ニュース

オランダ、空前の人手不足、求人数過去最大に
オランダでは好況を反映し人手不足が続いているが、2019年の第1四半期にはこれが頂点に達した。中央統計局の調査によれば、求人数は27万7千人と過去最大。とくに従業員数10人から100人の中小企業ではこれが深刻だ。求人が最も多いのは、介護、商業、飲食業である。雇用者側は従業員の獲得が難しく、これが経済成長を妨げる要因になるという懸念もある。

CBSによれば、雇用契約は最初は短期でその後無期限契約になるのが普通だが、従業員確保のために最初から無期限契約を提示するところも増えているという。しかしながら、不思議なことに人手不足や高成長経済にもかかわらずインフレ調整後の実質賃金は下がっている。

失業率も2008年の金融危機以来最低の水準に落ちている。失業率は5年前には7.8%だったのが現在では3.4%と下がっている。これにより長期間失業者も仕事が見つかっている。

関連記事

オランダの飲食店、人手不足で閉店に迫られる店も
従業員が見つからないために週に数日閉店したり、最悪の場合には完全に閉店を迫られる飲食店が続出している。アムステルダムのノーダーマルクトで地元民に親しまれ24年間営業を続けていたカフェ・フィンチも、人手が見つからず7月に閉店せざる得なくなった。オランダ飲食業組合(KHN)によれば、従業員不足は慢性的で常に1万人が不足しているという。店が繁盛しているのに閉店という現象はこのところよく見られる。好況とオランダに訪れたグルメブームで相次ぐ新規レストランの開店で、飲食店従業員需要は高まる一方。ここ5年間で飲食店従業員需要は35万人から45万人へと増加している。しかしながら、この需要をすべて満たすにはあまりにも人員不足である。とくに飲食業の教育を受けた人材が足りない。

飲食業のオーナー側も住宅や交通費の補助をするなど、質の高い従業員集めに必死である。通勤用にスクーターを支給するという店も珍しくないという。しかし、ときに週に80時間から90時間労働が要求されるこの業界で、質の高い人材を集めるのは並大抵ではなさそうだ。

オランダで開発された自動アスパラガス収穫装置で、人手不足解消
4月から6月にかけてオランダや周辺国では白アスパラガスの収穫の時期。土の上に盛られた砂からほんの少しだけ頭を出した時点で掘り起こすことが重要で、これが少しでも遅れると商品価値が40−50%近く下がる。このため、収穫時期になると大量に人手が必要となり、オランダのブラバンドやリンブルグの農家では主として東欧から季節労働者を雇っている。

オランダのハイテク・スタートアップ起業であるセレスコン(Cerescon)社は、収穫できるアスパラガスをセンサーで自動的に選択しこれを引き抜くという機械を開発、市場に紹介した。この機械一台で60人から70人の人手を省くことができるので、オランダだけでなく白アスパラの産地であるドイツからも引き合いが殺到している。

以前はカメラでアスパラの頭が出たのを確認していたが、セレスコンの機械はセンサーで砂の中の成長具合をチェック、充分に成長したアスパラをロボットが掘り起こす。この機械が本格的に売り出されるのは2018年からで、価格は1台50万−60万ユーロ(6千万から7千万円)と予想される。それでも年々難しくなる従業員の雇用を考えればそれほど高いものではないという。なにしろロボットは24時間働き続ける。開発したフェルメール氏によれば、アスパラだけでなく、トマトやマッシュルームそしてパプリカなどの収穫にも活用できるという。

28日(火)オランダ全土で公共交通24時間スト

アムステルダム、オープン・ガーデン

欧州議会選挙、オランダでは労働党が圧勝

欧州議会選挙、オランダは先陣を切って23日投票に

採点ミスで小学校最終学年生徒、間違った進路アドバイスを受ける

反移民・反EUのFvD党ボーデット議員、今度は女性蔑視

履歴書や面接なしで就職、オランダでも始まる

ユーロビジョン・ソングコンテストでオランダ優勝、44年ぶり

アヤックス(サッカー)とダンカン(音楽)で湧いた1日

オランダ情報機関、ファーウェイ社によるサイバースパイ行為を調査