ニュース

2年前にオランダに上陸したカナダのハドソンズベイ、経営困難に
カナダのデパートチェーン「ハドソンズベイ」がオランダに上陸したのが2017年。当時中間層を対象にしたオランダのデパート「V&D」が倒産し、不動産をそのまま購入し開店したもの。アムステルダムを始め、アメルスフォールト、ユトレヒト、ズウォレ、アムステルフェーンなどに店舗を展開している。しかし業績は思うように伸びず、昨年の損失は8000万ユーロに上ったと伝えられている。

ハドソンズベイはドイツでもチェーンを展開していたが、オーストリアの投資会社シグナに売却した。オランダではコスト削減が続いているが、今後どうなるかは不明だという。株主の一部は上場廃止を要求している。

現在オランダでは小売の二極化が進んでいる。デパートの「バイエンコルフ」は高級化を進める一方、「アクション」といったディスカウントストアが急速に拡大している。

関連記事

オランダ人で人気の小売りチェーンは?
オランダの小売チェーンの明暗が分かれてきている。シェアを拡大するチェーンもある中、多くのチェーンで店舗改装の頻度は低く顧客も減っている。Q&Aリサーチが5000人の消費者を対象にした調査の結果である。調査では「どの店が生活に不可欠か」そして「どの店に行くと幸せな気分になるか」などの質問を行った。

アンケートの人気度で上位になったのは、ドラッグストア「Kruidvat」化粧品「Rituals」、家具の「IKEA」スーパー「Albert Heijn」そして車両サービスの「ANWB」である。これらのチェーンはオンラインでも強く、路面店でも好調で顧客を集めている。これに対し人気がないのが、スーパーの「Spar」カーペットの「Carpet Right」家庭用品の「Marskramer」と衣料の「New Yorker」という結果が出た。

買い物をして気持ちがいい店は全体の8%にとどまった。キッチン用品や小物などを売る「Dille & Kamille」、オーガニック食品「Ecoplaza」、メガネの「Hans Anders」そして化粧品の「Rituals」という名前が上がっている。

調査会社Q&Aによれば、巨大チェーンほど資金力があるので店の改装も頻繁に行うことができ、これによって集客力も強まる。これに対し中型のチェーンは設備投資力に欠けるため集客力にも限界がある。
ただウェブショップの併設も重要な要素かといえばこれは必須ではないようだ。集客力のあるスーパーの「Aldi」や「Dirk」、衣料の「Primark」、ディスカウントショップ「Action」などはウェブショップを持たない。ウェブショップがなくても人気の店はシェアを広げている。

玩具小売チェーン「インタートーイズ」倒産
オランダ全土で展開している玩具小売りチェーン「インター・トーイズ」(Intertoys) は木曜日アムステルダム地裁から破産宣告を受けたと、オランダ各紙が報道している。店舗は同社の再建を計画する破産管財人のy要請でまだ開店している。

同社は返済の見込みのない債務がかさみこれが倒産の原因となった。管財人は債務の処理と資産売却に注力している。インター・トーイズの商品券を持っているひとは今週の日曜日まで現金と交換できる。3200名の従業員の給料はすでに支払い済みだという。

倒産に至った背景には、オンラインショップとディスカウントショップの台頭がある。価格競争でインター・トーイズはこれらの競合には勝てず、過去10年で売上は半分に落ちた。倒産となったのはオランダにある286の直営店と流通センターとサービスセンター。オランダにある100のフランチャイズ店とベルギーの店舗は破産宣言から外れている。

オランダ大手小売「Blokker」も身売りに
小売雑貨「HEMA」に続き122年続く家族経営の大手小売業「ブロッカー(Blokker)」社が買い手を探している。同社は長年赤字が続いていた。122年間家族だけで経営してきた企業に外部からの新風が必要だということが経営陣の間で合意に達し、今回の決定に至ったもの。

ブロッカー社はこれまで何度もリストラを繰り返してきた。子会社である玩具小売「Intertoys」「Bart Smits」そして家具の「Leen Bakker」を閉鎖したし本体のブロッカー自体も縮小を行ってきた。そして今ブロッカーを売りに出すことが決定した。同社の昨年の純損失は3億4400万ユーロだった。これは一昨年の倍に登っている。店のロゴやインテリアを変えるなどイメージアップに努めてきたものの、過去の安物雑貨販売のイメージが払拭できない。さらにネットショップや超廉価ショップ「Action」などとの競争が激しくなっているのが、損失の背景にある。
ブロッカーはオランダに約400店舗、ベルギーに100店舗ある。従業員総数は8600人。2017年度の売上は15億6000万ユーロとなっている。

