スポット

アルクマールのチーズマーケット(3月31日ー9月29日)
オランダ北部アルクマール(Alkmaar)では、3月31日から9月までの毎週金曜日の朝10時から、何世紀も昔から伝わる由緒ある方法でチーズが取り引きされているのを見学できます。

Waag広場でチーズが取り引きされるようになったのは1365年の昔からで、この頃はまだ町のチーズ用秤は1つしかありませんでした。チーズは朝早くから並べられ、市の支配人と業者がチーズをチェックします。重さにして3万kgにもなる

チーズ・キャリアー(チーズを運搬する人)という人たちの存在がなければ、チーズ市のあの壮観な光景は見られなかったかもしれません。また、プレイサー(並べる人)、スローワー(投げる人)、それにスケール・マスター(計量の責任者)のような人たちも、チーズ市で重要な役割を果たしています。いずれも多くの伝統を持つギルド(組合)の一員です。 (オランダ政府観光局のページより抜粋)

日時:3月31日から9月29日までの毎週金曜日、朝10時から12時30分まで
場所:Het Waagplein, Alkmaar


オランダの107歳の女性、コロナから生還。世界最年長か。

コロナウィルス免疫に関するRIVMの見解

8日の首相記者会見「コロナ蔓延防止対策の続行」と「追跡アプリ導入の可能性」

オランダの農家「危機」を「機会」に。輸出や飲食店への販売減少を直販でカバー

新型コロナウイルス関連情報(ドイツによる水際措置及びオランダにおける集中治療室(ICU)病床数)

コロナ危機により大打撃のオランダの園芸産業、政府の救済を求める

99%のオランダ人、1.5メートル規則を遵守。若者の半数が孤独感。

オランダ、コロナ基金設立提案。実質的なEU諸国への寄附

オランダ大手小売HEMA、経営困難に

オランダ政府のコロナ蔓延防止対策、4月28日まで延長