ニュース

風車の村ザーンセ・スカンス住民と事業主が市の拡張計画に反対
観光客が溢れているのはアムステルダムだけではない。アムステルダムの北西にある風車の村ザーンセ・スカンスも年間数百万人の観光客で賑わっている。ただし観光客の増加で利益を得ているのはお土産屋や飲食店といったビジネスのみで、一般住民は家への無断侵入やゴミの投げ捨てなどの迷惑行為に悩まされている。

住民の迷惑を尻目にザーンセ・スカンセのあるザーンスタット市は、ここを野外博物館にする巨大計画を練り、さらなる観光化を目指している。大きな駐車場ビルや橋の建設、そして有料のビジター用センターの建設などがこの計画に含まれている。

市の計画に反対しているのは25軒に住む住民だけでない。ここで店を出したり風車内を開放している事業主たち事業主の代表が市と会い、この巨大計画を白紙に戻すよう折衝する。しかしザーンセ・スカンスは公共の地域なため、ここだけで観光客を制限するなどの特別扱いができない可能性も高い。

オランダへの観光客増加は著しく、2030年には現在の1900万人から50%増の3000万人になると見積もられている。この増加で住民への被害も増しており、観光化計画の見直しが迫られている。

2月15日(金)JWC日本語会話オープンデー


DFA1ディプロマ試験対策コース始めます


日本語会話オープンデー2月


ABNアムロ、世界テニス選手権本日準々決勝。ベスト8錦織選手も出場。


英国EU離脱で、駐在員ヘルプビジネス大ブームに


オランダの象徴的ショップ、HEMAとAHが共同で店舗


製薬会社の高額薬品の代わりに、アムステルダムの病院が独自に薬品を製造


オランダの人員縮小の銀行や保険業界の人材、教師不足を助けるか?


ABNAmroワールド・テニス・トーナメント(2月9日ー2月17日)


オランダの高校生、地球温暖化政策に対するデモ。政府の反応は?


アムステルダムの中央銀行付近で警察と銃撃戦で犯人死亡


アンデスのスーパーフード、オランダ産「キヌア」世界市場席巻


オランダでKポップブーム、コンサートチケットも160ユーロと高く


父親の産休、法定5日よりも延長する人が多く


自転車運転中に携帯操作で罰金95ユーロ!


アムステルフェーンの囲碁会館に和風カフェオープン


中国でのプラスチックゴミの輸入禁止が、オランダでビジネスに


アフリカで超廉価版エコーを導入したオランダ人


オランダ最大のチェーン店は「クラウドファット」


オランダはタックスヘイブンへの中継地