スポット

アルクマールのチーズマーケット(3月31日ー9月29日)
オランダ北部アルクマール(Alkmaar)では、3月31日から9月までの毎週金曜日の朝10時から、何世紀も昔から伝わる由緒ある方法でチーズが取り引きされているのを見学できます。

Waag広場でチーズが取り引きされるようになったのは1365年の昔からで、この頃はまだ町のチーズ用秤は1つしかありませんでした。チーズは朝早くから並べられ、市の支配人と業者がチーズをチェックします。重さにして3万kgにもなる

チーズ・キャリアー(チーズを運搬する人)という人たちの存在がなければ、チーズ市のあの壮観な光景は見られなかったかもしれません。また、プレイサー(並べる人)、スローワー(投げる人)、それにスケール・マスター(計量の責任者)のような人たちも、チーズ市で重要な役割を果たしています。いずれも多くの伝統を持つギルド(組合)の一員です。 (オランダ政府観光局のページより抜粋)

日時:3月31日から9月29日までの毎週金曜日、朝10時から12時30分まで
場所:Het Waagplein, Alkmaar


オンライン購入商品、返品せずに返金?!

【広告】新刊「週末は、Niksen(ニクセン)」

コロナウィルスで、KLMエアフランス多大な損失

ブレグジットで外国企業のオランダ移転が増加

NHKシンフォニー、コンセルトヘボウで演奏(3月2日)

アムステルダム西部のスーパー、ATMを狙い爆破される

オランダ、イノベーションでは世界3位だが、持続可能エネルギー利用では欧州最低

オランダのバレンタインデー、赤いバラ50本を買うのは外国人?

郵便爆弾、今度はING銀行(アムステルダム)で爆発

郵便爆弾がアムステルダムとケルクラーデで爆発