ニュース

オランダ売春禁止請願に4万人が署名、性産業従事者の反対も
オランダでキリスト教徒の若者を中心に「売春婦利用を違法とする」運動が起きている。売春に反対する「Exxpose」という団体がすでに40,000人から署名を集めている。「性をお金で買うのは搾取に他ならない。弱い立場にいる人たちを利用し無理強いしている。」と同団体。

これに対し性産業従事者であるイベット・ルールスさんは、売春を禁止する計画は「恐ろしい」と反対している。「Exxopose」が目指しているのは北欧形式で、売春婦を買うこと自体が犯罪となる。現在この北欧モデルはスエーデン、ノルウェーそしてフランスで適用されているが、イベットさんによれば売春婦を危険な立場に追いやるというのである。スエーデンではこの法律により「悪い」訪問者のみが残り売春婦に対する暴力沙汰などが増えた、とイベットさん。さらにフランスでは売春婦の間でのHIV感染が増えたという。またこれらの国での人身売買が減ったというデータもない。

国際的な人権団体であるヒューマン・ライツ・ウォッチも、この北欧モデルに反対している。売春をなくそうという心構えは悪いとは言わないが、性産業従事者にとって否定的な側面が多すぎだと同団体。「暴力沙汰が増え、安全な場所での仕事を見つけることや、警察に行くことも難しくなる。」と悪い面を強調している。同じく人権団体アムネスティ・インターナショナルも売春禁止に懐疑的である。売春による犯罪があることも確かだが、売春婦は合法化により恩恵を受けている点も否めない。問題があれば警察に駆け込むことも簡単だし、暴力や人身売買も防ぐことが可能だ。

オランダでの売春は市町村レベルで規制が行われている。飾り窓などで自営するのを認める市もあれば、これを禁止する市もある。共通しているのは、売春婦はEU加盟国出身の18歳以上で居住許可を持つ人に限るというもの。アムステルダム市ではこれが21歳以上と規制されている。売春婦が規定年齢に達していれば訪問者に対する罰則はない。

関連記事

アムステルダムの「飾り窓廃止反対」売春婦デモ
アムステルダム市が計画してるいわゆる「飾り窓」(売春婦が窓の中で売春を行う場所)の閉鎖に反対し、木曜日夜数百人の売春婦や支援者がこれに反対するデモ行進を行った。飾り窓が立ち並ぶレッド・ライト地区にある旧教会広場から市役所まで行進し、ファン・デル・ラーン市長に閉鎖計画中止を請願した。売春婦の多くはプライバシー保護のため仮面をかぶってデモに参加している。

「プロジェクト1012」と呼ばれるこの飾り窓閉鎖計画は、売春にまつわる犯罪や人身売買などをなくすのが目的だという。オランダでは売春は合法で統制管理されている。アムステルダムでは500軒以上あった飾り窓のうちすでに115軒が閉鎖されブティックやギャラリーとトレンディな店に変わっている。計画では旧教会の周りにある80軒以上の飾り窓を閉鎖するという。今回のデモを組織した性産業従事者の利益を守る団体である「プラウド」は、閉鎖による売春婦失職を懸念し「閉鎖計画即刻廃止」を訴えている。

「性産業はオランダでは合法。売春婦も国で守られるべきで政治家には真摯に検討してほしい。我々の意見を全く聞かずに、社会ののけものとして扱われ飾り窓地域から追い出されてしまうのは許しがたい。」と代表者。請願書に対しアムステルダム市長(労働党)は、売春婦の仕事を自営業とみなし保険、ローン、デビットカード支払いなどの分野が扉を開放するよう働きかけていると前向きな姿勢を示している。

アムステルダム市当局、売春婦の自営を促す
アムステルダム市は売春婦の自営を推進する意向である。まず実現が可能かについて調査を行うが、同時に5軒の建物のオーナーになってくれる人あるいは企業を探している。オーナーはこの建物内で売春婦が自営で安心して業務を営むことを保障しなければならない。これにより売春婦が自活し独立できることを推進したいと市当局。
現在売春婦の多くがいわゆるポン引きや業者に搾取されているが、彼等を排除するというのがこの計画の目的でもある。売春業界を犯罪から遠ざけクリーンなものにし、売春婦の労働条件を改善する。市はここ数年売春業界における人身売買や搾取といった問題を解決することに取り組んできた。

また売春婦たち自身も自営を望んでいる人が多い。アムステルダムの福祉団体HVO-Queridoは、売春婦が自分の「飾り窓」を営業できるための準備を手助けするという。5つの建物はいわゆる飾り窓地区にあり、19ヶ所の「飾り窓」で50人の性産業従事者が働くことができる。5軒はかつて性産業界を仕切っていたシャールス・ヘールツが所有していたが、2007年に公営不動産会社が買い取っている。市は信頼できるオーナーを探しているが、これが見つからない場合には市当局がオーナーとなる可能性もある。

性産業従事者団体である「プラウド」はこの市の計画を歓迎しており、自営業になることで理想的な労働条件を獲得し地位向上につながると語っている。

オランダ固定・携帯電話3時間障害発生、緊急連絡番号も通じず混乱

オランダ、熱波による身体不調に注意

オランダ政府、自営業者の最低賃金を設定

アムステルダム領事出張サービス

マレーシア機MH17撃墜でロシア人ら4人を殺人容疑で訴追

フリースランドの精肉店、ギルダーで支払い可で大繁盛

アイントホーフェン工科大学、新規学術スタッフ女性のみを募集

オランダ食料品価格高騰、肉や魚は5%も

フランスの3星レストランでソムリエ、その後オランダの1星オーナーに

オランダの育児休暇、父親は希望だが会社に言えず