オランダ小売チェーン「HEMA」、オランダ人億万長者が買収に
多大な負債を抱え投資家を探していたオランダの小売りチェーン「HEMA」にやっと買い手が見つかった。オランダ人実業家のマルセル・ブックホールン氏は、負債ごとHEMAを買収、さらに海外での拠点を増強するための資本注入を行うと18日夜発表した。HEMAは11年前に英国のプライベート・エクイティ会社であるライオン・キャピタル社により買収されたが、それ以来負債が増え続けていた。
HEMAは7億5000万ユーロの負債を抱えているが、ブックホールン氏の投資によりこれが1億ユーロ減るとともに4000万ユーロの資本注入を受けることになる。この負債も短期間に大幅に減るはずだとブックホールン氏。これにより現在年間5500万ユーロ支払っていた金利も大幅に減る。

2007年に英国のライオン・キャピタル社がHEMAを11億ユーロで買収した際には、すぐにこれを転売し利益を出そうと企てていた。2011年にはアルバートハインの親会社であるアホールド社が買収を試みたが、13億ユーロという提示価格でこれを諦めている。

ブックホールン氏の購入価格は発表されていないが、ライオン・キャピタル社の購入価格より低いと見られている。HEMAの昨年の売上は12億ユーロ。損失が3100万ユーロと公表されている。ブックホールン氏は買収にあたり、HEMAをオランダの小売チェーンから国際的なチェーンに育てたいと抱負を語っている。現在フランス、ドイツ、スペイン、イギリスなどを含め700店舗展開しているが、中東そして極東にも展開したいという。

ブックホールン氏(59)の資産は18億ユーロで、オランダの経済誌Quoateではオランダの9番目の資産家となっている。会計士から始めたブックホールン氏は34歳で投資会社を設立、2005年にテルフォート社をKPN社に売る取引で数億ユーロの利益を上げている。このほかにもサッカークラブ「NECナイメーヘン」や東部の動物園アウエハンド、アイントホーフェンのハイテック・キャンパスなどを所有している。

市街地から車を締め出したい当局と顧客確保に車侵入賛成の小売業者の対立
地方選が迫るオランダで、市街地からの車締め出しを推進を掲げている政党は4党に1党。これに対し、市街地で営業をしている小売業者たちはこの計画に反対している。小売業者の団体であるオランダ・小売連盟(Detailhandel Nederland)は12の都市での分析結果を発表した。これによれば、各都市における左派政党が市街地から車を排除する政策に賛成しており、駐車場の撤廃あるいは排気ガスを大量に発生させる(古い)車の進入禁止などを掲げている。

小売連盟の会長であるファン・ウワコム氏は、この政策を小売業者にとって壊滅的だと批判。「公共交通機関を利用できないような場所に住んでいる人や、車でなければ運べない商品を買う人々にとって、車の締め出しは最悪だ。ますますオンラインでの購買に走る人が増える。」とNOSのラジオ番組でコメントしている。同氏は、P&R(一定の値段で市街地の外側に車を駐車し、そこから公共交通機関で市街地に行けるというシステム)をさらに充実させたり、混雑する日には通常よりも駐車設備を確保したり、電気自動車用チャージ場所を充実させるなど、車の利用者の便宜をはかるよう提唱している。

環境保護団体である環境防衛(Milieudefensie)は、市街地からの車排除を支持。同団体が行った(地方選のための)世論調査によれば、オランダ4大都市(アムステルダム、ロッテルダム、ハーグ、ユトレヒト)の住民の大半は、市街地での排気ガス規制を行うべきだと考えているという。もっと車を入れるべきだという人は10%に過ぎない。

フランスの3星レストランでソムリエ、その後オランダの1星オーナーに

オランダの育児休暇、父親は希望だが会社に言えず

留学生、オランダ人社会に溶け込むのが難しく

オランダの初ニシン解禁

2年前にオランダに上陸したカナダのハドソンズベイ、経営困難に

夏期限定オランダ産天然うなぎ蒲焼

仏三ツ星レストランのソムリエを経て、オランダでレストラン開業


アルバイトの女子学生、ドラッグストアの配送用プラスチック100万枚節約

オランダ全土、雷雨と強風で被害続出

起業家インタビュー、「女性3人で立ち上げたハーグのお惣菜屋さん」