スポット

オランダの動物園でパンダ見学
4月の初めに中国からやってきた2頭のパンダが5月31日から一般に公開された。2頭は7週間の間飼育室で育てられてきた。オランダの中東部レーネン(Rhenen)にあるアウエハンド動物園では、パンダジアと呼ばれる中国風の建築を建設、そこで遊びまわるパンダを見ることができる。

場所:Ouwehands Direnpark、Grebbeweg 111, 3911 AV Rhenen (ユトレヒトとナイメーヘンの間にある)
動物園開園時間:夏の間は10時から18時。詳細はウェブサイトでチェックしたほうがいい。


関連記事

オランダのアウエハンズ動物園、世界で最も美しいパンダパークに選ばれる
オランダの東部レーネン(Rhenen)にあるアウエハンズ動物園内(Dierenpark Rhenen)のジャイアント・パンダ・パークは、世界で最も美しいパンダパークに選ばれた。ベルリンのパンダ・グローバル・アワード/が企画した投票で、オランダのパンダパークが最優優秀賞を受賞した。世界30万人のパンダファンによるオンライン投票で、過半数がこのアウエハンズ動物園のパンダパークを選んだという。2位はフランスのボーバル動物園、3位はベルリン動物園だ。

アウエハンズ動物園にジャイアントパンダ2頭が中国やってきたのは2017年の春。それ以降オランダではパンダブームが始まった。9000平米もあるパンダパーク「パンダジア」には巨大な中国風の木造建造物が中心に設置され、外部から見えるパンダの屋内居住ルーム、寝室、育児室、竹の保存庫だけでなく、レストラン、ショップなどが併設されている。
冬季はあまり混んでいないのでパンダをゆっくりと見るチャンスだ。

オランダの107歳の女性、コロナから生還。世界最年長か。

コロナウィルス免疫に関するRIVMの見解

8日の首相記者会見「コロナ蔓延防止対策の続行」と「追跡アプリ導入の可能性」

オランダの農家「危機」を「機会」に。輸出や飲食店への販売減少を直販でカバー

新型コロナウイルス関連情報(ドイツによる水際措置及びオランダにおける集中治療室(ICU)病床数)

コロナ危機により大打撃のオランダの園芸産業、政府の救済を求める

99%のオランダ人、1.5メートル規則を遵守。若者の半数が孤独感。

オランダ、コロナ基金設立提案。実質的なEU諸国への寄附

オランダ大手小売HEMA、経営困難に

オランダ政府のコロナ蔓延防止対策、4月28日まで延長