スポット

オランダの動物園でパンダ見学
4月の初めに中国からやってきた2頭のパンダが5月31日から一般に公開された。2頭は7週間の間飼育室で育てられてきた。オランダの中東部レーネン(Rhenen)にあるアウエハンド動物園では、パンダジアと呼ばれる中国風の建築を建設、そこで遊びまわるパンダを見ることができる。

場所:Ouwehands Direnpark、Grebbeweg 111, 3911 AV Rhenen (ユトレヒトとナイメーヘンの間にある)
動物園開園時間:夏の間は10時から18時。詳細はウェブサイトでチェックしたほうがいい。


関連記事

オランダのアウエハンズ動物園、世界で最も美しいパンダパークに選ばれる
オランダの東部レーネン(Rhenen)にあるアウエハンズ動物園内(Dierenpark Rhenen)のジャイアント・パンダ・パークは、世界で最も美しいパンダパークに選ばれた。ベルリンのパンダ・グローバル・アワード/が企画した投票で、オランダのパンダパークが最優優秀賞を受賞した。世界30万人のパンダファンによるオンライン投票で、過半数がこのアウエハンズ動物園のパンダパークを選んだという。2位はフランスのボーバル動物園、3位はベルリン動物園だ。

アウエハンズ動物園にジャイアントパンダ2頭が中国やってきたのは2017年の春。それ以降オランダではパンダブームが始まった。9000平米もあるパンダパーク「パンダジア」には巨大な中国風の木造建造物が中心に設置され、外部から見えるパンダの屋内居住ルーム、寝室、育児室、竹の保存庫だけでなく、レストラン、ショップなどが併設されている。
冬季はあまり混んでいないのでパンダをゆっくりと見るチャンスだ。

コロナウィルス、拡散に対しオランダの対策は?

世界一旅行好きな人種オランダ人、行き先は?

アマゾンがオランダにやってくる

オランダの音楽、引き続き有力輸出品に

家庭教師・スカイプレッスン 生徒さん募集(国語・日本語・英語)

グリーンディールでもオランダのエネルギー費は変わらず

オランダ、飲食業が10年で60%の伸び

アムステルダム、観光客を減らす努力にもかかわらず客室数大幅増加

「オランダの文豪が見た日本」を翻訳した國森由美子さんにインタビュー

翻訳者として活躍する國森由美子さん