ニュース

イギリスに貸与しているゴッホ作品、ブレグジット後に関税なしで戻せるのか?
ロンドンのテート美術館では「ゴッホとイギリス」と称したゴッホ展を開催している。イギリス滞在中にゴッホが受けたアーティストそしてゴッホから影響を受けたフランシス・ベーコンなどの作品とともにゴッホの作品を50以上展示している。作品はアムステルダムのゴッホ美術館、クレラー・ミュラー美術館、パリのオルセー美術館などから集められた名作ばかり。今ロンドンでは大人気の展覧会である。

先週展覧会が開催される直前にイギリスのジャーナリストであるジョン・スノウ氏はショッキングなニュースを公開した。EUの美術館はイギリスに(展覧会用に)貸与している作品がブレグジット後に戻ってくるのが困難だと心配。オランダ政府は作品をウィーン公約に基づいた外交郵便で送り、帰還の際にも外国郵便を使い関税や検査を免れようとしているというのだ。たしかに展覧会の終わる8月11日にはすでにブレグジットは終了しているはずで、イギリスはEU外となりこれまでと違いモノの動きには複雑な手続きや税金がかかる。

しかし、ロンドンのオランダ大使館によればこのスノウ氏の話は嘘だという。美術館が懸念しているというのは確かであるが、外交郵便云々の話は正しくない。EUの規則によれば第3国からEUに入ってくる名画(マスターピース)には輸入関税やVATはかからない。逆もしかりである。今、オランダやフランスから米国や日本へ展覧会のために送っている作品には課税対象にはなっていないのと同様、イギリスからゴッホ作品が戻ってきても税金は課せられないはずだというのだ。さらに3月11日にEUは
合意なきブレグジットの際の関税に関する書簡を発表した。この中で、イギリス内に明らかに一時的に滞在するモノに関してはEU内に戻ってくる際には税金はかからない旨が述べられている。ゴッホ作品に対し付加価値税がかかるとしたら巨額な金額になる。この書簡の発表でオランダの美術館は安堵している。

関連記事

ホックニー展「The Joy of Nature」ゴッホ美術館で3月1日から5月26日
世界的に有名な画家デビッド・ホックニーのヨークシャー時代の作品がアムステルダムのゴッホ美術館で展示される。「The Joy of Nature」と名付けられたこの展覧会は、オランダでは初めての展示である。ホックニーがいかにゴッホの絵に影響されたかがよくわかる作品が、ゴッホの絵とともに展示されるという面白い試みである。92のパーツからなる幅9メートル、高さ3.66メートルの「ウォルドゲート、春の訪れ」という巨大な作品やiPadで制作した作品など、21世紀に入ってから制作した作品が中心である。「世界は色に満ちている。美しいと思う。自然は偉大だ。ゴッホは自然を礼拝した。彼は惨めだったかもしれないけれど、それは作品には出てこない。気持ちが沈むこともあるけれど、世界を見て楽しまなくては。」とホックニーは語っている。

日時:3月1日から5月26日
場所:アムステルダム・ゴッホ美術館

ファン・ゴッホと日本展 (3月23日ー6月24日)
日本に憧れていたゴッホは、日本の芸術について読みあさり、浮世絵を集め模写し、日本の美についてアーティスト仲間と討論を戦わしていたことは有名である。

3月からアムステルダムのゴッホ美術館で開催される展覧会「ゴッホと日本」は、ゴッホがどのように日本の芸術に影響を受けたかを見せるものである。同時代のアーティストであるベルナールやゴーギャンとはそこで一線を画そうという試みがあったようだ。ゴッホが蒐集した浮世絵も展示される。この展覧会は2017年に札幌、東京、そして京都にて巡回展を行っている。

日時:2018年3月23日から6月24日
場所:アムステルダム・ゴッホ美術館

「ゴッホと日本」展、オランダでも来年開催
現在日本で、「巡りゆく日本の夢」と題されたゴッホ展が開催されている。これに続き日本文化に影響を受けたゴッホの作品展は来年オランダでも開催されることが決定した。ゴッホは生前600枚近くの浮世絵を集め、これに大きな影響を受けたことは知られている。今回開催予定の展覧会では、ゴッホ美術館だけでなく世界中のコレクションから珍しい昨品を借り受けることになる。例えばロンドンのコートールド・ギャラリーに所蔵されている「耳を包帯で隠した自画像」などは1930年以来オランダで展示されるのは初めてとなる。さらにハーバード大学美術館にある自画像や、ルーラン夫人の肖像など、ゴッホ美術館では通常展示されていない著名な昨品が一堂に会する。このほかゴッホが蒐集した浮世絵の一部も閲覧できる。

