなことを要求された場合には,詐欺である可能性が極めて高いため,直ちに電話を切って下さい。
・PINコードの開示
・送金
・パスポートの写しやキャッシュカードの送付

在オランダ日本国大使館
電話番号: +31-(0)70-3469544
Eメールアドレス: consul@hg.mofa.go.jp
ホームページ: https://www.nl.emb-japan.go.jp/indexj.html


アムステルダム、9千万円のハウスボートが売りに出される
アムステルダム市内の不動産価格の高騰は止まることを知らず、最高値を更新し続けている。これは地上の家屋だけではなく運河に浮かぶハウスボートでも同様だ。

現在売りに出ている50平米のハウスボートには67万5000ユーロ(約9千万円)という強気な価格がついている。このボートはアムステルダムの中心地アムステルフェルト広場に面し係留されている。ロケーションとしては最高であるが、狭いだけでなく実は中身が空っぽなのだ。トイレもキッチンも風呂場もない。インテリアはこれから自費でお願いという物件だ。このエリアの物件はアムステルダムでも最高の価格がついているが、同等な広さや価格で風呂場もキッチンもついているアパートが買えるので、このハウスボートはユニークなデザインと景色、そして上下左右の隣人の騒音に悩まされないというメリットが売りなのかもしれない。この不動産の詳細は以下のリンクから。



外出は高くつく!オランダの美術館やテーマパークの入場料や外食費、大幅に上昇
オランダは夏休みの真っ最中。国内にいる人は家族でテーマパークなどで出かける人も多い。しかし動物園、美術館、遊園地などの娯楽施設やイベントの入場料がここ5年で大幅に上昇しているため、家計への負担は大きい。中央統計局CBSが水曜日に発表した統計によれば、同時期の消費者物価の値上がり率を大きく超えるものだ。過去5年の消費者物価は平均で6.8%の上昇であるのに対し、美術館や動物園の入場料は同期間に17%値上がりした。テーマパークやスポーツイベントの入場料も平均13.7%の値上がり。シアターや映画やコンサートのチケットも9.8%上昇している。

入場料の値上がりの一因となっているのは今年の1月に値上がりした低率付加価値税。これまでの6%から9%へと上昇した。(商品やサービスにかかる通常の付加価値税は21%)。美術館や映画館、コンサート、テーマパークなどの入場料にはすべてこの低率の消費税が含まれている。しかしながら、入場料の値上がりはこの付加価値税増税だけでは説明できない、とCBSは分析している。家族で動物園や遊園地などに出かけると非常に大きな出費となる。

値上がりしたのは入場料だけでない。外食やテイクアウトの価格も高くなっている。ファーストフードやテイクアウトの平均価格は14.8%の上昇。列車、バス、トラムなどの交通費も11%上がっている。値下がりしたのはガソリン代だけ。駐車料金は平均で15.7%も上昇している。


オランダも猛暑でエアコン記録的売り上げ
今年の6月と7月には数日間に続く猛暑がオランダを含む欧州全土を襲った。これまでエアコンの設置をしている個人住宅は少なかったが今年はかなりの家庭がエアコンを購入した。2016年にエアコンが設置された家庭は75,000戸。2017年にはこれが95,000戸に増えた。今年はこれがさらに増加すると見られている。この数値は専門家が取り付けたエアコンの数だが、個人的に購入し設置した数は含まれていない。

エアコンを購入し設置すると2,000ユーロは下らないが、購入は増加している。家電販売チェーンのクールブルーによれば、今年は2018年の同時期に比べ15%増加している。
ただしオランダの環境団体はエアコンの設置が、電力消費を増加させ環境に負荷を与えると反対している。建物の断熱や屋根に植物を植えるなどで、家の中を涼しく保つことを勧めている。
今夏の熱波は去り、8月は過ごしやすい日が続くと予想されている。


英・蘭の食品宅配サービス2社合併で、世界第2の規模に
オランダのみならず欧州では食品の宅配サービスが大ブームである。旧来のテイクアウト専門店だけでなく高級レストランまでが宅配サービスを利用。市場はますます拡大している。オランダ最大規模の食品デリバリー会社テイクアウェイ・ドット・コム(TakeAway.com、オランダではThuisbezorgd)は、7月末にイギリスのジャスト・イート(Just Eat)社との合併を発表、本日5日正式に合併手続きが完了した。新会社「ジャスト・イート・テイクアウェイ(Just Eat Takeaway.com)」社は中国の美団点評(Meituan)社に次いで世界第2の規模となる。両者合わせた2018年の市場総価格は73億ユーロ。両社とも自国外での展開も多く、合わせて23カ国に拠点を持つことになる。2018年の宅配数合計は3億5500万件。

