ニュース

オランダ人とは何者なのか? 社会文化計画局(SCP)の調査
政策や伝統に関してオランダ人は様々な意見を持ち討論しているが、自分たちのアイデンティティに関してはほぼ全員が一致するという興味深い調査結果が出ている。社会文化計画局(SCP)が「オランダについて考える」というアンケート調査を行った結果である。オランダ語、自由、そして国王誕生日がオランダのアイデンティティであると答えた人が多数を占めた。

SCPは、5000人のオランダ人に対し「オランダ人を結びつけ一体感を感じるものは何か」という質問を投げかけた。この調査は今回が初めてだが、性別、年齢、教育程度、人種を問わずに同じような答えが返ってきたことにSCPは驚きを隠せない。

オランダ語、国王誕生日のお祭り、オランダの国旗、シンタクロース祭、戦没者記念日が、オランダ人がオランダ人たるシンボルであり連帯を深めるものの上位に上がっている。さらに「自由」と「男女平等」もオランダのシンボルであると答える人も多かった。これに対し、イスラム教、仏教、キリスト教のセクトなどはオランダのアイデンティティには含まれないとしている。

ただ基本的なアイデンティティに関しては多数が同意しているものの、意見の対立の両極性はいつも存在している。例えば「自由」についても、伝統を保持する自由とこれに反対しデモを行う自由が交錯している。典型的な例を挙げるとすると、毎年シンタクロース祭にメディアで取り上げられる顔を黒く塗った「ズワルトピート」。伝統を守り黒人従者はそのままであるべきだという人と、奴隷制度を思い起こす差別であり撤廃すべきだという人が対立している。そしてこの考え方の対立がオランダにとって最大の脅威になると考える人が多いのも印象的だ。そして次にオランダ人のアイデンティティにとって脅威となるのはイスラム教だという調査結果が出ている。


関連記事

オランダ人に人気の旅行先では、スペインが一番安く
オランダ人の休暇旅行先トップはフランス、ドイツ、オーストリア、イタリア、スペインである。このうち食品などの日用品の買い物が一番安いのがスペインであると、中央統計局(CBS)が昨日発表した。スペインの食品価格はEU平均より4%低い。オランダの食品価格は欧州内でも平均的だが、上記5国のうちでオランダより安いのはスペインのみ。

フランス、ドイツ、オーストリア、イタリアの食品価格はオランダより高い。とくにオーストリアでの買い物は欧州平均より27%高と高くつく。その中でも肉類は欧州平均の46%高。

スペインは宿泊費も安い。スペインのホテルとレストランの平均価格は欧州平均より15%低い。これに対しフランスのホテルとレストランの価格平均は欧州平均の18%高となっている。

欧州で最も食品価格が低いのは北マケドニアで、欧州平均より40%も低い。ルーマニアとポーランドがこれに続く。逆に最も高いのがスイスで欧州平均の64%高となっている。これに次いで高いのがノルウェーとアイスランド。オランダはちょうど欧州平均値である。

留学生、オランダ人社会に溶け込むのが難しく
オランダに留学している学生にとってオランダ人社会に溶け込むのは難しいようだ。学生連盟のISOとLSVbそしてエラスムス大学学生ネットワークESNが留学生1000人に調査した結果である。
障壁には、住居が見つからないこと、オランダ語学習の授業を受けられないこと、オランダ人の学生との交流が難しいことなどが挙げられている。

住宅難のオランダで住居を見つけるのは学生にとって至難の業だ。72%の留学生は、住居探しに(大学が)もっと力を注ぐべきだとしている。44%の学生は住居探しに多大なストレスを感じたと答えている。

オランダで学んでもオランダに残る学生が少ない。オランダ人社会に溶け込むのが難しいというのが理由のひとつである。週刊誌エルセフィールの調査によると、2017年にオランダで修士号を獲得した留学生の61%は半年以内のオランダを離れている。

留学生はオランダ人学生との交流がないことに疎外感を感じている。オランダ人学生は英語が堪能なので言葉の壁だけではない。文化の壁が立ちはだかっていると考える学生も多い。授業は英語で行われているものの、オランダ語は社会に接するために欠かせない。しかし大学でオランダ語が学べる機会が少ない、と37%の留学生は不満を表している。言語のみならず文化の違いについても学校側は講義を設けるべきだとESN。

オランダへの留学生数は急増している。大学が留学生の受け入れに助成金を支給されるというのが増加の背景にある。2006年には3万人だったのが2018年には9万人に増加している。この数は全学生の11.5%に当たる。OECDの調査によればオランダは留学先のトップに位置する。


オランダ人で人気の小売りチェーンは?
オランダの小売チェーンの明暗が分かれてきている。シェアを拡大するチェーンもある中、多くのチェーンで店舗改装の頻度は低く顧客も減っている。Q&Aリサーチが5000人の消費者を対象にした調査の結果である。調査では「どの店が生活に不可欠か」そして「どの店に行くと幸せな気分になるか」などの質問を行った。

