ニュース

アメリカ発の代替肉「ビヨンド・ミート」、来年からオランダで製造
肉の代替となる植物性肉の開発で脚光を浴びているアメリカの「ビヨンド・ミート」社は、オランダでこの代替肉バーガーを製造すると発表した。オランダで代替肉を製造するのはズーテルワウデにあるザンドベルヘン(Zandbergen)社。米ビヨンド・ミート社は今月始めにナスダック市場に上場し2億4000万ドルの資金を集めている。

オランダで肉の代替品を手がけるのはこのザンドベルヘン社だけでない。代替肉の将来を期待し、レバーペーストやソーセージを製造するスワーネンベルグ社も2017年にすでに肉の代替製品製造を開始している。ミートレス社も野菜を原材料にした肉の代替製品を製造している。また食品大手のユニリーバ社もすでにこの分野に進出を開始している。

ザンドベルヘン社がビヨンド・ミートを製造開始するのは2020年から。すでに同社の流通網を利用し米国産のビヨンド・ミートを欧州各国で販売しており、オランダでも今年の4月から大手スーパーのアルバート・ハインで購入可能になっている。

ビヨンド・ミートは米国で大成功している代替肉。本物の肉とほぼ変わらない風味や歯ごたえということで人気を博している。さらに、レオナルド・ディカプリオやビル・ゲーツといった有名人の投資がこの代替肉の人気を更に高めた。欧米では、健康上の理由だけでなく、肉の飼育による寄稿温暖化防止、動物愛護という視点から肉の摂取をやめるという人が増えており、肉の代替品の市場はさらに拡大すると見られている。



関連記事

アイルランド産の牛肉に注意
オランダのスーパーマーケットではアイルランド産の牛肉が販売されているが、パッケージには緑に囲まれた農場で育つ牛が描かれていることが多い。このため動物に優しいイメージを受けるが、現実はオランダの基準に合わないかなり悲惨な環境で飼育されているものであることが判明した。オランダの家畜保護団体である「Wakker Dier」がアイルランドの農場で覆面調査を行った結果である。「Wakker Dier」によれば、アイルランドにおける食用牛の飼育環境はオランダに比べかなり残酷なものであるという。

麻酔なしで去勢を行ったり、不潔な家畜小屋に住まわせたり、牧草がほとんど生えていない牧場に放牧するなど、家畜迫害の事実が次々に判明した。寒い時期には4ヶ月から5ヶ月もの間、コンクリートの床の牛舎に動く隙間がないほど詰め込まれている。

アイルランドの牛肉の主な輸出先でオランダは5位。2016年には総輸出高53万5000トン(24億ユーロ)のうち4万5000トン(2億ユーロ)の牛肉がオランダに輸出されている。

アイルランドから輸入されている牛肉の60%に、家畜に優しい環境で飼育されているというアイルランド食品認定証である「持続可能な牛と羊肉の証明(SBLAS)」がついている。しかしながらWakker Dierによればこの認定証はほとんど意味を持たないという。同団体は、スーパーマーケットに対し早急にアイルランド産の牛肉の販売を停止するよう求めている。オランダには同様な認定証である「Beter Leven van de Direnbescherming(飼育環境のいい認定証)」があるが、最低でもこの基準を満たす牛肉のみを販売すべきだとしている。

スーパーで販売の鶏肉、25%が耐性菌に汚染
トラウ(Trouw)紙が報じたところによれば、オランダのスーパーマーケットで販売されている鶏肉の4分の1は耐性菌に汚染されている。

オランダのみならず世界中で、豚や鶏などの家畜に危険な感染症を防ぐため、非常に強い抗生物質コリスチンが使用されている。しかし最近この抗生物質に耐性を持つ耐性菌が発見されている。ブレダにあるアンフィア病院の医師で微生物学者であるクライトマンス氏は、新しい検査方法でこの耐性菌を発見するのに成功し、スーパーマーケットで販売される鶏肉を検査した。

放し飼いの鶏では14%がこの耐性菌に感染しており、ブロイラーに至っては30%という高い率だ。しかしクライトマンス医師によれば、人体への直接な影響はないという。「コリスチンはまだ人間には使用されていない。他の抗生物質でほぼ感染症は完治できている。」とはいうものの、抗生物質耐性菌で死亡している人も増えているのも確かだ。欧州全土では毎年約25,000人の人が耐性菌で命を落としているという。

