ニュース

風車の村ザーンセ・スカンス住民と事業主が市の拡張計画に反対
観光客が溢れているのはアムステルダムだけではない。アムステルダムの北西にある風車の村ザーンセ・スカンスも年間数百万人の観光客で賑わっている。ただし観光客の増加で利益を得ているのはお土産屋や飲食店といったビジネスのみで、一般住民は家への無断侵入やゴミの投げ捨てなどの迷惑行為に悩まされている。

住民の迷惑を尻目にザーンセ・スカンセのあるザーンスタット市は、ここを野外博物館にする巨大計画を練り、さらなる観光化を目指している。大きな駐車場ビルや橋の建設、そして有料のビジター用センターの建設などがこの計画に含まれている。

市の計画に反対しているのは25軒に住む住民だけでない。ここで店を出したり風車内を開放している事業主たち事業主の代表が市と会い、この巨大計画を白紙に戻すよう折衝する。しかしザーンセ・スカンスは公共の地域なため、ここだけで観光客を制限するなどの特別扱いができない可能性も高い。

オランダへの観光客増加は著しく、2030年には現在の1900万人から50%増の3000万人になると見積もられている。この増加で住民への被害も増しており、観光化計画の見直しが迫られている。

関連記事

チューリップ畑に侵入する観光客後を絶たず、被害拡大
オランダのチューリップ畑は観光客に大人気である。「チューリップ畑に入らないでください。」という立て看板やバナーそしてボランティアを導入して、農家は観光客が畑の中に入り込むのを防いでいるが、それでも侵入者は後を絶たない。「観光客が来てくれるのは大歓迎だが畑を荒らさないで」と関係者。観光客は花を踏みつけてチューリップ畑に入り込み写真を撮るという。これが毎年ひどくなっている。観光客は、「立入禁止だとは知らなかった。公園だと思っていた。」と無実を主張する。そこで、園芸農家は進入禁止の立て看板やバナーを用意することになった。

園芸農家を営むペニングスさんによれば、去年も看板を立てたが無視して入り込む人は多く10,000ユーロ近くの損害を被ったという。場所によっては300人もが入り込んでいるとペニングスさん。業を煮やした農家は週末にはボランティアを導入し、観光客が写真を撮ってもいい場所へと導くことにした。
(画像:Omroep West)

「観光公害」からアムステルダムを守るため民泊規制、観光バス規制など検討
増え続ける観光客で、アムステルダムの中心地区は混雑し騒音やゴミなどで住民を脅かしている。アムステルダム市はこれに対しかなり強硬な手段を計画している。市街地でのアエ・ビーエンビー(民泊)全面禁止、遊覧船の係留禁止やクルーズターミナルの移転などが含まれる。
新条例は、緑の党、労働党、民主66党そして社会党が同意しているが、全党の同意にはまだ至っていない。しかしこの条例の成立の可能性は高いとみられる。緑の党は「外国人観光客の増大は悪いことではないが、これによる被害が増え続け住民や市にとって限界に達している。厳しい手段で臨まなければ解決はしない。」と述べている。

大量の乗船客を街に送り込むクルーズ船のターミナルをこれまでの中央駅付近から西部の港湾地区に移す計画があった。しかしアイ湾とフレーフォ州を結ぶ橋の建設計画により、大型クルーズ船はアイ湾自体には入港できなくなる。このため北海運河(Noordzeekanaal)の沿岸にターミナルは移動することになる。
アムステルダムではすでに民泊期間を年間で最高30日にしたりホテルの新規建設を禁止する条例を実施している。新条例では、観光バスの市内乗り入れを禁止し、バスは幹線道路(A10)の外側に駐車させ、観光客は駐車場から直接遊覧船に乗り込むことになる。さらに観光税を7%に値上げする。また中心地での観光客目当ての店舗や大型ショップ規制もさらに拡大する計画だ。

アムステルダムは現在年間1800万人の観光客を受け入れているが、2025年には2500万人にまで増加する。「観光公害」はアムステルダムだけでなく、バルセロナ、ベニス、京都など世界各地で問題化しており、それぞれ解決法を探っている。

