ニュース

先月オランダで最も売れた車は?
今年の6月にオランダでの販売台数が最も高かった車は、テスラのモデル3(Tesla Model3)である。1ヶ月で新車登録数は2487台と全販売車両数の6%を記録した。(参考:Bovag en Rai Vereniging)  車の販売台数そのものは減っており、昨年6月に46746台だったものが今年は41671台。

テスラはペイパルの創始者であるイーロン・マスクが主導する車とソーラーパネルのメーカー。車両はコンピュータ制御された電気自動車。人気はあったが価格が高いのがネックであった。しかし最近開発されたテスラ・モデル3は標準装備で47,800ユーロと手頃な価格である。さらにオランダでは「Bijtelling」と呼ばれる社用車やリースカーにかかる22%の税金が徴収されているが、50,000ユーロ以下の車はこれが4%と低くなる。テスラ・モデル3の価格はぎりぎりでこのBijtelling22%を免れていることも人気の理由だ。このほかオランダで売れている車は、過去6ヶ月で見ると、フォルクスワーゲンのポロ、フォードのフォーカスが続く。

ただし、この「Bijtelling」の下限は、来年から45,000ユーロ、その後40,000ユーロとなり、モデル3はこの範疇ではなくなるため、リースカーの使用者にとっては魅力が激減する。

新車販売数が昨年に比較し減っている背景には、BPMと呼ばれる車両取得税の上昇である。BPMは排気ガスの量によって計算されるが、昨年からこの計測に新しい方法が導入され、平均で15%上昇している。


関連記事

来年末からアムステルダムからウィーンへの夜行列車再開に
来年末(2020年)からオランダとオーストリアを結ぶ夜行列車が再開する、とオランダ鉄道NSが発表した。NSとオーストリアの鉄道会社ÖBBが共同運行する。オランダ政府はこのプロジェクトに670万ユーロを投入。2020年12月から毎日、夜行列車はアムステルダムを発車し、ミュンヘン、インスブルック、そしてウィーンへ向かう。オランダ国内ではユトレヒトとアーネムからも乗車可能だ。これによりオランダは欧州夜行列車ネットワークにつながることになる。現状、乗客はまずデュッセルドルフまで行きそこからドイツの夜行列車を使わねばならなかったが、これが直行となる。

NSは、夜行列車は航空機に代わる環境に優しい交通手段であることを強調。夜行列車はまだ改良の余地はあるが、乗客には楽しめるはずとNS。今度始まるウィーン行き列車は、アムステルダムを夜発車し、700kmを走り朝にウィーンに到着する。約14時間の夜行列車には、通常の座席、ベッド付きの座席がある。また個室のデラックスルームも用意されるという。料金は29ユーロから89ユーロ。

3年前まではアムステルダムとミュンヘンそしてチューリッヒを結ぶ夜行列車があった。しかし乗客数の減少によりドイツ鉄道が運行を中止していた。航空機使用に批判が高まる中、欧州内の夜行列車は復活する気配だ。

火曜日から新しいガソリンE10が登場。ただし適さない車もあるので注意
火曜日から、2つ以上のガソリン給油システムがあるガソリンスタンドでは、「E10ガソリン」の販売を法的に義務付けられた。これまで「95」と名称がついていたガソリンである。ただしすべての車両がこのガソリンに適しているわけではないため、給油前に車がE10ガソリンを入れられるかどうか確認したほうがいい。

車両登録日が2018年10月12日以降の新車の場合、車両が新しい燃料に適しているかどうかを示すステッカーが充填口に貼ってあるはず。少し古い車では、以下のE10checkのWebサイトで調べたほうがいい。

E10-ガソリンは、10%のバイオエタノールを含有する。バイオエタノールは、トウモロコシやサトウキビ、テンサイなどの天然物から作られたアルコールだ。バイオエタノールと混合することにより、ガソリンの燃焼で放出されるCO2が最大2%減少する。

オランダで登録されている車両の大半は、E10ガソリンに適している。しかし自動車協会 BOVAGは、オランダの乗用車総数の8.2パーセントに相当する約10万台の車両がE10への切り替えで影響を受ける可能性があると推定している。
E10ガソリンにあまり適していない車両は直接トラブルが生じるということはないが、 E10の頻繁な燃料補給は、内部の堆積物が緩み、燃料システムを汚染する可能性があります。その場合、燃料フィルターを適切な時期に確認し、必要に応じて交換することが必要だ。