今回の合併で英国側が52.2%、オランダ側が47.8%の株を所有することになる。オランダのテイクアウェイ社の創立者が社長となり、ジャストイート社のトップが合併後の財務担当となる。ジャストイート・テイクアウェイ社はロンドン証券取引所で上場する。ちなみにジャスト・イート社は2001年にデンマークで創始された会社である。


オランダで2番目の「性別X」のパスポート
オランダで2番目の「性別X」のパスポートが先週金曜日、ナノアさん(19)に発行された。女性(V)、男性(M)とは別のインターセクシュアル用の性別が(X)である。オランダでは2014年から、性転換をしたトランスジェンダーは簡単に性別変更を申請できるようになったが、男女どちらでもないというインターセクシュアルの人は裁判所での手続きが必要である。ナノアさんは、一昨年のレオンヌさんに次いで2番目の公式な性別X保持者となった。

生まれたときの性別が本来の自分の性別ではないと感じる人は、2014年の性転換法以来自由に性別変更の手続きができるようになった。今回のナノアさんや前回のレオンヌさんは、自分は男性でも女性でもないと感じているので、性転換という選択もできない。このため裁判所で性別Xのための訴訟を起こした。

前回のレオーネさんの裁判以来、内務省次官(キリスト教民主党)のクノップス氏は、法制の改革を進めたい意向を示している。さらに民主66党は、強制的な性別申請を廃止するという法案を提出している。世界的に生体認証(バイオメトリクス認証)が広まっているため、EUでは将来的にパスポートやIDなどの証明書に性別を記入する必要がなくなる可能性が高い。オランダがこれを取り入れるかどうかはまだ不明だ。


オランダでも顔を隠すブルカ禁止に
一部のイスラム教徒の女性が着用する体と顔を覆う衣装ブルカやニカブ(ニカブは目の部分が開いているがブルカは目の部分も薄い生地で覆われる)が8月1日からオランダでも禁止されることになった。2005年に極右のウィルダース議員が公共の場でのブルカ着用の禁止を提唱したが、14年間もの間、宗教の自由を尊重するオランダは立法に踏み切らなかった。今回施行されるブルカ(顔を隠すヘルメットや帽子も含む)禁止令は、公共交通の車中、公共機関の建物の中、介護機関の中、そして学校の中で適用される。駅やタクシーそして路上ではこの禁止令は適用されない。ヒヒャブと呼ばれるヘッドスカーフやチャドルの着用は許可されている。

さて公共交通機関にブルカ着用者が乗り込んできた場合どうなるのか? 車掌や運転手はブルカを脱ぐよう依頼するか、下車するよう促すのみ。罰金の150ユーロが課せるのは警察官のみである。ただし混乱や遅延を嫌がる公共交通機関の職員のほとんどが、見て見ぬふりをすると答えている。一般の人も公共機関でブルカやニカブ着用の人を見かけた場合には、脱衣するよう促し警察に連絡することはできるという。オランダでブルカを着用している人は全土で200人から400人と少数であり、ほとんど見かけることはない。その上ブルカ着用者が問題を起こしたという事例もない。この法律がなぜ施行されるのか、いったい誰のためなのかがきちんと説明されていない。

すでにベルギー、フランスそしてデンマークで、公共の場でのブルカの着用は禁止されている。オランダは路上では着用可だが、これらの3国では路上でも禁止だ。




オランダの人口、また増加。移住者が貢献
オランダの人口は増え続けている。移住者の増加と死亡者の減少がこの背景にある。中央統計局(CBS)の数値によれば2019年前半には46,000人の増加だ。増加率は昨年同時期よりも高い。死亡者数の減少が最も大きな人口増加の原因となっている、とCBS。昨年同時期より3700人も少ない。昨年2018年は比較的厳しい冬だったのとインフルエンザの流行期間が長かったため死亡者が多かったとみられる。

移住者を見てみると、欧州圏からの移住者数が増えている。とくに東欧、イギリス、そしてトルコである。その中でも多いのがポーランド、ルーマニア、そしてブルガリアである。EUのパスポートを持っていればEUの内どこでも働くことができるので、好景気のオランダに移り仕事をするのは理にかなっている。イギリス人もここ数年増え続けており2019年前半には3500人がオランダに移住してきた。ブレグジットの影響は大きいとみられる。2016年以前は逆にオランダ人のイギリスへの移住が多かった。

