ニュース

アムステルダム市、教師不足に難民を導入するプロジェクト開始
アムステルダム市では、逼迫する教員不足に対応するためにシリアやトルコからの難民を教育するというプロジェクトを開始した。現在アムステルダムだけでなくオランダ全土で教師が不足しており、クラスをなくすという学校まで出てきている。候補者たちは近い将来に教師として働けるようオランダ語の集中習得コースを受けている。候補者10名はすべて高学歴の難民。教師不足には微々たる貢献だが、この実験的プロジェクトで将来的には難民を含む外国人の教員養成への足がかりを作るという。

このプロジェクトを行っているのは、アムステルダムのニューウエスト地区で16の小学校をまとめる機関と、教員養成機関。財政援助はアムステルダム市が行っている。候補者は3ヶ月間でオランダ語の習得とオランダの学校教育を学び、学校で実際にインターンとして働く。教員の養成とリクルートを担当するスプラウトさんによれば、オランダでも通用する教員資格を持つ人もいるくらいで教育自体には問題はないが、オランダ語がネックだという。最低でも外国語レベルB1を保持するのが条件だが、このレベルで小学校で教えるには無理がある。最初は教員アシスタントとして仕事を始めてもらうという。5年前にシリアから難民としてオランダにやってきた女性は教師だったが、今はモンテソーリスクールでアシスタントとして働いている。近い将来には正式な教師になると意気込みを見せている。

教師不足は小学校だけでない。中高等学校でも同じ問題をかかえている。数学、物理、化学といった専門を教えることができる高学歴の難民は多く、オランダ語を習得すれば教壇に立つことができる。ただ年齢が30−40代と言語習得には難しいという問題も残る。

関連記事

オランダ人の大半が難民受け入れに賛成
オランダ中央統計局(CBS)の調査によれば77%のオランダ人は難民を受け入れるべきだと考えているいる。ただし戦争で国を逃れることを余儀なくされた難民の受け入れるのには賛成だが、経済的な理由でオランダに移民するいわゆる経済難民には懐疑的で、オランダに住み仕事をすることに抵抗がある人が多い。
一方難民はオランダの安全体制を脅かすと考えている人も22%いる。難民や移民がオランダの価値基準を変えてしまうことを恐れている人も27%いる。難民に抵抗を示すのは男性や低学歴の人に多く、女性や高学歴者は受け入れに積極的だ。後者には移民がオランダの文化に良い影響を与えると考えている人が多い。

自分の住む地域に難民センターが建設されることを問題ないとしている人は36%だが、24%の人は犯罪などを心配しこれに及び腰だ。難民センター建設に反対しない人も、大きすぎず、男性だけではなく、学校から離れていて十分な警備体制があるなどを条件にしている。

アムステルダム、元刑務所で難民がホテルを運営
アムステルダム南東部にあるベイルマーバイエスと呼ばれる高層刑務所ビル群は、将来的には住宅に生まれ変わるが、それまでの間、難民たちが共同でホテル運営に乗り出している。このホテルを利用すれば罪を犯さなくても刑務所で寝泊まりをするのが可能だ。

このプロジェクトを始めたのはボランティア団体「ムーブメント・オン・ザ・グラウンド」基金。この団体がオランダに逃れてきた難民たちを指導しホテル運営を行えるよう助ける。
「難民としてオランダにやってきた人たちの問題は仕事が見つからないこと。仕事がないためになかなか社会になじめない。これを解決するために考えたのがこのホテル運営。」だと基金のディレクターであるニーナ・シュミッツさんは説明している。難民たちはホテル業のプロからトレーニングを受けている。「ムーブメント・ホテル」と名付けられたこの刑務所ホテルは定員2人の部屋16室からなるが、すでに予約でいっぱいだという。とくに刑務所での生活を体験したいというアムステルダム住民が予約しているらしい。

刑務所群ベイルマーバイエスは昨年7月に閉鎖されたが、現在では70の企業やプロジェクトが入居している。さらに難民センターもこの建物群の一部に設置された。このポップアップホテルは今年末までは開業しているが、その後はまだ不明だ。新しい住宅計画が実行に移されると、このホテルや現在入居している企業もここを去ることになる。

