ニュース

車両放火が増加
保険業者組合(Verbond van Verzekeraars)によれば、車両への放火事件が急増しているという。2014年に受けたクレーム数は3000件だったのが、2018年には45%増加し4359件となっている。ユトレヒト州、フローニンゲン州、ゼーラント州での増加が目立っている。人口に対する車両放火数の多い州はオーファーアイゼル州で2900人に対し1件という割合だ。

この増加の背景は明らかではないが、保険業界は若者の間で放火魔を真似する者が増えているのではと見ている。証拠は燃えてしまっているので犯人を捕らえるのは困難を極める。さらに防止も難しい。

実際に放火される車両の数は上記保険業界が発表しているものより多いとみられる。放火などの被害に対する保険をかけている車は70%のみで、30%の車両は基本保険のみ。これらの車が炎上しても保険のクレームはできない。

レンブラント没後350周年、誕生日に国立美術館で一般応募の絵画展示

衣料品用コンテナに普通ごみが混ざり、再生不可能に

オランダ最大級のロックフェスティバル「ロウランズ」(8月16日から18日)

第25回参議院議員通常選挙に伴う在外投票の実施について

アムステルダム・ゲイ・プライド (7月27日から8月4日)

飲食店の深刻な人手不足を傍目に、このレストランは従業員のウェイティングリスト

オランダ人に人気の旅行先では、スペインが一番安く

アムステルフェーンとアムステルダムを結ぶバス55,メトロとの差額払い戻し

先月オランダで最も売れた車は?

オランダの小学校、深刻な教師不足