ニュース

温暖化でヤブ蚊やマダニなどの熱帯の害虫がオランダにも侵入
かつては南欧にだけ生息していた人間に害を与える毛虫やダニなどが北上し、オランダでも問題化している。ワーヘニンゲン大学の生物学者でギョウレツケムシ情報センターの長であるファン・フリートによれば「ヨーロッパの自然界で大移動が起きている。」そうだ。ベルギーのアルデンネ地方ではマツノギョウレツケムシが繁殖し、この毛はオランダの樫の木につくギョウレツケムシよりタチが悪いという。またアジア原産のヒトスジシマ蚊(Tiger Mosquito)もオランダに潜入しており、チクングニア熱やデング熱を発症させる原因となっている。

さらにマダニにも注意が必要だ。イボマダニ(Reuzenteek)と呼ばれるこのマダニは、人や動物を刺して血を吸いライム病を引き起こしたダニとはまた別の種類で、主として大型動物や人間を攻撃し、クリミア・コンゴ出血熱を引き起こすウィルスを持つ。これまでこのダニはアフリカとアジアそして南欧、東欧に生息していたが、今ではドイツでも発見されている。ツゲの木につく蛾も最近オランダに侵入してきた。この蛾にやられるとあっという間にツゲの木は丸裸に食い尽くされる。

害虫の北ヨーロッパへの大移動には、飛行機や車による人の移動が一要因となっているが、地球温暖化が一番の原因だ。オランダは100年前に比較して平均気温は2度も上昇している。50年前のフランス中部の気温だ。もうひとつの原因は、オランダ内の生物多様性(Biodiversity)が減っていることがある。例えば、大量の昆虫の消滅がある。これにより一種類の危険な生物が繁殖する可能性が高まる。

温暖化の影響は花粉症患者の増加にも見られる。さらに、日射時間の増加による皮膚がん患者の増加も同様だ。


関連記事

オランダ全土で毛虫による被害広まる
樫の木に生息する蛾の幼虫であるギョウレツケムシ(eikenprocessierups)がオランダで大量に発生し、ペットや人間に被害を与えている。その毛に触るだけでひどいアレルギー反応が起き強い治療薬が必要な場合もあるという。人によっては強いかゆみ、息切れ、呼吸器感染症、目の痛みを覚える。ペットでは死に至る場合もある。RTLテレビの報道で、数千箇所に赤い斑点ができ、舌が真っ赤に腫れ救急病院に駆け込み、合成副腎皮質ホルモン剤であるプレドニゾンを処方されたが、4日間たっても効き目がないという人がインタビューされていた。

スキーダムにある小学校2校が学校級閉鎖となっている。樫の木の森に近いこの2校では生徒や教員がこの毛虫に刺されるという被害が続出、学校閉鎖に追い込まれた。フェイネンダールでは毛虫による被害が想定され、ホッケーの試合が中止になった。

政府は動物情報センターKADにギョウレツケムシ専門デスクを開設し質問に答えている。オランダではこの毛虫の駆除には殺虫剤を使わない方法で対処。巨大な掃除機で吸い取ったり、焼き殺したり、玉ねぎとニンニクの液を吹きかけたり、外敵の鳥を使うなどが試まれている。

さてなぜこのような毛虫禍がオランダで広まったのか。このギョウレツケムシは南欧で多く生息していたが、今ではベルギー、オランダそして北欧まで広まっている。オランダに樫の木が多いことが「ギョウレツケムシの高速道路化」を進めた原因のひとつであるが、昨今の地球温暖化も北方に広まった原因として指摘されている。

ギョウレツケムシに接触しなくても空気中に舞っている毛がつくだけでアレルギー反応を起こすこともある。宇宙服を着ない限り完全に身を護るのは難しいとKADの専門家は述べている。市町村は駆除対応を急ぐとともに、長期的に花を植えるなどの生物多様化を行い外敵となる鳥を増やすなど環境の改善に努めるしかないとしている。

世界各国の年金格付けでオランダが世界一に

来年から新入社員やパートそして個人事業主も住宅ローンが借りやすく

ソーラーカー・レースでオランダのアイントホーフェン大学チーム優勝

オランダ、ドレンテ州の人里離れた農家で家族を監禁していた父親逮捕

11月にオランダ全土の病院でスト

政府の気候変動対策に対する農家デモ、トラクターで高速道路を通行で大渋滞

アムステルダムの花市場で売られるチューリップの球根、ほとんどが粗悪品

オランダがつける系外惑星の名称、ミッフィー、夜警、星降る夜?

オランダ、強い鎮痛剤の処方規制に。米国のオピオイド危機を受け。

17世紀のオランダとスペインの巨匠展 (10月11日から1月19日)