ニュース

オランダ、空前の人手不足、求人数過去最大に
オランダでは好況を反映し人手不足が続いているが、2019年の第1四半期にはこれが頂点に達した。中央統計局の調査によれば、求人数は27万7千人と過去最大。とくに従業員数10人から100人の中小企業ではこれが深刻だ。求人が最も多いのは、介護、商業、飲食業である。雇用者側は従業員の獲得が難しく、これが経済成長を妨げる要因になるという懸念もある。

CBSによれば、雇用契約は最初は短期でその後無期限契約になるのが普通だが、従業員確保のために最初から無期限契約を提示するところも増えているという。しかしながら、不思議なことに人手不足や高成長経済にもかかわらずインフレ調整後の実質賃金は下がっている。

失業率も2008年の金融危機以来最低の水準に落ちている。失業率は5年前には7.8%だったのが現在では3.4%と下がっている。これにより長期間失業者も仕事が見つかっている。


関連記事

人手不足でアムステルダムの病院の一部閉鎖に
アムステルダム東部の総合病院OLVGは、年内に循環器科と癌科の看護病棟を閉鎖する。専門の看護師が不足しているのが理由だ。12月にはもう手が回らない状態にあると同病院。12月1日から循環器とガン患者の看護病棟では新規患者は受け付けない方針である。12月11日には同科の患者と従業員は同じOLVGのアムステルダム西部に移転する。看護担当人員の不足で、アムステルダムの東と西に同じ病棟があることで、運営がきびしくなっている。このため、すべてアムステルダム西のOLVGに移転させるという。移動するのは看護病棟のみで、同じ科の日帰り入院や治療はこれまでどおり東OLVGにとどまる。

同病院によれば、ここ数ヶ月のうちにこれらの病気に特化した専門看護師が5人も退職しており、12月には入院患者を受け付けられなくなったと同病院。
看護師不足はオランダでも深刻な問題となっている。医療介護分野での求人は1年で12%上昇し、今年の第3四半期には30491名。特に、専門分野での人手不足は深刻で8人の募集に1人の応募といった状態である。

こういった状態で、病院では一部閉鎖に追い込まれる場合もある。昨年にはフローニンゲン大学病院の29ある手術室のうち4室は閉鎖となった。アーネムの病院でも救急部門が閉鎖に追い込まれ、ハーグのブロノボ病院は人手不足より病院自体が閉鎖となっている。

アムステルダムの病院での人手不足にさらなる足かせとなっているのは、住宅不足だ。家賃や不動産価格の高騰で、病院の従業員がアムステルダムに住めなくなっている。
専門の看護師を確保するためにボーナスを支給する病院もある。フローニンゲン大学病院では、手術室専門の看護師には3年継続勤務で5000ユーロの特別ボーナスを払っている。アムステルダムのアントニ・ファン・レウウェンフック病院では給与を10%値上げしている。

オランダの人手不足、今度はバス運転手にスペイン人
オランダの人手不足はとどまるところを知らない。アムステルダムのカフェや店舗ではオランダ語を話さない店員も多く、会話は英語だ。そして人手不足は飲食業だけでなくバス会社にも波及。運転手を海外から募集しようとバス会社コネクシオン(Connexxion)は夏季に試験的に外国人運転手を雇ってみた。「オランダ人の運転手がスペインに休暇に行っている間にスペイン人の運転手がスペインから働きに来るというのも面白いでしょう?」と同社担当者。今年は24名のスペイン人運転手が来て、4人がバス300番(ハーレム・スキポール空港・アムステルダム)を運転している。

コネクシオンのバスの運転手になるには、D種運転免許を所持するほか、英語が話せること、高卒以上、1年以上の経験があることが必要だ。今年の3月にスペインのバレンシアで試験があり、これに受かった人がオランダにやってきた。

この試みの反応は?バス300番は空港を通るため外国人の乗客が多く、とくにオランダ語は必要ないらしい。スペイン語やアラビア語を話せる運転手がいると喜ぶ乗客もいる。運転手のほうも特にカルチャーショックも感じずにオランダに滞在しているという。なによりも、オランダでは労働協約が整っていることがスペイン人運転手にとっては魅力的なようだ。オランダでは農業分野でも、農繁期にスペインから働きに来る人も多い。


アムステルダム、人手不足で閉店を余儀なくされるレストランも
アムステルダムでは飲食店の増加と利用客の増加、そして深刻な人手不足で、昼間の営業をやめたり、週のうち数日を休業にしたり、完全に閉鎖するというレストランが出てきている。地元民や観光客でごったがえすアルバート・カイプ・マーケット通りにある大きなレストラン「バザール」も昼間の開店を諦めた。すでに5ヶ月間も求人を出していたが従業員が見つからなかったという。市の中心街ローキン通りにある「ブラッセリー・ベームス」も同じ理由から33年の歴史に幕を閉じることになった。24年間続いたヨルダーン地区のカフェ「フィンチ」も最近閉鎖を余儀なくされた。

