ニュース

中国でのプラスチックゴミの輸入禁止が、オランダでビジネスに
少し前まで使用済みのプラスチックは中国に輸出されリサイクルされていた。しかし1年前の2018年1月から中国はプラスチックを含む24種のゴミの輸入を禁止した。1992年には全世界のプラスチックゴミの45.1%である1億600万トンが中国に売られていたが、もう世界のゴミ捨て場になるのは止めたと宣言したのである。

これによって利を得たのがオランダである。フレーフォランド州にあるリサイクル企業ファン・ウェルフェンは中国のプラスチックごみ禁止以来利益を上げており、今年始めには欧州で5か所目の工場をスエーデンにオープンした。この会社は庭の椅子などのような硬いプラスチックを細かい粒状にしリサイクルする。
「13年前にこのビジネスを始めたときには、いったいリサイクルで何が作れるのかが問題だったが、最近ではどうやったら古いプラスチックを入手できるのかに頭を抱えていた。ところが中国の禁止令のおかげで大量にプラスチックが手に入るようになった。」と手放しで中国の禁止令を歓迎している。当時は中国企業が競合だったが、これがなくなったことで売上は急上昇している。

これまでプラスチックごみが中国への輸出物だったが、今ではゴミを加工してできたプラスチックを中国へ輸出している。フォーレンダムにあるクラス・リサイクリング社によれば、世界中でリサイクル加工されたプラスチックの50%が中国へ向かうという。ただ、最近では中国でのプラスチック需要が大幅に減ったため、価格が下がり、これがトルコ、ベトナム、マレーシア、インドネシアなどへ輸出されている。


2月15日(金)JWC日本語会話オープンデー


DFA1ディプロマ試験対策コース始めます


日本語会話オープンデー2月


ABNアムロ、世界テニス選手権本日準々決勝。ベスト8錦織選手も出場。


英国EU離脱で、駐在員ヘルプビジネス大ブームに


オランダの象徴的ショップ、HEMAとAHが共同で店舗


製薬会社の高額薬品の代わりに、アムステルダムの病院が独自に薬品を製造


オランダの人員縮小の銀行や保険業界の人材、教師不足を助けるか?


ABNAmroワールド・テニス・トーナメント(2月9日ー2月17日)


オランダの高校生、地球温暖化政策に対するデモ。政府の反応は?


アムステルダムの中央銀行付近で警察と銃撃戦で犯人死亡


アンデスのスーパーフード、オランダ産「キヌア」世界市場席巻


オランダでKポップブーム、コンサートチケットも160ユーロと高く


父親の産休、法定5日よりも延長する人が多く


自転車運転中に携帯操作で罰金95ユーロ!


アムステルフェーンの囲碁会館に和風カフェオープン


中国でのプラスチックゴミの輸入禁止が、オランダでビジネスに


アフリカで超廉価版エコーを導入したオランダ人


オランダ最大のチェーン店は「クラウドファット」


オランダはタックスヘイブンへの中継地