ニュース

オランダ鉄道、世界大戦中のユダヤ人輸送に謝罪し賠償
第二次世界大戦中、オランダから多くのユダヤ人やジプシーがドイツのナチス強制収容所に運ばれ命を落とした。オランダ国内の最終収容地点であるウェスターボルクまでオランダ鉄道NS(当時は国鉄)が収容者を輸送していた。NSはこの責任を認め、約5000人から6000人の生存者に対し、一人あたり15,000ユーロの賠償金を支払うと発表した。未亡人に対しては7500ユーロ、子供には5000ユーロ支払われる。合計金額は数千万ユーロ(数十億円)に達すると見られている。

大戦中オランダはナチスドイツ軍の占領下にあった。昨年から今年にかけ、当時のナチスドイツが行ったホロコーストにおけるユダヤ人やジプシーなどの輸送責任に関する広範囲そして詳細な調査が行われ、この結果オランダ鉄道は責任の一端を担うことが明らかとなった。オランダ鉄道はオランダ国内の数十箇所の駅から11万人をウェスターボルクに送った。そこから収容者は最終地点であるアウシュビッツやソビボル収容所へと向かい、生還したのは5000人に満たなかった。オランダ鉄道はナチスドイツの依頼でメッペルからフローニンゲンに向かう鉄道をウェスターボルクまで延長する工事も行っていた。ドイツの命令によるものであったものの、一度もこれに対し反対の意を表しなかった上、当時の金額で250万ギルダーの利益を得ていた。

オランダ鉄道は2005年にホロコーストにおける罪を認め謝罪していたが、補償金に関しては触れなかった。しかし昨年生存者のひとりサロ・ミュラー氏がこれを取り上げ、調査が開始されることになったもの。フランス政府もすでに同様な補償金を支払っている。


関連記事

オランダ国鉄、戦時中ユダヤ人の輸送で250万ユーロ稼ぐ
オランダ国鉄NSは、第二次世界大戦中10万人以上のユダヤ人をオランダ国外に輸送するための報酬として40万ギルダーを受け取っていた。これは現在の価値に換算すると250万ユーロ相当になる。輸送ごとにオランダ国鉄はナチスに請求書を発行していた上、期日内に支払われない場合には督促状も出していた。NSは合計で30通の請求書を発行していたという。これらの書類は現在米国のワシントン・ナショナル・アーカイブに保存されている。

戦時中オランダ国鉄は93の列車をオランダ北部にあるウェスターボルク通過収容所まで走らせていた。そこからさらにドイツ国境まで行き、その先はドイツの列車がユダヤ人を最終の収容所まで輸送した。オランダを占領していたドイツ軍はアムステルダムのマウダーポート駅からオランダ北部アッセンに100人のユダヤ人を輸送する費用として480ギルダーを支払っていた。

オランダ国鉄は2005年に初めてこの事実を認め遺憾の意を表した。しかし遺族に対しての補償金などについては触れていない。フランスでは昨年12月初めにフランス国鉄で収容所へ送られた遺族数百人に対し補償金を払うと発表している。


アムステルダム、人手不足で閉店を余儀なくされるレストランも

マルクト(Marqt)経営不振で身売りか

JWC30周年記念講演会 ゴッホ事情・今=ゴッホをより深く読み解く= 吉屋敬

スーパーマーケット, 孤独な高齢者のための「おしゃべりレジ」を設置

レンブラント没後350周年、誕生日に国立美術館で一般応募の絵画展示

衣料品用コンテナに普通ごみが混ざり、再生不可能に

オランダ最大級のロックフェスティバル「ロウランズ」(8月16日から18日)

第25回参議院議員通常選挙に伴う在外投票の実施について

アムステルダム・ゲイ・プライド (7月27日から8月4日)

飲食店の深刻な人手不足を傍目に、このレストランは従業員のウェイティングリスト