ニュース

父親の産休、法定5日よりも延長する人が多く
父親あるいはレズビアンのパートナーは、子供が生まれた際に最低5日間の有給の産休が取れる権利がある。先週の欧州議会ではこれが最低10日と決定しているので、オランダの法律も今後さらに改定されるはずだ。オランダではこの法定産休を延長し、自分の有給休暇を使うかあるいは無給でこれを延長する父親が半数以上いることがNu.nlの調査で判明した。

今年の1月からオランダでは父親は5日間の法定産休が取れることになった。しかしこの期間は短すぎると考える人が多く、67%の人はこれを延長すべきだとしている。半数は最低2週間は欲しいと訴え、5人に1人は4週間を希望している。オランダでは1年半後にはこの5日間の法定産休のほかに70%の給与で5週間の父親産休が取れることになる。

パートナー産休は男女の労働条件の平等化には大きな要素になることは確かである。産後に勤務時間を減らさないと答えた女性は64%、減らすという人は22%、そして仕事を辞めるという人も27%いる。


レンブラント没後350周年、誕生日に国立美術館で一般応募の絵画展示

衣料品用コンテナに普通ごみが混ざり、再生不可能に

オランダ最大級のロックフェスティバル「ロウランズ」(8月16日から18日)

第25回参議院議員通常選挙に伴う在外投票の実施について

アムステルダム・ゲイ・プライド (7月27日から8月4日)

飲食店の深刻な人手不足を傍目に、このレストランは従業員のウェイティングリスト

オランダ人に人気の旅行先では、スペインが一番安く

アムステルフェーンとアムステルダムを結ぶバス55,メトロとの差額払い戻し

先月オランダで最も売れた車は?

オランダの小学校、深刻な教師不足