ニュース

先月オランダで最も売れた車は?
今年の6月にオランダでの販売台数が最も高かった車は、テスラのモデル3(Tesla Model3)である。1ヶ月で新車登録数は2487台と全販売車両数の6%を記録した。(参考:Bovag en Rai Vereniging)  車の販売台数そのものは減っており、昨年6月に46746台だったものが今年は41671台。

テスラはペイパルの創始者であるイーロン・マスクが主導する車とソーラーパネルのメーカー。車両はコンピュータ制御された電気自動車。人気はあったが価格が高いのがネックであった。しかし最近開発されたテスラ・モデル3は標準装備で47,800ユーロと手頃な価格である。さらにオランダでは「Bijtelling」と呼ばれる社用車やリースカーにかかる22%の税金が徴収されているが、50,000ユーロ以下の車はこれが4%と低くなる。テスラ・モデル3の価格はぎりぎりでこのBijtelling22%を免れていることも人気の理由だ。このほかオランダで売れている車は、過去6ヶ月で見ると、フォルクスワーゲンのポロ、フォードのフォーカスが続く。

ただし、この「Bijtelling」の下限は、来年から45,000ユーロ、その後40,000ユーロとなり、モデル3はこの範疇ではなくなるため、リースカーの使用者にとっては魅力が激減する。

新車販売数が昨年に比較し減っている背景には、BPMと呼ばれる車両取得税の上昇である。BPMは排気ガスの量によって計算されるが、昨年からこの計測に新しい方法が導入され、平均で15%上昇している。


関連記事

オランダ発の太陽光で走る車発表。将来はアフリカやインドに。
オランダの車メーカーであるライトイヤー(Lightyear)は、6月25日太陽光エネルギーで走る車を発表した。今回発表した車は「ライトイヤー・ワン」で5ドアのファミリーカー。スペースも広く、未来的でスポーティブなデザイン。ボンネットとルーフが太陽光を最大に受けられるようデザインされている。ライトイヤー社は将来的にアフリカとインドでの市場を狙っている。
バッテリーがフルの状態でライトイヤーは800kmの走行が可能。時速150kmまで出る。最初の80台はオランダで販売されたというが、今後5年以内にはアフリカにも輸出したいという。

ライトイヤーは、アイントホーフェン工科大学の元学生たちによって設立された。チームは2016年のワールド・ソーラー・チャレンジで優勝している。「すべての人にクリーンな車を」というモットーで開発したこの太陽光で動く車は、アフリカやインドといった電力が十分でなく電気自動車に向いていない国々での拡大を目指している。創立者のファン・デル・ハム氏は、アフリカでの太陽光車は携帯電話と同じく速いスピードで広まると見ている。電気自動車には電力網が必要だが、太陽光車は太陽光があれば動く。

同氏によれば、オランダでの市場開拓は眼中にないという。先進国での車販売自体が減少しているというのが大きな理由だ。シェアリング経済が進む中、車の所有自体が古いものとなりつつある。

問題は価格。現在ライトイヤー・ワンは一台119,000ユーロと高額である。1年に1500台しか製造できないためコスト高になっている。2021年までには製造台数を増やしコストを大幅に削減する計画だそうだ。またエネルギーコストがゼロなので、それも魅力になるという。

オランダ、7月1日から自転車での携帯電話使用禁止に
オランダの交通法61条が7月1日から自転車にも拡張される。この法律は、車両、バイク、身障者用乗り物運転中での携帯電話操作を禁止するもので、本日からはこれが自転車そして路面電車(トラム)の運転者にも適用される。さらに「携帯電話」が「携帯電子機器」へと変更され、タブレットや他の電子機器にも拡大解釈される。罰金は16歳以上では95ユーロ。16歳未満は半額である。

運転中のアプリの使用が禁止となるが、グーグルマップなどのナビの使用や携帯電話での通話はどうなのか?これらも実際には全面禁止である。ただし、ナビが固定されている場合は問題ない。また通話もハンズフリーなら許可されている。ハンズフリーの場合も、イヤフォンは右耳に入れるのがいいという。左耳は空けておいて車などの交通音が聞こえるのが望ましいらしい。

