ニュース

オランダでもボーイング737MAXの飛行禁止
エチオピアで起きた米ボーイングの最新鋭機「737MAX」の墜落事故に関連して、同型機の運航を停止する動きが世界各国に広がっている。オランダを含むヨーロッパでも例外ではなく、欧州航空安全機関(EASA)の指令を受け欧州各国が12日の午後20:00から自国の領空での飛行を禁止した。

10日ボーイング737MAX8の機体を使ったエチオピア航空が墜落し157名の乗客と乗員が死亡した。昨年同じ機種がインドネシアで墜落、189名の命を奪っている。EASAは、この2つの事故の原因が機体にあるとはまだ判定されていないが、事故の原因が究明されるまで欧州上空での安全確保のため飛行を禁止すると発表している。

オランダでボーイング737MAX8を使用している航空会社は「オランダTUI」のみ。「TUI」はドイツの企業だが、「オランダTUI」でも現在3機を所有している。このうち火曜日にオランダに向かった2機は、オランダ上空領域に入れなくなったため南ヨーロッパの出発地に戻ることになった。乗客はそこで別の機体を待ちオランダに戻るという。

ボーイング737MAX8の飛行禁止令を出したのは、欧州ではイギリス、フランス、ドイツ、トルコ。マレーシア、オーストラリア、中国、インドネシア、シンガポールのアジア諸国でも飛行禁止は決定している。ただ、FAA米国連邦航空局は12日、同局の調査では737MAXの性能に関する問題は認められなかったと発表、同機の飛行は続いている。

関連記事

KLM・エアフランス機, ウクライナ上空墜落後も戦争地帯を飛行
昨年7月17日、オランダのスキポール空港を出発したクアラルンプル行きマレーシア航空機MH17が、ウクライナ上空でミサイル攻撃を受け、乗客298人全員が死亡する事故が起きた。乗客の大半はオランダ人であった。当時ウクライナは親ロシア派武装勢力がウクライナ軍と戦闘中であった。この事故後、KLM・エアフランスは、戦闘地域の上空を避けるか、十分高度を上げて飛ぶという決定をしていた。ところがKLM・エアフランスはアフリカのマリ、南スーダン、シナイ半島などの戦争地域上空をいまだに飛行しているとオランダの国営放送NOSが発表した。

NOSの調査によれば、KLM・エアフランス機だけでなく、ルフトハンザ、BAも戦争地帯上空を飛んでいる。KLMはこの調査報告を否定していたが、今回初めて戦争地帯の上空は安全が保てる高度で飛行していることを認めた。
マレーシア機墜落後、安全対策機関であるCTIVDはプラステルク内務大臣およびヘニス防衛大臣から墜落の原因などを究明するよう指示を受けていた。墜落の原因は、新ロシア派武装勢力のミサイル攻撃による撃墜という見方が強いが、いまだに結論は出ていない。

ユトレヒトのドム塔の無人飛行機による撮影に罰金
イエルト・キュア(32)氏は霧の中に立つうっとりするような幻想的なユトレヒトのドム塔のビデオを撮るのに成功した。キュア氏は何ヶ月も気象状況を観察しこの日が来るのを待っていた。そして4日前にやっとその時が来たと直感し朝9時に自転車に飛び乗り無人飛行機を飛ばしに行った。無人飛行機で撮影した美しい情景は火曜日にYoutubeにアップされたとたんに人気を集め現在300,000ビューを記録している。「子供のときから雲の中に隠れているドム塔に魅せられていた。この様子は塔の屋根の上から見れるのだが、これを無人飛行機で撮影するのが夢だった。」とキュア氏は語っている。

ところが、キュア氏は8000ユーロの罰金に直面することになるかもしれない。無人飛行機での撮影は許可がいる。どこでも飛行機を飛ばして撮影していいわけではなかった。罰金を課すかどうかを決めるのは航空警察。ユトレヒト市は映像があまりにも美しいという理由で今回は罰金はなしだという。

オランダ最初の宇宙飛行士逝去、地球を守るメッセージ
オランダ最初の宇宙飛行士であるウボ・オッケルス氏は日曜日68歳で亡くなった。物理学と数学の学位を持つオッケルス氏は最初フローニンゲンにある核物理加速研究所で働いていたが、1977年に欧州宇宙局の宇宙飛行士となった。

宇宙飛行士のキャリアの後、オッケルス氏は地球環境を守るというミッションを自分に課し、デルフト工科大学にて持続可能なテクノロジーに貢献した宇宙工学部の教授となった。
同氏が最後に書いた手紙がAD紙に掲載されたが、その中で「偉大なる人間の世紀を迎えている今、地球を破壊するのを止めねばならない。」と警鐘を発している。産業革命は人間性を無視し自然を破壊してきた。人間はこの考え方を改めるべきだと述べている。

ルッテオランダ首相はオッケルスの死を「イノベーションそして持続可能な考え方をするパイオニアを失った。」と追悼を献じた。

採点ミスで小学校最終学年生徒、間違った進路アドバイスを受ける

反移民・反EUのFvD党ボーデット議員、今度は女性蔑視

履歴書や面接なしで就職、オランダでも始まる

ユーロビジョン・ソングコンテストでオランダ優勝、44年ぶり

アヤックス(サッカー)とダンカン(音楽)で湧いた1日

オランダ情報機関、ファーウェイ社によるサイバースパイ行為を調査

春から夏にかけてのオランダ、アンティーク・マーケット

ローリング・キッチン(5月29日から6月2日)

車両放火が増加

オランダ、空前の人手不足、求人数過去最大に