スポット

春から夏にかけてのオランダ、アンティーク・マーケット
オランダでは、春から秋の初めまで野外のアンティークそしてビンテージのマーケットが各地で開催されます。その中でも面白いのはハーグとデルフト。
ハーグは中心に近い並木道のあるLange Voorhoutで毎週木曜日と日曜日の2回、毎回70店舗ほどが出店。デルフトは運河沿いの道端と旧教会の周りで毎週土曜日に100軒以上の店が品物を並べています。ハーグのほうは、アール・ヌーボーやアールデコといったアンティークから銀製品、ジュエリーそしてビンテージ製品、古書が中心で、少しだけ高級志向。デルフトは食器やガラス製品、本、古い版画などが並んでいます。両方ともじっくり見ると3〜4時間かかります。

【ハーグ】
5月5日から9月22日までの毎週木曜日と日曜日。10:00〜18:00
Lang Voorhout

【デルフト】
4月13日から10月19日までの毎週土曜日10:00〜17:00
Oude Delft付近の運河沿いと旧教会の周り


関連記事

世界屈指のアンティークとファインアートフェアTEFAF (3月7日〜15日)
最高レベルのファインアートそしてアンティークが、世界中のギャラリーそしてディーラーによって展示される「TEFAF」。オランダのマーストリヒトで30年前に始まったものが、現在ではニューヨークとフロリダと世界3ヶ所で年に3回行われている。
3月7日から始まるマーストリヒトのTEFAFには世界でも有数な275店ものギャラリーが出展。60カ国以上から7万5000人が参加する。参加者(購買者)は一般の人だけでなく、美術館や博物館の学芸員も多い。
質の高いもの(もちろん価格も)ばかりが展示されているため、美術館にいるような錯覚を起こすこのフェア「TEFAF」、一度は見に行く価値がある。

日時:2020年3月7日-15日
場所:Forum 100, 5268 HD Maastricht
入場料:40ユーロ

世界最高レベルのアンティークとアートフェア「TEFAF」 (3月16日ー24日)
最高レベルのファインアートそしてアンティークが、世界中のギャラリーそしてディーラーによって展示される「TEFAF」。オランダのマーストリヒトで30年前に始まったものが、現在ではニューヨークとフロリダと世界3ヶ所で年に3回行われている。
3月16日から始まるマーストリヒトのTEFAFには世界でも有数な275店ものギャラリーが出展。60カ国以上から7万5000人が参加する。参加者(購買者)は一般の人だけでなく、美術館や博物館の学芸員も多い。
質の高いもの(もちろん価格も)ばかりが展示されているため、美術館にいるような錯覚を起こすこのフェア「TEFAF」、一度は見に行く価値がある。

日時:2019年3月16日から24日
場所:Forum 100, 5268 HD Maastricht
入場料:40ユーロ

ハーグのアンティークマーケット
ハーグのアンティークマーケットは出展されているものの質がいいと評判だ。今年も8月25日、26日に開催される。約185店がスタンドを出す予定だが、アンティーク、古書、彫刻、ブロカンテ、陶器、アート、ビンテージなど楽しいものが軒並みである。さらに、この両日は近くにあるオークションハウスVenduehuisでは、9月に販売される出品物の下見日となっている。

日時:8月25日、26日
場所: Lange Voorhout, 2514 EJThe Hague

世界最大のファインアートとアンティークTEFAF マーストリヒト (3月10日−18日)
最高レベルのファインアートそしてアンティークが、世界中のギャラリーそしてディーラーによって展示される「TEFAF」。オランダのマーストリヒトで30年前に始まったものが、現在ではニューヨークとフロリダと世界3ヶ所で年に3回行われる。
3月10日から始まるマーストリヒトのTEFAFには世界でも有数な275店ものギャラリーが出展。60カ国以上から7万5000人が参加する。参加者(購買者)は一般の人だけでなく、美術館や博物館の学芸員も多い。
質の高いもの(もちろん価格も)ばかりが展示されているため、美術館にいるような錯覚を起こすこのフェア「TEFAF」、一度は見に行く価値がある。

日時:2018年3月10日から18日
場所:Forum 100, 5268 HD Maastricht
入場料:40ユーロ

世界最大規模のアートとアンティークフェア「TEFAF」(3月10日ー19日)
最高レベルのファインアートそしてアンティークが、世界中のギャラリーそしてディーラーによって展示される「TEFAF」。オランダのマーストリヒトで30年前に始まったものが、現在ではニューヨークとフロリダと世界3ヶ所で年に3回行われる。
3月10日から始まるマーストリヒトのTEFAFには世界でも有数な275店ものギャラリーが出展。60カ国以上から7万5000人が参加する。参加者(購買者)は一般の人だけでなく、美術館や博物館の学芸員も多い。
質の高いもの(もちろん価格も)ばかりが展示されているため、美術館にいるような錯覚を起こすこのフェア「TEFAF」、一度は見に行く価値がある。

日時:2017年3月10日から19日
場所:Forum 100, 5268 HD Maastricht
入場料:40ユーロ


オランダの107歳の女性、コロナから生還。世界最年長か。

コロナウィルス免疫に関するRIVMの見解

8日の首相記者会見「コロナ蔓延防止対策の続行」と「追跡アプリ導入の可能性」

オランダの農家「危機」を「機会」に。輸出や飲食店への販売減少を直販でカバー

新型コロナウイルス関連情報(ドイツによる水際措置及びオランダにおける集中治療室(ICU)病床数)

コロナ危機により大打撃のオランダの園芸産業、政府の救済を求める

99%のオランダ人、1.5メートル規則を遵守。若者の半数が孤独感。

オランダ、コロナ基金設立提案。実質的なEU諸国への寄附

オランダ大手小売HEMA、経営困難に

オランダ政府のコロナ蔓延防止対策、4月28日まで延長