「巡りゆく日本の夢ーゴッホと日本」展は、日本では2017年8月26日の北海道近代美術館での開催を皮切りに、10月28日から東京都美術館そして京都近代美術館での開催が予定されている。オランダでは2018年3月23日から6月24日までアムステルダムのゴッホ美術館での開催が決まっている。
10月3日(金)にはNHKで「ゴッホは日本の夢を見た」と題した番組が放送される。

ゴッホ美術館、中国でのベンチャーで200万ユーロ損失
2015年はゴッホ没後125年。この年から今年にかけて日本でもゴッホ展が連続して開催されている。(今年はゴッホと日本というテーマ)ゴッホの人気は日本だけでなく中国でも上昇中だ。アムステルダムのゴッホ美術館はこれに注目し、2016年に北京で「ミート・ビンセント・エクスペリエンス(Meet Vincent van Gogh Experience)」という3D展示会を開催した。しかし、このマルチメディア展覧会で美術館は200万ユーロ(約3億円)という損失を出している。

実際の作品を中国に運ばずにマルチメディアと3Dを駆使して作品を紹介するという試みは、多くの中国人にゴッホ作品を楽しんでもらいたいという意図があった。当初は中国全土を巡回する予定であったがテロなどの懸念からこれが中止されている。さらに、オランダ政府の文化予算が削減されるなか、美術館が独自にお金を稼がねばならないという使命からもこのマルチメディア展が企画されたという。この展覧会は、「テーマパーク・娯楽業界での最高の業績」として賞を受けていると同美術館。

ゴッホ美術館の財務担当ディレクターであるデンゼルマン氏によれば、中国側の主催者は熱心だったが、十分な観客動員ができなかったという。「中国市場での(ゴッホ)マーケティングを過大評価していたのが敗因だった。」と分析している。中国でのゴッホ熱は日本ほど高くなかったようだ。

この結果中国でのこのマルチメディア・ゴッホ展は中止することになった。しかしゴッホ美術館の監査取締役会はこのプロジェクトを高く評価し、中国以外の場所で開催する可能性を探っている。
さてこの200万ユーロの損失だが、ゴッホ美術館にとってはそれほどの痛い損失ではなかったようだ。2016年には過去最高の210万人がアムステルダムのゴッホ美術館を訪れており、中国でのベンチャーによる損失をいれても410万ユーロの利益を計上している。

2002年に盗まれたゴッホの絵画2点、オランダに戻る
2002年にアムステルダムのゴッホ美術館から盗まれたゴッホの絵画2点が21日美術館に戻され、22日から一般公開される。美術館に戻ってきた昨品は、スヘフェーニンゲンの海の眺め」(1882年)と「ヌエネンの教会から出る人々」(1884~85年)。額縁が外されており、一部に損傷がみられるものの、保存状態は概ね良好という。長い間行方がわからなかったが、昨年の9月にイタリアのナポリでマフィアの組織リーダーの自宅で発見された。

ゴッホ美術館に侵入し絵を盗んだ犯人2人は逮捕され服役したが、そのときに絵はすでに売られており行方不明となっていた。犯人のオクターフェ・ドゥルハムはすでに刑期を終え、ドキュメンタリー昨品制作に協力したりテレビのトークショーに出演し盗難の様子を語っている。本当は「ひまわり」や「じゃがいもを食う人々」といった有名昨品を盗みたかったのだが、大きすぎるし敷居が高すぎるという理由で、急遽変更したという。また美術館の外壁を登り中に侵入するのは簡単で、今現在でも警備の状態は不十分だとインタビューで語っている。
この2点は5月14日まで一般公開され、その後修復作業に入る。

イースターはスーパーマーケットとガーデンセンターの稼ぎ時

オランダのチューリップ畑トップ4

オランダの消費者物価値上昇率EU平均の2倍

蘭ING銀行、独コメルツ銀行と合併か?

アムステルダムの駐車料金大幅値上げ

オランダの世界最大半導体製造装置メーカーASMLに中国のスパイ

オランダ売春禁止請願に4万人が署名、性産業従事者の反対も

アムステルダム、スクーターの自転車道路通行禁止に

アムステルダム市、教師不足に難民を導入するプロジェクト開始

アムステルダム、新たにサッカー場70カ所分のオフィス建設計画