アンケートの人気度で上位になったのは、ドラッグストア「Kruidvat」化粧品「Rituals」、家具の「IKEA」スーパー「Albert Heijn」そして車両サービスの「ANWB」である。これらのチェーンはオンラインでも強く、路面店でも好調で顧客を集めている。これに対し人気がないのが、スーパーの「Spar」カーペットの「Carpet Right」家庭用品の「Marskramer」と衣料の「New Yorker」という結果が出た。

買い物をして気持ちがいい店は全体の8%にとどまった。キッチン用品や小物などを売る「Dille & Kamille」、オーガニック食品「Ecoplaza」、メガネの「Hans Anders」そして化粧品の「Rituals」という名前が上がっている。

調査会社Q&Aによれば、巨大チェーンほど資金力があるので店の改装も頻繁に行うことができ、これによって集客力も強まる。これに対し中型のチェーンは設備投資力に欠けるため集客力にも限界がある。
ただウェブショップの併設も重要な要素かといえばこれは必須ではないようだ。集客力のあるスーパーの「Aldi」や「Dirk」、衣料の「Primark」、ディスカウントショップ「Action」などはウェブショップを持たない。ウェブショップがなくても人気の店はシェアを広げている。

ハンガリーの村を丸ごと買い取ったオランダ人、フェスティバルを計画
エルロイ・トムラーさんはハンガリーが大好きなオランダ人。ハンガリー好きが高じて数年かけて村を丸ごと買い取った。そしてこの夏には村でカルチャー・フェスティバルを開催する。

トムラーさんは、オランダの若者向けに外国でのフェスティバルに参加するツアーを組む会社を経営している。そして今年は自分でフェスティバルを開催する。「ザ・グレート・ヨンダー」と名付けたこのフェスティバルはトムラーさんの村全部が会場となる。チケットはすでに300枚売れたという。ブダペストから1時間ほどの村ベデプスタ(Bedepuszta)の家を買い始めたのは2011年。家は1軒10,000ユーロほどだった。ただ村はジプシーに占領されていた状態だったので、全部買い占めようと決意、それから毎年少しずつ家を買い足すことになった。

問題は村人が住み慣れた村から引っ越したがらないということだった。そこで、トムラーさんは別の場所にもっといい家を買い、これと交換するという条件で家を手に入れた。村の家は風呂やトイレがないものが多く、これを備えるのにも大きな投資が必要だった。

トムラーさんは自分でフェスティバルを開くほか、企業にも場所を貸しオリジナルなフェスティバルを開くビジネスも計画している。彼が目指すのは巡回型社会で、資源を効率的に利用するとともに再生産を行って、持続可能な形で循環させながら利用していくというもの。今回開催するグレート・ヨンダー・フェスティバルは、4日に渡るフェスティバルの入場料と7日のキャンプ費用合わせて250ユーロという低価格。コンサート、ヨガ、セミナーなどが行われる。



オランダ人の90%が今の生活に満足、60%は将来を楽観
オランダ中央統計局(CBS)が行った調査によれば、オランダ人(オランダに住む人)のほとんどが現在の生活に満足しているという結果が出た。さらに将来についても60%は楽観的だ。30%は悲観的で10%は非常に悲観的という結果である。非常に悲観的だと考える人は、高齢者、低学歴者そして生粋のオランダ人に多い。

今の生活に満足しているかという質問に対し、10人に9人近くが満足だと答えている。12%は満足ではないが不満足でもない、という答え。不満足だという人は全体の2%だった。満足していると答えた人は2013年に行った調査よりも2%増えている。
56%はオランダの将来について楽観的。35%は少なからず悪い方向に進むかもしれないと考えている。8%はどうなるかわからないと答えている。現在の生活に満足しているという人の59%は将来に対しても楽観的で、33%は悲観的だ。一方、現在の生活に不満足だという人の半数(54%)はオランダは将来的に間違った方向に進むと考え、31%が楽観的という結果が出ている。

20日に発表された国連の世界幸福度調査の結果では、オランダは世界で5位。この調査は、CBSが行った主観的な幸福感とは違い、主観的な観点と社会福祉、健康、GDPといった客観的な観点からも測っている。

アムステルダム、人手不足で閉店を余儀なくされるレストランも

マルクト(Marqt)経営不振で身売りか

JWC30周年記念講演会 ゴッホ事情・今=ゴッホをより深く読み解く= 吉屋敬

スーパーマーケット, 孤独な高齢者のための「おしゃべりレジ」を設置

レンブラント没後350周年、誕生日に国立美術館で一般応募の絵画展示

衣料品用コンテナに普通ごみが混ざり、再生不可能に

オランダ最大級のロックフェスティバル「ロウランズ」(8月16日から18日)

第25回参議院議員通常選挙に伴う在外投票の実施について

アムステルダム・ゲイ・プライド (7月27日から8月4日)

飲食店の深刻な人手不足を傍目に、このレストランは従業員のウェイティングリスト