オランダ国立衛環境生研究所「肉を食べるのは体だけでなく環境にも悪い」
「肉、アルコール、清涼飲料の摂取はできる限り減らすべき」と国立衛生・環境研究所(RIVM)が消費者に警告している。体にわるいだけでなく環境への負荷が大きすぎるからだ。「今のような食料消費は地球温暖化ガスの発生を推進するばかりだ。」とRIVM。

食料生産は世界の地球温暖化ガス発生原因のなんと25%を占める。さらに生態系損失原因の60%も食料生産によるものだ。RIVMは政府が環境に悪い食品消費になんらかの対策をすべきだと強調している。例えば食肉に高い付加価値税を適用したり、全食品に健康と環境にどのような影響を与えるかのラベル付けをするなどを提唱している。食料生産の中でも食肉の生産は温暖化ガス発生の最大の原因。次が魚の捕獲。次いで酪農となっている。

食料摂取を控えれば太りすぎも減り医療費も下がると、RIVMの研究者は試算している。肥満の人がいなくなるだけでオランダの医療費は5%下がる。さらに肉の消費が40%減ると病人は20%減るという。

オランダの有機野菜、オーガニックな肉、乳製品の生産大幅に増加
オランダの有機農業セクターはこの5年間で大幅に伸びている。農産物の有機栽培だけでなく、畜産物でもオーガニック製品の生産に力をいれている。とくに鶏そして乳牛はオーガニックな手法での生産が増えている。
有機農業を行っている栽培地は2011年から2016年の間に10%増加。有機農業企業は2%増えている。このうちほとんどが野外農業で、温室栽培はまだ少ない。

オーガニックの養鶏、畜産業の中でも養鶏生産は劇的に増え、65%増。狭い養鶏場に押し込み鶏が動けないような悲惨な状態で育てるいわゆるブロイラー生産を止め、放し飼いで抗生物質などの薬品を与えないオーガニックの養鶏を行う企業も24%増えている。この劇的な増加は、抗生物質とホルモンで太らせたブロイラーチキンをボイコットするという運動の成果であろう。

さらにオーガニックな畜産そして乳製品も54%増加している。とくに乳牛とヤギの増加が目立つ。また豚肉も「ECO」あるいは「Bio+」マークのものが増えている。オランダでは農産物に農薬を使わず、畜産物に抗生物質やホルモンを与えず動物に優しい環境で生産された生産物に「Ecoや「Bio+」マークがついている。以前はオーガニック専門の店舗などでしか購入できなかったが、最近では普通のスーパーでも主要食品には必ずオーガニック製品が並んでおり、価格も通常製品との差はそれほど大きくない。



ハムやベーコンなどの加工肉、WHOが発がん性警告
世界保健機関(WHO)は27日、ベーコン、ハム、ソーセージなどの加工肉を発がん性食品物質に認定した。さらに哺乳類の肉と定義する「赤肉」についてもがんとの関係性も限られた証拠から確認したとしている。ただし、確固とした証拠がないために、発がん性食品物質リストにはまだ追加はされていない。
1日にベーコン2切れにあたる50グラムの加工肉を食べる人は大腸がんを患う確率が18%高まると結論づけており、胃がんとの関係性も高いという。

加工肉とは燻製、乾燥、塩漬けそして保存剤を使用して長期保存ができるようにした肉である。これに分類されるのはサラミ、ベーコン、ハム、ソーセージなどである。ハンバーガーやひき肉も塩や化学的保存剤を使用している場合には、同じカテゴリーに分類される。

オランダではすでに食肉の摂取量は下がっているが、今回のWHOの発表でさらに拍車がかかるとみられる。オランダ食肉業界(VNV)によれば、オランダ人の平均加工肉の摂取量は1日20グラムと少ないほうで、過剰と定義される50グラムよりかなり低い。加工肉には、タンパク質、ビタミン、鉄分が多く含まれているが、他の食品からも摂取できるので、できるだけ控えたほうがいいとオランダ栄養指導センター。

フランスの3星レストランでソムリエ、その後オランダの1星オーナーに

オランダの育児休暇、父親は希望だが会社に言えず

留学生、オランダ人社会に溶け込むのが難しく

オランダの初ニシン解禁

2年前にオランダに上陸したカナダのハドソンズベイ、経営困難に

夏期限定オランダ産天然うなぎ蒲焼

仏三ツ星レストランのソムリエを経て、オランダでレストラン開業


アルバイトの女子学生、ドラッグストアの配送用プラスチック100万枚節約

オランダ全土、雷雨と強風で被害続出

起業家インタビュー、「女性3人で立ち上げたハーグのお惣菜屋さん」