本当の難民以外の「安全な国からの難民希望者」に犯罪者
難民申請者に犯罪者が混ざっているという懸念がオランダの国民の間で広まっている。警察の調査によれば、これらの犯罪者のほとんどが「安全な国」から難民を装いオランダに入国したものであることが判明した。ただこれらの犯罪者を国外追放するのも難しいというと、テレグラーフ紙は報道している。

2016年の最初の9ヶ月間で、難民申請者のうち707名が犯罪容疑者として警察に報告されている。このうち460名は、アルバニア、グルジア、モロッコ、アルジェリア、リビアといった戦争や紛争地ではない国から来ている。
犯罪者の多くは窃盗、脅迫、公共物破壊など犯罪歴がある。中にはすでに13回も逮捕歴がある容疑者もいた。

通常、難民センターに入り移民局INDの審査を受けるまでに数ヶ月かかるのだが、犯罪者たちはその期間を宿泊場所として利用している。オランダだけでなく欧州中の難民センターを巡り、難民センターから追放されるとまた次のセンターへと放浪していると、警察。警察は犯罪者を追放するがオランダで犯罪を犯していない場合には逮捕することができないという不満をかかえている。

オランダで難民申請のシリア人のほとんどが住居を得る
2014年から2016年の半ばにかけてオランダに入国したシリアからの難民のほぼ全員が住居を支給されている。中央統計局の調査によればこの期間に9万2千人の難民申請者がオランダに入国している。このうちシリアからの難民は4万6千人そしてエリトレアからが1万3千人となっている。難民申請者はまずCOAと呼ばれる難民センターに収容される。その後滞在許可が下りた人はオランダ各市町村が提供する住居(既存の住宅やオフィスなどを改造した住宅)に移ることができる。現在ではシリア難民申請者の94%が滞在許可を得、90%が自分の住居を得ている。

これに対しエリトレア出身者は住居の獲得が難しい。2014年には3900人のエリトレア難民がいたが、このうち住居を得た人は75%のみ。CBSによれば独身用の住宅提供が難しいため、独身者の多いエリトレア人は比較的長いこと待たねばならないという。

シリア難民はオランダで滞在許可を得たあと1年後に家族を呼び寄せている。これによりシリア人難民数は当初の倍に膨れ上がっている。滞在許可を得た難民は住居のほかに生活保護費も支給されている。まだ滞在年が短いため仕事を得た人は5%にすぎないが、このほとんどがオランダ語を習得している。難民のほとんどはオランダでの活路を探すため、言語の習得に励んでいる。

ハーグ市役所、50名の難民を雇用
ハーグ市役所は50名の難民を雇用することを決定した。市は民間企業もこれに倣うことを期待している。難民申請を受理されて滞在許可を得た人たちが、職務経験を通しオランダ人社会に融合できるようにすることが目的だという。

移民担当のバルデウシング議員(労働党)は、教育程度に合わせた職務を提供し職務経験を積んでもらうと語っている。難民雇用のための予算は50万ユーロと見積もられる。市役所が用意している職務はあくまでも職務経験を積むものに限られており、給与も月額900ユーロと低い。職務はケータリングの補助からマネジメント・レベルまで履歴によって様々。
 
この決定に対し、極右PVV党の議員は「クレージーな政策だ」とコメント。「住居を提供した上、仕事まで。次は何が来るんだ。」と不快感を表している。
難民として入国し滞在許可を得た人のほとんどが生活保護を受けているのが現状だ。ハーグ市は新しく住民となる難民ができるだけ速やかに仕事を見つけ、オランダ社会に融合することを方針としている。

オランダ固定・携帯電話3時間障害発生、緊急連絡番号も通じず混乱

オランダ、熱波による身体不調に注意

オランダ政府、自営業者の最低賃金を設定

アムステルダム領事出張サービス

マレーシア機MH17撃墜でロシア人ら4人を殺人容疑で訴追

フリースランドの精肉店、ギルダーで支払い可で大繁盛

アイントホーフェン工科大学、新規学術スタッフ女性のみを募集

オランダ食料品価格高騰、肉や魚は5%も

フランスの3星レストランでソムリエ、その後オランダの1星オーナーに

オランダの育児休暇、父親は希望だが会社に言えず