欧州以外からのオランダへの移住者で最も多いのがインド人。ポーランド人に次いでなんと2番目に多い。2012年から2017年の間に移住者数は2倍となり、現在では毎年8600人がオランダへやってきている。「ほとんどが知的労働者枠でオランダに働きに来る人たちで、IT関連が多い。」とCBS。さらにアジアやアメリカからの移住者も増えている。シリアやアフリカからの難民数は増えていない。


デ・マスター フラワースクール 9月より新学期スタート!
アムステルフェーンの囲碁会館の歴史と共に、フラワーアレンジの教室を始めて26年。DFA(Dutch Flower Arrangemant)のライセンス校にもなっているデ・マスター。初歩から楽しく学ぶことができます。9月17・18日の週から新学期がスタートします。アールスメールの新鮮な花材をふんだんに使ってのフラワーアレンジメント、始めてみませんか?

☆体験レッスン☆
9月からの新学期始まりの前に、レッスンの様子を知りたい方へ。体験レッスンを行います。
日  時:2019年9月4日(水) 12時~14時
場  所:囲碁会館〈European Go Cultual Center〉Schokland 14,Amstelveen
持ちもの:エプロン、筆記用具、作品持ち帰り用の大き目の袋
     (道具はこちらでご用意いたします)
レッスン料:€30
申込み締切:9月1日(日)

☆9月からのラインアップ!☆
《ビギナーズコース》初心者向けのコース。アレンジメントの初歩を学んでいきます。
《プレジャーコース》趣味として自分のデザインを楽しみたい方向け。
          *隔週で楽しみたい方には“オータムスペシャル”コースもご用意。
《テクニックコース》アレンジメントのテクニックを身に付けたい方向け。
《インテンシブコース》DFA準備コース。テクニックとプレジャーの2作品を一度に作っていくコース。
《スキルアップコース》経験者限定!大作に挑みます。

場  所:同上記
お申込み:メール info@demaster.jp またはお電話にて 06-81869971
定  員:各コースとも 先着12名まで。
締  切:2019年9月7日(土)まで

*体験レッスン・各コース等、スケジュールについての詳細などお知りになりたい方は、デ・マスターのホームページwww.demaster.jp をご覧ください。インスタグラム de_master_flowerschool からは作品もご覧いただけます。


ヨガと共感セッションを行う小倉雅子さん

Image

 ライデンでヨガ教室と共感セッションを始めたという小倉雅子さんにお話をうかがいました。とくに「共感セッション」という馴染みが薄いコンテンツはどんなものなのか?について詳しく聞いてみました。

P: ヨガはいつから始められたのですか?

M:  母がヨガを習っていたので、幼い頃から身近に感じていました。私自身が始めたのは、20代後半になってからです。ストレスなどからくる緊張型頭痛に悩まされたのがきっかけでした。ヨガを続けるなら、一から学びたいと思い、29歳のときに全米ヨガ・アライアンスというヨガの講師資格であるRYT200を取得しました。このRYT200では、アサナなどのポーズ実践技術のほかに、指導技術、解剖学、チャクラ、ヨガ哲学などを学びます。

P: ヨガと一口に言っても、ハタヨガ、アイアンガーヨガ、パワーヨガ、陰ヨガ、ホットヨガなどたくさんありますが、クリパーヨガはどういったものですか?


M: まず、基本的にヨガはどれも同じ源から発生したものです。古代インドでは宗教的行法でした。現在に続く世界的なヨガブームは、2000年代初めのハリウッドセレブがきっかけだと思います。宗教色を排除した、ポーズ中心のエクササイズ的なヨガが広がりました。
クリパーヨガは、屋号という感じです。特定の流派ではなく、自分が実際に経験したヨガの中から、良いと感じられるものを組み合わせています。古典的なヨガ体操がベースになっていますね。呼吸、アサナ(ヨガポーズ)、メディテーション、リラックスポーズなどを組み合わせています。自分が練習していないことは伝えられないので、日々練習していることを、生徒さんにお伝えしています。
とっても残念なことに、体が硬いから、ポーズが難しいからとヨガを敬遠するかたもいらっしゃいます。私がおこなっているヨガは柔軟性や体型、年齢、性別は全く関係ありません。というか、そもそもヨガは、誰でも親しめるはずなんです。
体を強くしなやかにしてくれる側面を持っていますが、それ以上の効果があるから面白い。精神的にも、たくましさや柔軟さも養われます。
心身ともに健康で、毎日清々しく生きたいと望む人は、みんなヨガに向いています。柔軟性や体力は関係ありません。その人に合ったヨガを一緒に探していくのが、私の役目であり楽しさでもあります。

P: 先程、私自身も雅子さんのヨガのレッスンを受けましたが、たしかに自分の呼吸を意識することができリラックスした気がしました。ところで日本でヨガのインストラクターになる前には何をなさっていたのですか。


