ニュース

アムステルダムの飾り窓地区にメス
昨今のアムステルダム中心部にある飾り窓地区は、もはやツーリストアトラクション化し、旅行者で溢れかえり通行も困難な状況である。アムステルダム市長フェムケ・ハルセマ氏は、「この状態は許容範囲を超えている。大規模な改革を行わねばならない。」とこの地区にメスを入れる計画を発表した。

市長の提案のひとつは、飾り窓地区を現在の市中心部から他の地区に移すというもの。第2の案は一部を閉鎖するもの、そして第3案は飾り窓のカーテンを閉め切ることで窓際の売春婦を覗くツーリストを減らすという案。そして第4の案は、カーテンを閉めるなどの方策と組み合わせ、市の歴史的中心部におけるセックスワーカーの職場を増やすという発想を転換した大胆なものだ。

売春婦が飾り窓地区から姿を消し、他の地区の売春宿やホテルなどで営業するというオプションにハルセマ市長は乗り気ではない。セックスワーカーを追い出すよりも、彼らの就業環境を改善し、粗暴で手に負えない旅行者から守ることが第一だと考えている。さらに、売春にまつわる人身売買や他の犯罪を止めることが市の使命だとしている。人身売買の被害者は主として南米からの女性である。

第一のオプションである飾り窓地区の移動にはお金もかかるなど物理的な問題が生じる。第4の提案である飾り窓を増やすことは混雑を増やすかもしれないが、セックスワーカーが違法で働いているのではないことを示し、彼らの安全を保障するものだとし、市長はこの案を議会に提案する予定だ。人身売買の被害者は主として南米からの女性である。ハルセマ市長は、前緑の党の党首の女性。


関連記事

アムステルダムの「飾り窓廃止反対」売春婦デモ
アムステルダム市が計画してるいわゆる「飾り窓」(売春婦が窓の中で売春を行う場所)の閉鎖に反対し、木曜日夜数百人の売春婦や支援者がこれに反対するデモ行進を行った。飾り窓が立ち並ぶレッド・ライト地区にある旧教会広場から市役所まで行進し、ファン・デル・ラーン市長に閉鎖計画中止を請願した。売春婦の多くはプライバシー保護のため仮面をかぶってデモに参加している。

「プロジェクト1012」と呼ばれるこの飾り窓閉鎖計画は、売春にまつわる犯罪や人身売買などをなくすのが目的だという。オランダでは売春は合法で統制管理されている。アムステルダムでは500軒以上あった飾り窓のうちすでに115軒が閉鎖されブティックやギャラリーとトレンディな店に変わっている。計画では旧教会の周りにある80軒以上の飾り窓を閉鎖するという。今回のデモを組織した性産業従事者の利益を守る団体である「プラウド」は、閉鎖による売春婦失職を懸念し「閉鎖計画即刻廃止」を訴えている。

「性産業はオランダでは合法。売春婦も国で守られるべきで政治家には真摯に検討してほしい。我々の意見を全く聞かずに、社会ののけものとして扱われ飾り窓地域から追い出されてしまうのは許しがたい。」と代表者。請願書に対しアムステルダム市長(労働党)は、売春婦の仕事を自営業とみなし保険、ローン、デビットカード支払いなどの分野が扉を開放するよう働きかけていると前向きな姿勢を示している。

アムステルダム市当局、売春婦の自営を促す
アムステルダム市は売春婦の自営を推進する意向である。まず実現が可能かについて調査を行うが、同時に5軒の建物のオーナーになってくれる人あるいは企業を探している。オーナーはこの建物内で売春婦が自営で安心して業務を営むことを保障しなければならない。これにより売春婦が自活し独立できることを推進したいと市当局。
現在売春婦の多くがいわゆるポン引きや業者に搾取されているが、彼等を排除するというのがこの計画の目的でもある。売春業界を犯罪から遠ざけクリーンなものにし、売春婦の労働条件を改善する。市はここ数年売春業界における人身売買や搾取といった問題を解決することに取り組んできた。

また売春婦たち自身も自営を望んでいる人が多い。アムステルダムの福祉団体HVO-Queridoは、売春婦が自分の「飾り窓」を営業できるための準備を手助けするという。5つの建物はいわゆる飾り窓地区にあり、19ヶ所の「飾り窓」で50人の性産業従事者が働くことができる。5軒はかつて性産業界を仕切っていたシャールス・ヘールツが所有していたが、2007年に公営不動産会社が買い取っている。市は信頼できるオーナーを探しているが、これが見つからない場合には市当局がオーナーとなる可能性もある。

性産業従事者団体である「プラウド」はこの市の計画を歓迎しており、自営業になることで理想的な労働条件を獲得し地位向上につながると語っている。

アムステルダム、人手不足で閉店を余儀なくされるレストランも

マルクト(Marqt)経営不振で身売りか

JWC30周年記念講演会 ゴッホ事情・今=ゴッホをより深く読み解く= 吉屋敬

スーパーマーケット, 孤独な高齢者のための「おしゃべりレジ」を設置

レンブラント没後350周年、誕生日に国立美術館で一般応募の絵画展示

衣料品用コンテナに普通ごみが混ざり、再生不可能に

オランダ最大級のロックフェスティバル「ロウランズ」(8月16日から18日)

第25回参議院議員通常選挙に伴う在外投票の実施について

アムステルダム・ゲイ・プライド (7月27日から8月4日)

飲食店の深刻な人手不足を傍目に、このレストランは従業員のウェイティングリスト