イベント

2019年、レンブラント没後350年のイベント
2019年はオランダ黄金時代17世紀の巨レンブラント没後350年という記念の年になります。オランダではレンブラント没後350年を記念した特別展等の様々なイベントが行われる。ライデンに生まれ、その後アムステルダムで活躍しその生涯を終えた、レンブラント。以下が主なイベントです。

■「アムステルダム国立美術館のレンブラント」展  All the Rembrandts of the Rijksmuseum
2019年2月15日〜6月10日
アムステルダム国立美術館

■「レンブラントとベラスケス」展 Rembrandt – Velázquez
2019年10月11日~2020年1月19日
アムステルダム国立美術館

■「レンブラントのソーシャルネットワーク」展 Rembrandt’s Social Network:Family, Friends and Acquaintances
2019年2月1日~5月19日
レンブラントハウス (アムステルダム)

■「レンブラントとマウリッツハウス」展 Rembrandt and the Mauritshuis
2019年1月31日~9月15日
マウリッツハウス美術館 (ハーグ)

■「レンブラントとサスキア」展 Rembrandt and Saskia
2018年11月24日~2019年3月17日
フリース博物館(レーワルデン)

関連記事

レンブラントの「夜警」来年から公開修復作業に
レンブラントが描いた「夜警」が修復される。アムステルダム国立美術館(Rijksmuseum)は来年の初めにも修復作業に入ると発表した。1642年に描かれたこの巨大な絵画の修復作業は公衆の面前で行われる。また同美術館のウェブサイトでもライブで閲覧することができる。

「夜警」はガラス張りの壁の中で動くイーゼルの上に置かれる。観覧者は7メートル離れた場所から修復作業を見ることができる。修復作業は8人の修復士が行うという。ちなみこの作品は200年前にアムステルダム市から国に貸し出されたものである。前に修復が行われたのは1976年だが、それからも劣化が進んでいる。電子顕微鏡などの新しい技術を使い、今回の修復はより優れたものになると国立美術館。

ちなみに2019年はレンブラント没後350年となり、オランダでは各地でイベントが計画されている。

美術商ヤン・シックス氏、またレンブラント作品発見
半年前にロンドンのオークションでレンブラントの作品を見つけたアムステルダムの美術商ヤン・シックス(Jan Six)氏は、2014年にも別のレンブラントを発掘していたと、フォルクスクラント紙のインタビューにて語った。2014年ケルンのオークションハウス「ランペルツ」にて、作者不明のバイブルのシーンが描かれた絵が競売にかけられた。シックス氏はこの絵に描かれている人物のひとりがレンブラントの自画像であることを見抜き、レンブラントの作品であると確信した。この絵にはレンブラントの母親も描かれている。オークション会社がつけた予想価格は15万ユーロ(約1800万円)だったが、アメリカの美術商であるオットー・ノーマン氏もこれがレンブラントの作品だと見抜き、値段は一気につり上がった。シックス氏もこれに応じ、10倍の150万ユーロ(約1億8000万円)で競り落とした。

4年前に顧客のために購入したこの作品は、専門家の鑑定を受けやっと本物のレンブラントであることが確定し、今回の発表となった。シックス氏は半年前にも「若い男性の肖像」と題されるレンブラント作品を発見、競売で購入している。1978年生まれの同氏は美術史を学んだあと、オークションハウスのサザビーズで働き、その後独立している。先祖にはレンブラントが肖像画を描いたヤン・シックス氏がいる。

ロンドンのオークションで売られた作者不明の絵画がレンブラントのものと判明
作者不明としてオークションにかけられた絵画がレンブラントの作品であることがわかった。新しくレンブラント作と認められた作品が出たのは50年ぶり。この絵画は1634年ごろ、若い男性を描いたものだが、おそらく男女の肖像画の一部だと見られている。

この作品を発見したのはアートディーラーで美術史家であるヤン・シックス氏。1年半前にロンドンのオークションハウスであるクリスティーズに「作者不明」として出品されていたものを競り落とした。レンブラントと見られる作品の多くは弟子らによるものが多いため、シックス氏はレンブラント研究機関である「レンブラント・リサーチ・プロジェクト(RRP)」で真贋を調査してもらった。この結果作品がレンブラントのものであることが判明、さらに世界の15人のレンブラント専門家も本物であると太鼓判を押した。

