ニュース

アムステルダム、新たにサッカー場70カ所分のオフィス建設計画
アムステルダム市は今後の需要増加を予想し、約50万平米分のオフィス建設を計画している。サッカー場に例えれば70カ所分の広さである。

金融危機以降オフィスの需要は激減し住宅に改装されるビルも目立っていた。ところがここ数年好景気を反映し、空きオフィスが2015年の15%から8.8%へと減少、新築オフィスビルの建造も増えている。

アムステルダム市は今後建設される建物には、環境に優しいこと、ガスを使用しないこと、そして駐車スペースが十分であることを義務付ける。

市が誘致を狙っているのは、国際的な企業の欧州本社、クリエーティブビジネス、ハイテク企業などで、アムステルダム南部とバイルマー地区でのオフィス開設を奨励している。

イースターはスーパーマーケットとガーデンセンターの稼ぎ時

オランダのチューリップ畑トップ4

オランダの消費者物価値上昇率EU平均の2倍

蘭ING銀行、独コメルツ銀行と合併か?

アムステルダムの駐車料金大幅値上げ

オランダの世界最大半導体製造装置メーカーASMLに中国のスパイ

オランダ売春禁止請願に4万人が署名、性産業従事者の反対も

アムステルダム、スクーターの自転車道路通行禁止に

アムステルダム市、教師不足に難民を導入するプロジェクト開始

アムステルダム、新たにサッカー場70カ所分のオフィス建設計画