ニュース

オランダ、積雪で道路凍結に注意。トラムの遅延も
22日午後から降り出した雪がオランダ全土で積もっている。このため道路が凍結し滑りやすくなっているので注意が必要。ただし23日午後からは大半の雪が解けて消えると予想されている。

オランダ交通局は車の運転手に対し、スピードを控え車間を十分取るよう呼びかけている。昨日22日午後は全長2287キロという2017年12月11日以来最長の渋滞が記録されたが、23日朝は大きな事故も起きずスムーズに流れたという。列車運行も昨日は20%間引き運転となったが本日は問題なく通常運行している。

ただアムステルダムでは雪とは直接関係ないが、電気経路の故障によりトラムの本数が極端に減っている。この故障の影響を受けているのが、トラム1,2,5,7,13,17,24番。最高で30分の遅れを考慮するよう、市の交通局は呼びかけている。

気象予報サイトWeerplazaによれば、気温は今週いっぱい低く木曜日から金曜日にかけては零下6度になる可能性もある。


関連記事

ウィンタースポーツの帰路、大雪に注意
今週末はオーストリアや南ドイツでウィンタースポーツを楽しんだ人たちが一斉にオランダに戻ってくる。オランダ自動車協会ANWBは、帰路で大雪に遭遇する可能性があると注意を促している。

オランダ人がクリスマス休暇から戻るのは今週末が多いが、北チロル、ザルツブルグ周辺、ネーダー・オーストリアやスティルマルケンなどで金曜日からの大雪が予想されている。とくに土曜日午後からの降雪が深刻で30cmから75cmの積雪の予報。場所によっては1メートル積もるという。ザルツブルグ州では日曜日になだれ注意報がでている。帰路にドイツでの渋滞も予想されている。

月曜日もオランダ全土で雪と凍結注意報
オランダ気象台(KNMI)は、昨日日曜日に続き今日月曜日も12時からコード・オレンジと呼ばれる悪天候による注意報を発令した。雪や凍結による損傷や事故そして交通マヒに警鐘を鳴らしている。KNMIによれば午前中は昨日の積雪が凍結し滑りやすくなり、午後からはさらに降雪を予測している。

道路交通省は、渋滞や事故を懸念し、できるだけ自宅で仕事をするよう推奨していた。交通情報局によれば、このアドバイスに従い車で通勤する人の数が減り、8時現在でも渋滞は通常なみ。ただ、夕方のラッシュアワーには雪や凍結に伴い深刻な渋滞が予想される。

車通勤を止めて公共交通機関を選ぶ人も多いが、オランダ鉄道(NS)では故障や線路の凍結などでダイヤが乱れている。交通公共の情報サイト「9292OV」はアクセスの過剰で一時的にダウンしている。
飛行機も欠航が目立ち、月曜日にはすでにスキポール空港で122便のフライトがキャンセルされた。とくに欧州内のフライトに欠航が目立つ。
また道路とくに交通量の少ない道での凍結による転倒事故が増えているのでご注意を。

オランダ週末は零下、雪やあられの予想
金曜日と土曜日は本格的な冬の天候が予想されている。気温は下がり雪やあられの降る可能性もある。道路の凍結注意報も出ている。オランダ気象協会(KNMI)は、オランダ西部では金曜日の夜から雨まじりの雪が降ると予報、この寒気は東へと移動する。降雪はそれほど激しくはないが、雹(ひょう)に変わる可能性もある。土曜日の午前中からはオランダンの南部や東南部でも雪やみぞれが予想されている。西部では雨になりそう。
金曜日は一日中オランダ全土で零下。

この雪模様は土曜日までで日曜日からは気温は上がり、日中は6度前後になると予想されている。


来週の初め、気温が下がり雪やあられも
気象サイトWeeronline.nlによれば、来週の月曜日からオランダにも厳しい寒さがやってきそうだ。スカンジナビアからの冷たい大気が押し寄せてくるため、気温は下がり夜半は零下になる地域もある。7日月曜日、午後から晴れ間もあるが、日中はあられ混じりの雨が降り、冷たい北東の風をともなう寒い日となる。火曜日は霜が下り、夜中には零下5度から零下6度にまで下がると予想されている。日中は晴れるが、気温は上がらず5度から7度、雪かあられが降る場所もある。水曜日の朝も雪の可能性もあるという。リンブルグの丘陵地帯や東部のフェールヴェそしてフローニンゲンでは雪が溶けずに残るところもありそう。11月の初めにこれほど気温が下がるのは2003年以来初めてである。通常11月の初めは10度程度。

木曜日からは、北海からの暖かい大気がオランダ上空にやってきて、冷たい大気を外に押しやるので、気温は8度から12度ぐらいにまで上昇しそうだ。

オランダ、各地で初雪
オランダでも本格的な冬がやってきた。22日日曜日、各地で雪やみぞれが観測されている。とくに東北部や東部は景色が真っ白になる場所もあった。日曜日から月曜日にかけて気温は零度以下に下がり道路が凍結するところも出てきた。凍結を防ぐための塩撒き車が今シーズン初めて出動している。北部や西部の沿岸地方では雨、ひょう、みぞれ、そして落雷が観測されている。

オランダ東部そして中部では気温は零下4度から5度へ下がった。その他の地域でも今朝は車のフロントガラスが凍った場所も多い。月曜日、日中は全土で晴れ間が広がり、気温も7度から8度へ上昇するが、火曜日は雨で気温も下がる。その後はまた天気は回復すると予想されている。


アムステルダム、人手不足で閉店を余儀なくされるレストランも

マルクト(Marqt)経営不振で身売りか

JWC30周年記念講演会 ゴッホ事情・今=ゴッホをより深く読み解く= 吉屋敬

スーパーマーケット, 孤独な高齢者のための「おしゃべりレジ」を設置

レンブラント没後350周年、誕生日に国立美術館で一般応募の絵画展示

衣料品用コンテナに普通ごみが混ざり、再生不可能に

オランダ最大級のロックフェスティバル「ロウランズ」(8月16日から18日)

第25回参議院議員通常選挙に伴う在外投票の実施について

アムステルダム・ゲイ・プライド (7月27日から8月4日)

飲食店の深刻な人手不足を傍目に、このレストランは従業員のウェイティングリスト