イベント

キューケンホフ公園開園(3月21日から5月19日)
オランダで最も有名な花の公園キューケンホフは3月21日から一般に公開されます。チューリップ、ヒヤシンス、水仙などの花700万株が32ヘクタールの敷地内に咲き乱れており、1年に8週間だけ開催されるこの公園には世界各国から毎年8万人以上が来園します。

キューケンホフは、アムステルダム、ハーグ、ライデン、ハーレムから車で30分以内ですが、公園に隣接している駐車場には長い列ができています。おすすめは、サンドフォールト(Zandvoort)、ノールドワイク(Noordwijk)あるいはライデンからキューケンホフまで、途中のチューリップ畑を見ながら自転車で行くやりかた。もうひとつ混雑を避ける方法は、オンラインでチケットを事前に購入しておくことです。

日時:2019年3月21(金)ー5月19日(日)
開園時間:午前8時ー午後7時半
入場料:大人16ユーロ、子供8ユーロ
場所:Stationsweg 166a, 2161 AM Lisse, Holland

関連記事

オランダのチューリップ畑トップ4
イースター休暇、オランダのチューリップ畑の散策計画をする人も多いはず。キューケンホフ公園はあまりにも有名で観光客で溢れていますが、オランダ各地にチューリップ生産地は広がっています。以下は有名なチューリップ畑トップ4。

1.北東ポルダー(Noordoostpolder)
フレーフォラント州の北部、エメロード(Emmeloord)付近にもチューリップ畑が広がっています。この地域は灘タラ農業地帯でチューリップの生産でも有名。4月半ばから5月にかけて1000ヘクタールのチューリップ畑が満開になります。ナショナル・ジオグラフィック誌で世界で最も美しいルートに選ばれています。

2.コップ・ファン・ノールドホランド(北オランダ州の先端)
ウェストフリースランド地方もチューリップの栽培で有名。Andijk、Enkhuizen、Bovenkarspelといった場所が見どころです。アムステルダムから車で1時間以内の距離。電車で行って自転車で巡るのも可能。

3.ゼーラント州とベルギー西部
オランダの南西部ゼーラント州もチューリップ栽培が盛ん。さらにベルギーのフランダース地方とくにTeneuzenとHulstとの周りが有名です。ここはゲントから車で約30分、アムステルダムからは約2時間半の距離です。

4.キューケンホフ付近
オランダで最も有名なチューリップ栽培エリア。ライデンからハーレムまで続くルートです。一番多く栽培されているのはLisse, Hillegom、Noordwijkhout。このエリアはアムステルダムやハーグから30分と便利なため観光客も多く、車の渋滞にはまる可能性も高いのでご注意。

チューリップ畑に侵入する観光客後を絶たず、被害拡大
オランダのチューリップ畑は観光客に大人気である。「チューリップ畑に入らないでください。」という立て看板やバナーそしてボランティアを導入して、農家は観光客が畑の中に入り込むのを防いでいるが、それでも侵入者は後を絶たない。「観光客が来てくれるのは大歓迎だが畑を荒らさないで」と関係者。観光客は花を踏みつけてチューリップ畑に入り込み写真を撮るという。これが毎年ひどくなっている。観光客は、「立入禁止だとは知らなかった。公園だと思っていた。」と無実を主張する。そこで、園芸農家は進入禁止の立て看板やバナーを用意することになった。

園芸農家を営むペニングスさんによれば、去年も看板を立てたが無視して入り込む人は多く10,000ユーロ近くの損害を被ったという。場所によっては300人もが入り込んでいるとペニングスさん。業を煮やした農家は週末にはボランティアを導入し、観光客が写真を撮ってもいい場所へと導くことにした。
(画像:Omroep West)

春の訪れを祝う「チューリップの日」1月19日
オランダではそろそろ球根から芽が出始めている。アムステルダムのダム広場ではチューリップ・シーズンの開幕を祝い「チューリップの日」が開催され、広場一面に植え込んだチューリップが設置される。そしてここを訪れた人は誰でもこのチューリップをつんで持ち帰ることができるといううれしい日である。昨年は1万6000人が訪れ、合計20万本のチューリップを持ち帰った。

今年の春には17億本のチューリップがオランダから世界中に輸出される見込みである。オランダでのチューリップの生産は1月から4月の終わりまで。1000種類近い色や形の違うチューリップが生産されている。

日時:2019年1月19日 13:00ー16:30
場所:アムステルダム、ダム広場

アムステルダムのチューリップフェスティバル
アムステルダムでは毎年チューリップ・フェスティバルが開催されているが、今年のイースター(4月1,2日)で4回目となる。国立美術館、EYE, ピュリツァーホテルやNUONのオフィスなど85ヶ所で鑑賞することができる。現在、アムステルダム各地で約10万本のチューリップの植え込みが行われている。

あまり観光客に馴染みがない珍しい場所も今回のフェスティバルに参加している。例えば、開設50周年記念のアムステルダムの南東部のベイルマー(Bijlmer)のショッピングセンターや、スローター湖からダムの王宮までの特別ルートなどにチューリップが植えられる。フェスティバルはイースターから4月末まで続く。

チューリップ・フェスティバル 3月31日から4月30日まで
アムステルダムの85ヶ所にて
ロケーション詳細は以下のウェブサイトで

世界一広いチューリップ畑「ザイプ」
アムステルダムから北西に70km行ったところにチューリップ畑が広がっている。古くはキューケンホフ周辺がチューリップの産地だったが、今では広い土地が手に入りやすい北西部に集中している。ザイプ(Zijpe)はこの中心で、果てしなく続くチューリップ畑が広がっている。
ここでは、毎日サイクリングやウォーキング、写真ワークショップ、アート展など各種イベントが開催される。4月の始めごろからが見ごろ。詳細はウェブページで。

採点ミスで小学校最終学年生徒、間違った進路アドバイスを受ける

反移民・反EUのFvD党ボーデット議員、今度は女性蔑視

履歴書や面接なしで就職、オランダでも始まる

ユーロビジョン・ソングコンテストでオランダ優勝、44年ぶり

アヤックス(サッカー)とダンカン(音楽)で湧いた1日

オランダ情報機関、ファーウェイ社によるサイバースパイ行為を調査

春から夏にかけてのオランダ、アンティーク・マーケット

ローリング・キッチン(5月29日から6月2日)

車両放火が増加

オランダ、空前の人手不足、求人数過去最大に