自転車が体の一部になっているオランダ人にとって両手離しで携帯をいじるのは朝飯前。しかし車両や歩行者にとっては脅威であり、事故も多いためこの法律施行となった。
(画像:NRC)


車両放火が増加
保険業者組合(Verbond van Verzekeraars)によれば、車両への放火事件が急増しているという。2014年に受けたクレーム数は3000件だったのが、2018年には45%増加し4359件となっている。ユトレヒト州、フローニンゲン州、ゼーラント州での増加が目立っている。人口に対する車両放火数の多い州はオーファーアイゼル州で2900人に対し1件という割合だ。

この増加の背景は明らかではないが、保険業界は若者の間で放火魔を真似する者が増えているのではと見ている。証拠は燃えてしまっているので犯人を捕らえるのは困難を極める。さらに防止も難しい。

実際に放火される車両の数は上記保険業界が発表しているものより多いとみられる。放火などの被害に対する保険をかけている車は70%のみで、30%の車両は基本保険のみ。これらの車が炎上しても保険のクレームはできない。

アムステルダム市、2030年からガソリンとディーゼル車の通行禁止に
アムステルダム市は2030年から市内へのガソリン車およびディーゼル車の乗り入れを禁止すると発表した。排気ガスのない街にするとして環境保護地区を拡大する意向だ。市議会のダイクスマ交通担当議員によれば、市の空気汚染は深刻で毎日6本のタバコを吸っているのに値するという。「アムステルダム住民の寿命はオランダ平均より1年短い」と同議員。

アムステルダム市内の車両所有者は、排気ガスが出ない電気自動車などへの乗り換えのために助成金や税控除などを受けるという。排気ガス規制計画は段階を踏んで実施される。来年からは製造後15年以上の古いディーゼル車は環状線A10内での通行が禁止される。この規制の対象となる住民は数千人いるとみられる。さらに2022年には、アムステルダムの中心地区(S100)での公共バスと観光バスの通行が禁止される。さらに2025年には、バイクや原付きバイクの市街地での通行禁止そして環状線A10内へのトラック、タクシー、公共バス、観光バスそしてモーターボートの乗り入れが禁止される。そして最終的に2030年にはガソリンおよびディーゼルの自家用車の乗り入れも不可となる。

このアムステルダムの計画に対し、RAI自動車協会は「実現不可能な計画」だと批判している。オランダで使用されている車の平均使用年数は11年。2030年までにすべての人が電気自動車に買い換えねばならないというのは非現実的だと同協会。一方で環境保護団体はこの計画を支持している。

アムステルダムの駐車料金大幅値上げ
アムステルダムの中心部(ダム広場付近)の駐車料金が日曜日から大幅に値上げされた。これまで1時間5ユーロだったものが7.5ユーロとなった。

運河沿いとヨルダン地区は時間あたり6ユーロとなる。さらに市営駐車場も値上げ予定だが、路上駐車よりは若干安く抑えられる。

このアムステルダム市の駐車料金値上げは、車を市内から締め出し自転車や公共交通機関の利用を進めるのが目的である。さらに、市内の駐車場所も数千カ所減らすという。アムステルダムの市長は緑の党出身。

アムステルダム市が徴収する駐車料金は年間で2億ユーロに上る。このうちのほとんどが道路整備に使われるが、子供の遊び場や緑地化にも費やされている。

アムステルダム、人手不足で閉店を余儀なくされるレストランも

マルクト(Marqt)経営不振で身売りか

JWC30周年記念講演会 ゴッホ事情・今=ゴッホをより深く読み解く= 吉屋敬

スーパーマーケット, 孤独な高齢者のための「おしゃべりレジ」を設置

レンブラント没後350周年、誕生日に国立美術館で一般応募の絵画展示

衣料品用コンテナに普通ごみが混ざり、再生不可能に

オランダ最大級のロックフェスティバル「ロウランズ」(8月16日から18日)

第25回参議院議員通常選挙に伴う在外投票の実施について

アムステルダム・ゲイ・プライド (7月27日から8月4日)

飲食店の深刻な人手不足を傍目に、このレストランは従業員のウェイティングリスト