ニュース

7月1日からベルギーでの交通違反罰金3倍に
ベルギーでは7月1日から交通違反の罰金を大幅に値上げする。例えば通行禁止の路肩通行では現状の58ユーロから3倍の174ユーロの罰金。

追い越し車線での走行も116ユーロの罰金。追い越し車線は追い越し時のみに使用でき、その後はすぐに右の路線に戻らねばならないのだが、そのまま追い越し路線に留まると違反となる。(追い越しはせずに)追い越し路線を走行する車両も58ユーロの罰金だという。さらに一方通行の逆走や、信号無視などにも高額の罰金が課せられることになる。

これらの違反はすべてカメラが検知する。パトカーや警察官による検挙ではない。オランダやEU他国の住民がベルギーで交通違反をすると、居住地に罰金請求書が送られる。


関連記事

オランダ、交通違反罰金に対する異議もオンラインで
交通違反の罰金請求が送られてきたときに、身に覚えがないか異議を申し立てる根拠があるような場合は、今後インターネットで申請できる。
司法省が開設した「交通デジタル窓口(Digitaal Loket Verkeer)」のサイトで、自分のデジタルID(オランダに居住する人全員が持つID番号)でログインし罰金に対する異議申立てを行える。

これまで書面で行っていたのと同じく、異議の理由なども書き込めるだけでなく、スピード違反の証拠写真も同じサイトで閲覧できる。検察によればデジタル化によりコミュニケーションが早く正確になるのと、無駄なペーパーワークが減るとしている。

2013年だけで45万人が交通違反罰金に異議を申し立てた。このうちの約10%である47000件は正当な理由があると見なされ、違反罰金が取下げられている。さらに6700件は裁判で罰金が不当だと判断され罰金を免れている。不本意な罰金はすぐに支払わずにまずは異議を申し立てるというのがオランダである。

ブレグジットを見据え、スコットランド・オランダを結ぶフェリー計画

オランダ鉄道、チケットの販売方法や拠点拡大で車利用者も取り込む

ユトレヒトの草が茂る屋根付きバス停、大ヒット

来年のオランダ経済やや減速、ドイツに足を引っ張られる

オランダで肉の摂取量減り、代替製品の売上が上昇

欧州他国で人気の電動キックボード、オランダでは禁止

音楽を聞きながらの手術で術後の痛みが減少、オランダの実験

オランダ、深刻な橋守不足で船舶の待ち時間長く

ABN AMRO銀行を騙る電話やメールでの詐欺にご注意ください!

アムステルダム、9千万円のハウスボートが売りに出される