オランダ初、ハーグで学校の登下校時間に車両通行止め
ハーグ市によればオランダで初めての「学校道路」を設置したという。子供の登下校時間に車両の侵入を禁止するというもの。学校付近の道路は封鎖され、車で子供を送り迎えする人は定められた場所に駐車しそこから歩いて学校まで行かねばならない。この措置を行ったのはキリスト教系モンテソーリ学校である「デ・アベール」。学校によれば、子供の登下校時間は自転車や車や徒歩の人々でごったがえし危険な状況にあった。このためこの「学校道路」の設置に至ったという。今後状況を見てハーグの他の学校地域でも同様な試みを行う予定だ。市によれば、ベルギーやイタリアで同じような試みがおこなわれていて成功しているという。

オランダ鉄道、チケットの販売方法や拠点拡大で車利用者も取り込む
オランダ鉄道(NS)はチケットの販売を別会社が行うことに決定した。これによって新規市場の開拓を狙っている。例えば、車のリース会社や旅行会社、あるいはホテルチェーンなどが販売網に入る。

NSのチケットを販売する企業は、NSからチケットを購入し販売価格は独自に決めるというシステムだ。消費者が例えばリース会社のガソリンカード(パス)を持っていたとしたら、そのカードで列車チケットも変えるようになる。これまでは、NSチケットはHEMA, アルバートハイン、クラウドファットといった小売チェーンでも販売していたが、価格などの条件はNSが決定しており、駅やオンラインで購入するのと変わらなかった。これらの小売店では独自に割引料金で提供することもできなかった。

NSは今回導入する新販売方式で、これまで鉄道を利用したことがない、あるいはたまにしか利用しない人などの新規顧客を獲得しようと計画。これにより年間10万枚のチケットを販売できると目論んでいる。しかしながら、利用者増加によって列車の混雑は避けられない。2030年までに40%乗客が増加するとNSは見込んでいる。

オランダ発の太陽光で走る車発表。将来はアフリカやインドに。
オランダの車メーカーであるライトイヤー(Lightyear)は、6月25日太陽光エネルギーで走る車を発表した。今回発表した車は「ライトイヤー・ワン」で5ドアのファミリーカー。スペースも広く、未来的でスポーティブなデザイン。ボンネットとルーフが太陽光を最大に受けられるようデザインされている。ライトイヤー社は将来的にアフリカとインドでの市場を狙っている。
バッテリーがフルの状態でライトイヤーは800kmの走行が可能。時速150kmまで出る。最初の80台はオランダで販売されたというが、今後5年以内にはアフリカにも輸出したいという。

ライトイヤーは、アイントホーフェン工科大学の元学生たちによって設立された。チームは2016年のワールド・ソーラー・チャレンジで優勝している。「すべての人にクリーンな車を」というモットーで開発したこの太陽光で動く車は、アフリカやインドといった電力が十分でなく電気自動車に向いていない国々での拡大を目指している。創立者のファン・デル・ハム氏は、アフリカでの太陽光車は携帯電話と同じく速いスピードで広まると見ている。電気自動車には電力網が必要だが、太陽光車は太陽光があれば動く。

同氏によれば、オランダでの市場開拓は眼中にないという。先進国での車販売自体が減少しているというのが大きな理由だ。シェアリング経済が進む中、車の所有自体が古いものとなりつつある。

問題は価格。現在ライトイヤー・ワンは一台119,000ユーロと高額である。1年に1500台しか製造できないためコスト高になっている。2021年までには製造台数を増やしコストを大幅に削減する計画だそうだ。またエネルギーコストがゼロなので、それも魅力になるという。

世界各国の年金格付けでオランダが世界一に

来年から新入社員やパートそして個人事業主も住宅ローンが借りやすく

ソーラーカー・レースでオランダのアイントホーフェン大学チーム優勝

オランダ、ドレンテ州の人里離れた農家で家族を監禁していた父親逮捕

11月にオランダ全土の病院でスト

政府の気候変動対策に対する農家デモ、トラクターで高速道路を通行で大渋滞

アムステルダムの花市場で売られるチューリップの球根、ほとんどが粗悪品

オランダがつける系外惑星の名称、ミッフィー、夜警、星降る夜?

オランダ、強い鎮痛剤の処方規制に。米国のオピオイド危機を受け。

17世紀のオランダとスペインの巨匠展 (10月11日から1月19日)