飲食店の人手不足は昨今の飲食店数の増加と関係する。2014年には「Horeca」と一括りにされるホテル・レストラン・カフェの総数は4500店だったのが現在では6000店に増えている。観光客の増加にともない飲食店は大きな利を得てきたのも確かだ。しかし経営は人手不足が足かせとなり、困難な状態となっている。中央統計局によればアムステルダムでの飲食業に必要な従業員数は5年前は37,500人だったのが、33%も増加して現在は50,000人。さらに、好景気で求職者も飲食業以外に簡単に職が見つかるようになったため労働条件の好ましくない業種には行かなくなった。

オランダ飲食業協会会長のエフェルス氏によれば、オランダの飲食業界で働く人は学生のアルバイトが多く離職率も高い。これに対しオランダ以外の国ではプロとして働く人が多いので供給も安定しているという。アルバイトを長期間確保するには、使い捨てという考えを改め、彼らの要求に耳を貸すことから始めなければならないと同氏。

アムステルダム市内だけで飲食店のサービス要員には現在510件の求人があるが全部が埋まる可能性は低い。そのためオランダ語ができない外国人や高校生なども率先して雇用するところが増えている。給与を上げたり、個人事業主を雇うなどの工夫も必要だという。

飲食店の深刻な人手不足を傍目に、このレストランは従業員のウェイティングリスト
オランダの好景気を反映し、どのレストランやカフェも深刻な人手不足に悩んでいる。ところがユトレヒト近郊のアハターフェルド村の食事ができるカフェ(Eetcafe)「ヘッセンカー(Hessenkar)」では働きたい人のウェイティングリストができるほどの人気である。

オランダの飲食業界は成長し続け、毎年3.5%も必要従業員数が増加している。この増加数はオランダ全体の業種の0.6%をはるかに上回っている。レストランやカフェに行っても「従業員募集」の張り紙を見ることが多い。

従業員に人気の「ハッセンカー」の人気の秘訣はなんであるのか? RTLZニュースが探っている。「給料が高いから?」という質問に対しオーナーは「そんなことはない。給料を上げたら飲食代に反映してしまい顧客に迷惑がかかる。」と答えている。このレストラン・カフェが他と少し違うのは、技術を教育して成長させるということらしい。日本では当たり前のようだが、オランダでは珍しいようだ。皿洗いは皿洗いのままであるのが普通の国で、皿洗いからバーテンダーあるいはウェイターの道も開かれていて、それもかなりのスピードでの昇進だ。また従業員に対するインセンティブ旅行も企画され、先日はパーティバスでベルギーまで旅行したそうだ。

そのほか従業員に対して気をつけているのは、「働きすぎ」を防ぐことだという。オーバータイムでの勤務を続けたり、仕事がきつすぎてストレスが溜まることは従業員にとってよくないこと。また休暇やデイオフの希望もできるだけ取り入れ働きやすい環境をつくっている、とオーナー。

オランダの飲食店、人手不足で閉店に迫られる店も
従業員が見つからないために週に数日閉店したり、最悪の場合には完全に閉店を迫られる飲食店が続出している。アムステルダムのノーダーマルクトで地元民に親しまれ24年間営業を続けていたカフェ・フィンチも、人手が見つからず7月に閉店せざる得なくなった。オランダ飲食業組合(KHN)によれば、従業員不足は慢性的で常に1万人が不足しているという。店が繁盛しているのに閉店という現象はこのところよく見られる。好況とオランダに訪れたグルメブームで相次ぐ新規レストランの開店で、飲食店従業員需要は高まる一方。ここ5年間で飲食店従業員需要は35万人から45万人へと増加している。しかしながら、この需要をすべて満たすにはあまりにも人員不足である。とくに飲食業の教育を受けた人材が足りない。

飲食業のオーナー側も住宅や交通費の補助をするなど、質の高い従業員集めに必死である。通勤用にスクーターを支給するという店も珍しくないという。しかし、ときに週に80時間から90時間労働が要求されるこの業界で、質の高い人材を集めるのは並大抵ではなさそうだ。

コロナウィルス、拡散に対しオランダの対策は?

世界一旅行好きな人種オランダ人、行き先は?

アマゾンがオランダにやってくる

オランダの音楽、引き続き有力輸出品に

家庭教師・スカイプレッスン 生徒さん募集(国語・日本語・英語)

グリーンディールでもオランダのエネルギー費は変わらず

オランダ、飲食業が10年で60%の伸び

アムステルダム、観光客を減らす努力にもかかわらず客室数大幅増加

「オランダの文豪が見た日本」を翻訳した國森由美子さんにインタビュー

翻訳者として活躍する國森由美子さん