ニュース

オランダの世界最大半導体製造装置メーカーASMLに中国のスパイ
オランダの経済紙フィナンシエール・ダハブラット(Het Finacieele Dagblad、FD)が報じたニュースによれば、世界最大の半導体製造装置メーカーであるASMLで複数の中国人従業員が大規模な機密情報を盗んだという。容疑者らは同社でも上級職についていたが、調査によれば中国の科学技術省とのつながりがあった模様。

被害総額は数億ユーロと見られ、オランダ企業での機密漏洩では史上最大規模。企業秘密を盗んだと見られる中国人はアメリカのサンホセにある同社の拠点を通し数年にわたり内部ネットワークに侵入していた。ソースコード、ソフトウェア、価格戦略、マニュアルなどを盗み取っていたと見られる。

スパイ行為は2014年に設立されたASMLの競合であるXTAL社が指示したという。XTAL社はASMLで働いていた中国人従業員が設立したもの。XTAL社は盗んだ情報を利用し、驚くべき速さで市場を広げただけでなく、サムソンなどのASMLの顧客をとっていった。

カリフォルニアの裁判所は2018年にXTAL社に対し2億2300万ドルの罰金を課している。FD紙によれば、この事件には中国政府が間接的にからんでいるという。

ASMLは、オランダ南部・フェルトホーフェンに本部を置く半導体製造装置メーカーである。半導体露光装置を販売する世界最大の会社で、16ヶ国に60以上の拠点を有し、世界中の主な半導体メーカーの80%以上がASMLの顧客である。

オランダ固定・携帯電話3時間障害発生、緊急連絡番号も通じず混乱

オランダ、熱波による身体不調に注意

オランダ政府、自営業者の最低賃金を設定

アムステルダム領事出張サービス

マレーシア機MH17撃墜でロシア人ら4人を殺人容疑で訴追

フリースランドの精肉店、ギルダーで支払い可で大繁盛

アイントホーフェン工科大学、新規学術スタッフ女性のみを募集

オランダ食料品価格高騰、肉や魚は5%も

フランスの3星レストランでソムリエ、その後オランダの1星オーナーに

オランダの育児休暇、父親は希望だが会社に言えず