ニュース

アムステルダム市、イスラム過激派の影響を受けている高校に懸念
アムステルダム市当局は、イスラム系中高等学校であるコーネリアス・ハーハ・リセアム(Coenelius Haga Lyceum)が非民主的な教育を行っているとし、同校理事会の総辞職を求めている。アムステルダム市市長であるフェムケ・ヘルセマ氏と教育担当議員マーヨレン・ムアマン氏が連名で市議会に書簡を送っている。この学校では生徒が「指導者」と言われる教員複数から指導を受けている。この教員たちはISとつながりのあるチェチェンのテロ組織「コーカサス・エミレート」と深い関係を持つとされている。さらにイスラム過激派との接触もある。オランダ情報安全局(AIVD)は「非常に不穏な事態」であるとし調査を進めていた。AIVDによれば、「指導者」は授業時間の半分をサラフィー主義の教義に費やしているという。

これに対し国家反テロ機関(NCTV)のアールベルスベルグ氏は、同校の授業で差し迫った危険はないという見解を発表。ただ、アムステルダム市がこれまで収集した情報をすべて公開し、両親が学校選択時にこの情報を参照できるようにすべきだとし、市もこれ従った。ムアマン議員は、「指導者らが辞職しない限り市からの助成金は出さない。」と過激派指導者の辞職を迫っている。

これに対しイスラム教育協会(SIO)の会長は、全くナンセンスだと市の決定に異議を唱えている。2017年に開校されたこの学校はアムステルダムで唯一のイスラム系中高等学校だが、当時市当局と教育省は、設立者が教育経験がないこととサラフィー主義に心頭していることから、開校に反対していた。しかし「教育の自由」という根拠から開校が実現されている。生徒たちが過激派の教育の影響を受けていることが明白だというのに、法により市も国も学校の閉鎖をすることができないことに苛立ちを隠せない。(参照記事:3月18日付けVolkskrant)

関連記事

オランダの市町村、テロ防止のためにイスラム過激派をマーク
地方自治体と安全保障当局はオランダに住む約160人のイスラム過激派を監視している。フォルクスクラント紙によれば、中でもアムステルダムでは59人、ハーグでも数10人そしてロッテルダムの38人がマークされているという。

これはテロ防止のために過激化する個人を監視し追跡するPGAと呼ばれる仕組みだ。地方自治体は2015年より司法安全省から毎年600万ユーロの予算が与えられこの監視を行っている。とくにシリアへジハードとして出向きその後オランダに帰還してきた若者がこのPGAの管下にある。またこれからシリアに向かおうとしている青年やイスラム過激派の思想を持つ者もマークされている。PGAはイスラム過激派だけでなく、極右や極左にも同様な追跡を行っている。

10月27日にアーネムなどで7名がテロ容疑で逮捕された事件で、この監視・追跡システムの存在が明るみに出た。アーネム市長は、この監視のおかげでテロを未遂に防ぐことができたと述べている。シリアへ出向いたり帰還者の数が最も多いハーグ、アムステルダム、ユトレヒト、ロッテルダム、デルフト、ズーテルメールそしてハウダ市が、この過激派監視予算の大半を受け取っている。

ベルギー、アントワープでイスラム過激派「サラフィー主義者」幹部逮捕
ベルギーの新聞「ガゼット・ファン・アントワーペン」によれば、ベルギー警察はサラフィー主義団体「ザ・ウェイ・オブ・ライフ(The Way of Life)」のリーダー格4人を逮捕した。「ザ・ウェイ・オブ・ライフ」はベルギーでテロ・グループと指定されている「シャリア4ベルギー(Sharia4Belgium)」の後継者と見られている。同新聞によれば、「ザ・ウェイ・オブ・ライフ」はサラフィー主義とジハード主義を掲げる団体で、ベルギー当局が「シャリア4ベルギー」の一掃作戦を行ったあとに生まれた団体。想定数百人の過激イスラム教徒が支持しており、若者をシリアでの戦闘へ送っていると見られている。ベルギーにおけるこのグループのような過激派団体は、社会で受け入れられないと感じている多くのイスラム教徒の支持を集めている。とくに昨年ベルギー東部のハメ(Hamme)で起きたトルコ人少年(17)への釘つきバットでの奇襲事件後、若いイスラム教徒の不満が募っている。

ベルギーでのテロ警戒度はいまだに最高レベル。テロ防止のための警備体制も厳重である。政府の発表によれば、現在閉校措置がとられているブラッセルの学校と閉鎖中の地下鉄は水曜日から少しずつ再開する予定である。

広域情報「イスラム過激派組織のISIL(イラク・レバントのイスラム国)による日本人と見られる人物の殺害を受けた注意喚起」の発出
在留邦人の皆様へ(広域情報「イスラム過激派組織のISIL(イラク・レバントのイスラム国)による日本人と見られる人物の殺害を受けた注意喚起」の発出)

1日,外務省は広域情報「イスラム過激派組織のISIL(イラク・レバントのイスラム国)による日本人と見られる人物の殺害を受けた注意喚起」を発出しました。
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo.asp?infocode=2015C027
詳細は以下のとおりです。

1.2月1日(日本時間),イスラム過激派組織のISIL(イラク・レバントのイスラム国)を名乗る人物が,シリアで行方不明となっていた湯川遥菜氏に引き続き,後藤健二氏と見られる人物を殺害した映像がインターネット上で配信されました。

