ニュース

父親の産休、法定5日よりも延長する人が多く
父親あるいはレズビアンのパートナーは、子供が生まれた際に最低5日間の有給の産休が取れる権利がある。先週の欧州議会ではこれが最低10日と決定しているので、オランダの法律も今後さらに改定されるはずだ。オランダではこの法定産休を延長し、自分の有給休暇を使うかあるいは無給でこれを延長する父親が半数以上いることがNu.nlの調査で判明した。

今年の1月からオランダでは父親は5日間の法定産休が取れることになった。しかしこの期間は短すぎると考える人が多く、67%の人はこれを延長すべきだとしている。半数は最低2週間は欲しいと訴え、5人に1人は4週間を希望している。オランダでは1年半後にはこの5日間の法定産休のほかに70%の給与で5週間の父親産休が取れることになる。

パートナー産休は男女の労働条件の平等化には大きな要素になることは確かである。産後に勤務時間を減らさないと答えた女性は64%、減らすという人は22%、そして仕事を辞めるという人も27%いる。


イースターはスーパーマーケットとガーデンセンターの稼ぎ時

オランダのチューリップ畑トップ4

オランダの消費者物価値上昇率EU平均の2倍

蘭ING銀行、独コメルツ銀行と合併か?

アムステルダムの駐車料金大幅値上げ

オランダの世界最大半導体製造装置メーカーASMLに中国のスパイ

オランダ売春禁止請願に4万人が署名、性産業従事者の反対も

アムステルダム、スクーターの自転車道路通行禁止に

アムステルダム市、教師不足に難民を導入するプロジェクト開始

アムステルダム、新たにサッカー場70カ所分のオフィス建設計画