M: 実は、芝居や表現の世界にいました。初めは、柄本明さん座長の「劇団東京乾電池」という劇団の研修生として芝居の勉強をしていたのですが、そのうち自分には合わないなぁと思い裏方へ。表現することや劇空間というものへの興味は変わらず強かったので、パフォーマンススペースの運営から照明、ときどき演者になるなど、多くのことを経験しました。
でもご多分に漏れず小劇場の世界で食べていくことは難しいので、昼間は一般の会社員として働き、夜はボランティアの運営スタッフとして働くという生活を5〜6年続けていました。そんな中、心身ともに疲れがたまり体調を崩してしまいました。とくに緊張からくる頭痛に悩まされ、これが後にヨガを始めたきっかけとなりました。
ヨガで、緊張型頭痛や首こりは改善されましたが、いまも完全には無くなっていません。でも、自分で体の癖や状態を把握して、痛みが出ないように予防する術が身についています。これは、私にはとても大きな変化です。今でも薬に頼るときもありますが、その頻度は激減しました。以前は、薬を飲んでしまう自分をだめだと決めつけていたのですが、それも一つの方法だと受け入れるようになったのも心の変化だと思っています。どんな自分もまずは受け入れて寄り添うことができるようになったのが大きいと思います。続けているヨガと共感セッション(後に説明します)が、今の自分を作ってくれていると言えます。

P: 以前ご主人で映像作家である小倉裕基さんにインタビューしたときに、女の子と縁のない人生を歩んできたような話をうかがいましたが(笑)、やっと射止めた女性が雅子さんだったのですね。どんなきっかけで出会ったのですか?

はい私です(笑)。運営スタッフをしていた場所で、満月のときにダンスをするという企画があったのですが、これを撮影に来たのが現在の夫である小倉裕基でした。彼のインタビューでもわかるようになんだか変な人なんです。でも、それが面白くてその後お付き合いが始まりました。それが27歳ぐらいのころだったと思います。
それから今から3年ぐらい前に夫がオランダに移住することになり、私もヨガのインストラクターをやめていっしょにこの地にやってきました。
最初の1年目は初の海外生活とオランダに慣れることで一生懸命でした。体質の改善にも励みました。そして今やっとオランダでもヨガを教える活動を自営業として始めることになりました。

P: ウェブページを拝見すると「共感セッション」という聞き慣れない言葉が載っているのですが、この共感セッションとはなにか教えてください。

共感セッションとは、「自分の話をただただ聴いてもらう」サービスです。まず、人間って誰でも自分の話を聴いて欲しいという欲求を持っていると思うんです。でもなかなかそれが叶わないのが、日常であり現実です。その大小さまざまな「聴いてもらえなかった」不満足が、相手や自分への尊敬と思いやりを奪ってしまっているという考えが根底にあります。
安心安全に話ができる場所や相手って、実はあまり見つからなくないですか?自分の話が完全にできると単純にすっきりしますよね。セラピーやカウンセリングとは違い、治療の要素はありません。ただ話を聴いて欲しい、気持ちを吐き出したいという時に役立つ場所です。
共感セッションでは、さらに自分の感情、本当に求めていることを知る、というステップを踏んでいきます。共感セッションを重ねていくと、感情表現が豊かになりますが、感情に振り回されることが減っていきます。私は、「お話のヨガ」とも思っています。「話をする」なんて無価値に思われるかもしれませんが、得られるパワーは、本当に計り知れません。人生やコミュニケーションが激変すると言えるくらいです。

この共感セッションというのは、Nonviolent communication(NVC=非暴力コミュニケーション)という考えが基盤になっています。NVCとは、暴力や対立、偏った物の見方をしないで、人を思いやる実りある対話へと導くためのコミュニケーション法です。私たちが毎日使っている言葉や表現は、決めつけや思い込みなどが染み付いています。これが時に、相手ばかりか自分自身をも傷つけたり苦しめたりするきっかけとなることもあります。あらゆる人間関係と自分自身との関係に役立ちます。今後はNVCの学習会も開催したいなと思っています。
詳しくは、ウェブサイトにも書いています。

P: 小倉さんは、一つ一つ言葉を選びながらインタビューに答えてくださいました。共感セッションというのは忙しい現代の人が自分を見つめ解放されるのに役立つコンテンツです。呼吸法を重視したヨガと共感セッションには共通したものがあると思いました。流行りのパワーヨガやフローヨガなどとは一線を画す、「無理をしない、体の緊張を緩める、心を開放する」というクリパーヨガを体現している小倉さんでした。