2.この事件は各国のメディアでも多く取り上げられており,国際的に非常に注目を集めている事件であることや,最近はISIL又はISILの主張に賛同しているとみられる者によるテロが世界各地で発生していること等を踏まえれば,日本人,日本企業,及び,日本人学校等の我が国の関係機関や組織がテロを含む様々な事件に巻き込まれる危険があります。

3.つきましては、上記のような情勢を十分認識し、誘拐、脅迫、テロ等の不測の事態に巻き込まれることのないよう、各地域の特徴を踏まえた上で、外務省が発出する渡航情報等及び報道等により最新の治安・テロ情勢等の関連情報の入手に努め、日頃から危機管理意識を持つとともに、状況に応じて適切な安全対策が講じられるよう心掛けてください。

4.特に,シリア,イラクのみならず,退避勧告が出されている国や地域に滞在中の方は,直ちに国外等の安全な地域へ退避するよう強く勧告します。

(問い合わせ先)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902、2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3680
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2306
○外務省 海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)


****************************************

            発行 : 在オランダ大使館
            info@hg.mofa.go.jp
            http://www.nl.emb-japan.go.jp/indexj.html

広域情報「イスラム過激派組織による脅迫メッセージ発出に伴う注意喚起」の発出
24日,外務省は広域情報「イスラム過激派組織による脅迫メッセージ発出に伴う注意喚起」を発出しました。内容は以下のとおりです。
http://www.deliver.emb-japan.go.jp/c?c=264&m=1921&v=cf6b257b

1 22日(日本時間),シリア・イラクにおいて活動するイスラム過激派武装組織イラクとレバントのイスラム国(ISIL)は,米国を始めとする「連合」によるISILへの攻撃を批判するとともに,欧州,米国,豪州,カナダ,モロッコ,アルジェリア,ホラサーン(注:アフガニスタン等の地域の旧称),コーカサス,イラン等世界の(スンニ派)イスラム教徒に対し,米国,フランス,オーストラリア,カナダ等の対ISIL連合諸国の国民(軍人,民間人問わず)を攻撃するよう扇動する声明を発出しました。

2 また,上記声明の後,アルジェリアでは,ISILへの支持を表明しているイスラム過激派武装組織が,拉致したフランス人の解放と引き替えにISILに対する軍事作戦を停止するよう,仏政府に要求しました(9月24日付けスポット情報「アルジェリア:イスラム過激派武装組織による仏人誘拐事件の発生に関する注意喚起」参照)。更に,報道によれば,23日フィリピンにおいて,別のイスラム過激派武装組織が,身代金を支払うとともに米国への支援をやめなければ人質のドイツ人を殺害する旨,独政府に警告しました。

3 こうした中,アラブ5か国と共にシリア内のISIL等の拠点に対して空爆を開始した米国政府は,上記も踏まえ,在アルジェリア,ヨルダン,レバノンの自国民に対する注意喚起を発出しています。

4 ついては,海外に渡航・滞在される方は,以上の状況に十分注意し,テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。公共の場所に滞在する際や交通機関利用時には周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意を払ってください。

5 テロ対策に関しては、以下も併せて御参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(http://www.deliver.emb-japan.go.jp/c?c=265&m=1921&v=4e4e405c に掲載。)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)3100

○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2306

○外務省 海外安全ホームページ
: http://www.deliver.emb-japan.go.jp/c?c=266&m=1921&v=1650e974
: http://www.deliver.emb-japan.go.jp/c?c=267&m=1921&v=97758c53 (携帯版)

オランダ人イスラム過激派、ブラッセルのEU本部爆破計画で逮捕
ハーグ出身のモロッコ系イスラム過激派でブラッセルにあるEU本部を爆破計画を立てていたとして8月に逮捕されていた2人(33歳と28歳のカップル)は、自宅に爆破物を隠し、他のメンバーにも爆弾の作り方を教えていたとベルギーの新聞「Het Laaste Nieuws」が報道した。容疑者2人は1年半前にハーグのスヒルダースワイクからブラッセルに拠点を移していた。ハーグの住居は警察署の前にあり、いまだにこの2人の名前が表札に出ている。
隣人によればこの2人が引っ越ししてからも、長いひげをはやした過激派らしいモロッコ系の家族などが出入りしているという。

2人は8月の第一週にトルコからブラッセルの空港に到着した際に逮捕されているが、トルコ経由でシリアに滞在していたものと見られている。逮捕時にはハーグでの家宅捜査でコンピュータとジハードに関する資料などが押収されている。同時にブラッセルの拠点では複数の銃や防弾ベストなどが見つかっている。

2人はEU本部の爆破計画だけでなくテロリストのグループ分け、銃剣保持法違反、テロへの資金供与などの容疑で逮捕されている。ベルギー紙によれば、ベルギー警察はここ数週間の間にテロの容疑者やISISに関与していたと見られるシリアから帰還者を逮捕している。

採点ミスで小学校最終学年生徒、間違った進路アドバイスを受ける

反移民・反EUのFvD党ボーデット議員、今度は女性蔑視

履歴書や面接なしで就職、オランダでも始まる

ユーロビジョン・ソングコンテストでオランダ優勝、44年ぶり

アヤックス(サッカー)とダンカン(音楽)で湧いた1日

オランダ情報機関、ファーウェイ社によるサイバースパイ行為を調査

春から夏にかけてのオランダ、アンティーク・マーケット

ローリング・キッチン(5月29日から6月2日)

車両放火が増加

オランダ、空前の人手不足、求人数過去最大に