オランダへの外国人観光客さらに増加
オランダ中央統計局(CBS)が4月4日に発表した統計によれば、2016年オランダへ訪れた外国人観光客は1800万人と一昨年に比較し13%増加している。この数字は5人以下で宿泊した人の数の合計だが、エアビーアンドビーなどの民泊施設での宿泊客は含まれていない。外国人観光客の80%はヨーロッパから。3分の2はドイツ、ベルギーそしてイギリスからやってきている。特にドイツからの観光客が増加(一昨年比14%増)し、宿泊日数も平均3.4泊と伸びている。

最も顕著だったのは台湾人観光客の急増。79%も増加している。調査を行ったCBSによれば、台湾とオランダ間に新空路が開設されたのが要因だという。中国からの観光客も26%増えているが、観光客全体からみると2%とそれほど多くない。日本人観光客数は統計では不明だがトップ10には入っていない。

観光客はアムステルダムを中心に北オランダを旅行する。観光局はアムステルダム集中を避けオランダ全土へ観光客の目を向けるよう様々な施策を行っているが、2012年からあまり変化は見えていない。観光業はオランダのGDPの3.9%に加担し、64万人の雇用を生み出している。

アムステルダム市、観光客目当てのチーズ専門店の閉鎖に
アムステルダムの中心街はここ数年で観光客向けのヌッテラ、ワッフルそしてチーズを売る店が雨後の筍のごとく増えている。アムステルダム市当局はダムラック(中央駅からダム広場に通じる大通り)にあるチーズ専門店「アムステルダム・チーズ・カンパニー」の店舗を閉鎖するよう裁判に持ち込み、閉鎖を命じる判決が下った。

昨年10月6日からアムステルダム市では、観光客向けの店を新規に開店することを禁じる条例を出している。「アムステルダム・チーズ・カンパニーは条例が発せられた10月6日以前に賃貸条約を結んでいるので、この条例は適用外だと不服を申し立てている。しかしながら裁判では、店の開店は10月6日以降だったため、この条例は適用されるという判決が下された。さらに、このチーズ専門店は通常の店と比較し異常なほどの高価格でチーズを販売、明らかに外国人観光客向けだと判断された。アムステルダム市によれば、中心街にはチーズ屋だけでなく、同じ様な観光客向けヌッテラ屋、アイスクリーム屋、ワッフル屋が軒を並べており、地元の人のための店が消えるだけでなく、街の魅力が失われている。ここ数年のアムステルダムへの観光客の増加は、エアビーアンドビーの乱立で地元民が迷惑するなど、多くの問題を起こしている。

居住、ビジネス、観光でアムステルダムの人気度さらに上昇、世界9位に
アムステルダムは、居住にも観光にもそしてビジネスにも好ましい都市として世界9位にランクされた。調査会社イプソスが世界26カ国で1万8千500人を対象にして行った調査の結果である。トップはニューヨーク、そしてアブダビとロンドンが続く。4位はパリ、そして5位は東京である。

調査は2013年にも行われたが、アムステルダムは当時は14位とトップ10入りしていなかった。アムステルダムはとくに観光客の間に人気が高まっている。市当局によれば、アムステルダムを訪れる観光客は年間720万人。一人あたり平均1.91日滞在し、宿泊費だけで1,380万ユーロを落としている。

居住に関して見ると、トップはチューリッヒ。アムステルダムは7位。ビジネスではトップがニューヨーク、そしてアブダビ、香港、ロンドン、東京が続き、アムステルダムはトップ10にはランクインしていない。観光ではパリがトップ、アムステルダムでは8位となっている。

レンブラント没後350周年、誕生日に国立美術館で一般応募の絵画展示

衣料品用コンテナに普通ごみが混ざり、再生不可能に

オランダ最大級のロックフェスティバル「ロウランズ」(8月16日から18日)

第25回参議院議員通常選挙に伴う在外投票の実施について

アムステルダム・ゲイ・プライド (7月27日から8月4日)

飲食店の深刻な人手不足を傍目に、このレストランは従業員のウェイティングリスト

オランダ人に人気の旅行先では、スペインが一番安く

アムステルフェーンとアムステルダムを結ぶバス55,メトロとの差額払い戻し

先月オランダで最も売れた車は?

オランダの小学校、深刻な教師不足