ニュース

欧州議会選挙最終結果、オランダは労働党の勝利、欧州全土でも勢力地図塗り替え
日曜日夜、欧州各国の欧州議会選挙が終了し、オランダでも最終投票結果が発表された。極右の民主党(PVV)と左派社会党(SP)は議席を失った。オランダが得る26議席のうち6議席は労働党、自由民主党とキリスト教民主党はそれぞれ4議席、緑の党と反EUと反移民を掲げる新党フォーラム民主党は各3と4議席。キリスト教連盟と民主66党は2議席、動物愛護党と55プラス党はそれぞれ1議席という結果となった。

EU加盟国全体で投票率が上昇、5年前には43%だったのが今回は50.9%となり、今回の選挙への感心の高さを示している。さらに、中道政党よりもはっきりと右派や左派に投票する人が増えていることも顕著。EUの影響力を好む人と嫌がる人の差が大きくなっている。

欧州全土では、リベラルALDE派が39議席増やし107議席。緑派も18議席伸ばし70議席となった。これに対し極右ポピュリスト派であるEVNは37議席から58議席へと伸びている。この中にはイタリアのサルビーニ副首相の率いるLEGAや、フランスのル・ペンの率いる国民連合などが含まれている。

関連記事

欧州議会選挙、オランダでは労働党が圧勝
極右政党の台頭が懸念されていたオランダで昨日23日に行われた欧州議会選挙で、出口調査の結果、大方の予想がはずれ、労働党が第一党となった。労働党は全26議席中5議席とトップ、中道のキリスト教民主党(CDA)と自由民主党(VVD)はそれぞれ4議席、反EUをかかげた極右の民主フォーラム(FvD)党は3議席とオランダのEU支持が明確となった。

前回の2014年の選挙では3議席だった労働党の圧勝の裏には、元外務大臣で欧州委員会のナンバー2の地位にあるフランス・ティマーマン氏がいる。労働党は2017年のオランダ総選挙で38議席から9議席へと大敗したという苦い歴史があるが、今回の欧州議会選挙でカムバックを成し遂げたといえる。

投票率は41.2%と1989年以来最も高かった。5年前は37.2%だった。他の欧州諸国も今日、明日そして日曜日に選挙が行われ、最終結果は来週の月曜日に発表される。

欧州議会選挙、オランダは先陣を切って23日投票に
4億2600万人が投票権を持つ世界で最も大規模な欧州議会選挙が開始した。加盟国の選挙日は4日間に分散されているが、オランダは最初の日の本日23日に行われる。28カ国の加盟国の投票が終了する日曜日夜にはオランダでの投票結果が出そうだ。各国でポピュリストと呼ばれる移民排斥や反EUの党が台頭しており、今回の選挙の結果は欧州の行末に大きな影響を与える。

オランダでは16党が参戦するが、欧州議会議席総数751議席のうち26席が割り当てられてる。議席数は人口に比例する。議会は各国の政党が政治色によって分けられている。例えば、オランダの自由民主党(VVD)と民主66党(D66)はリベラル派に、社会党と労働党は左派といった具合だ。最終結果はイタリアが投票を終了する日曜日夜から発表が始まる。
投票権はオランダあるいは他のEU国の国籍を持つ人。

フランスの3星レストランでソムリエ、その後オランダの1星オーナーに

オランダの育児休暇、父親は希望だが会社に言えず

留学生、オランダ人社会に溶け込むのが難しく

オランダの初ニシン解禁

2年前にオランダに上陸したカナダのハドソンズベイ、経営困難に

夏期限定オランダ産天然うなぎ蒲焼

仏三ツ星レストランのソムリエを経て、オランダでレストラン開業


アルバイトの女子学生、ドラッグストアの配送用プラスチック100万枚節約

オランダ全土、雷雨と強風で被害続出

起業家インタビュー、「女性3人で立ち上げたハーグのお惣菜屋さん」