94.5cmx73.5cmのこの作品は、6代にわたってイギリスの貴族によって保持されていた。クリスティーズでの当初の見積もり価格は15,000から20,000ポンド。シックス氏は絵を見た瞬間にレンブラントのものだと確信、数百万ポンド(数億円)に上がると予想し投資家を確保しこの絵画を購入した。予想に反し、競り落とした価格は137,000ポンド(約2000万円)と安いものだった。

さらに、3年前にフランスで競売に出て1億6000万ユーロ(約200億円)でオランダとフランスの両政府により競り落とされたレンブラントの「マルテンとオーピエン」の「マルテン」と今回発見された肖像画の男性に類似点が多いという。顔料、筆使い、構成などがレンブラントが1634年ごろに描いた作品と一致する。

この作品は本日水曜日からアムステルダムのエルミタージュ美術館で公開される。

フランスと共同購入したレンブラント、明日から国立美術館で展示。初日は入場無料
2016年1月にオランダとフランスで共同購入したレンブラントの肖像画「Marten & Oopjen」がアムステルダム国立美術館のレンブラントの展示ルームに飾られる。17世紀オランダの黄金時代の最盛期、アムステルダムの豪商の息子マールテン・ソールマンスとオープイェン・コピットが1634年に結婚した時に描かれたもので、当時レンブラントは28歳。
この絵はフランスのロスチャイルド家が所有していたが2015年にこれを売り出す。最初オランダのアムステルダム国立美術館が1億6000万ユーロで購買を決定したが、フランス政府はフランスのものであると主張、協議の末オランダとフランスの両国で所有することになった。半期はパリのルーブル美術館で展示、その後アムステルダムの国立美術館と交互で展示する。今回の展示は10月2日まで。

初日(7月2日)は夜9時まで入場無料で開館している。

失われたレンブラント作品、オークションで発見
失われたと信じられていたレンブラント(1606−1669)の作品が、昨年米国のニュージャージーのオークションで売りだされていた。この作品は3月11日から20日までオランダのマーストリヒトで開催される世界的なアートフェア「TEFAF」で見ることができる。「失神した人(嗅覚)」と題された21.6x17.8cmの小さなこの絵画は、レンブラントが18歳か19歳で描いたものだとされている。失神した患者を医者の助手がアンモニアに漬けた布の匂いで覚醒させようとしている図である。レンブラントは当時5感(視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚)を表現する5作品を描いたと言われているが、この作品はそのひとつである嗅覚を表すもの。

レンブラント絵画の専門家であるエルンスト・ファン・ヴェーテリング氏によれば、この作品は100%本物であることに間違いないらしい。
作品は長い間ニュージャージーの個人が所蔵していたが、昨年末「19世紀のヨーロッパ派の絵画」というオークションに出展された。ところが19世紀の無名の画家の作品にしては、セリ価格がどんどん上昇していくのを見て、これがどうも本物のレンブラントらしいと憶測が広まった。絵は現在、17世紀の黄金期の作品200点以上からなる「ライデン・コレクション」と呼ばれるニューヨーク在住の個人のコレクションに加えられている。
「ライデンコレクション」には5感のうちすでに2感のレンブラント作品が所蔵されている。「3人の歌い手」と題される聴覚を表す絵、そして触覚を表す「手術」である。この他にはライデンのラーケンハル美術館に「メガネの行商人」と題された視覚を示す絵がある。今回の発見で5感のうち4感が集まったことになるが、「味覚」を表す絵はまだ見つかっていない。

イースターはスーパーマーケットとガーデンセンターの稼ぎ時

オランダのチューリップ畑トップ4

オランダの消費者物価値上昇率EU平均の2倍

蘭ING銀行、独コメルツ銀行と合併か?

アムステルダムの駐車料金大幅値上げ

オランダの世界最大半導体製造装置メーカーASMLに中国のスパイ

オランダ売春禁止請願に4万人が署名、性産業従事者の反対も

アムステルダム、スクーターの自転車道路通行禁止に

アムステルダム市、教師不足に難民を導入するプロジェクト開始

アムステルダム、新たにサッカー場70カ所分のオフィス建設計画