ニュース

アムステルフェーンとアムステルダムを結ぶバス55,メトロとの差額払い戻し
今年の春からアムステルフェーンとアムステルダムを結ぶメトロ51番が廃止され、現在バス55番が運行しているが、実はこのバス料金、かつてのメトロ料金より高いことが5月に発覚した。アムステルフェーンの始発駅からウェストワイクからアムステルダム南駅まで片道49セント高い。料金は8月5日より旧メトロと同等に変更される予定だ。さらにメトロが廃止された今年の3月からバスを利用していた人は、料金の差額の払い戻しが可能になる。差額の払い戻しは、この9月から12月までの間、GVBの自動販売機で可能である。

バス55を利用するとメトロ51よりも運行距離が長いため、距離で計算される料金は高くなる。差額分が返済されるが、この合計は120万ユーロに上る。3分の1は、アムステルフェーンラインと呼ばれる現在進行中のプロジェクトの予算から支払われ、もう3分の1は徴収罰金から、そして残りの40万ユーロは市交通当局GVBから補填されることになる。

アムステルフェーンの南端ウェストワイクとアムステルダム中央駅を結ぶメトロ51番は、故障が続出していたため廃止され、現在新しいアムステルトラムという新しい路線が建設されている。代わりにバスが運行されているが、このほかに現存するトラム5は混雑が激しいため、ラッシュアワーにはトラム6がアムステルフェーンとアムステルダム南駅を往復している。ただしこのトラム5番も夏季(7月14日から8月25日)は運行停止となり、バス45のみが運行することになる。


関連記事

ユトレヒトでのトラム内銃撃事件、容疑者の単独犯行
今週の月曜日ユトレヒトで3人が死亡7人が負傷した事件の容疑者ギョクメン・タヌシュは、検察によれば単独で銃撃事件を実行したという。タヌシュは、テロを目的を含む複数の殺人容疑で逮捕されている。当初は共犯者としてタヌシュを含む3名が逮捕されていたが、検察の調査ではタヌシュは他の2人からの補助は受けていたという証拠はなかった。

現在捜査は進行中であるが、今の所被害者と容疑者の間には何の関係もないことが判明されている。ただ犯行の動機はいまだに明らかにされていない。テロが目的なのか、容疑者の精神異常が過激派の思考に影響されたものなのか、検察は事情聴取を進めている。現在、タヌシュは精神心理鑑定を受けている。容疑者は以前に店舗での万引きや押し入りで逮捕されたことがある。さらに強姦でも容疑者となっていた。なぜこの容疑者を野放しにしていたかについて、国民の世論だけでなく政界でも批判が出ている。

容疑者として弟とともに逮捕された男性(27)は昨日拘束を解除されたが、ソーシャルメディアで個人攻撃されていると怒りを表明している。

ユトレヒトのトラム内で発砲事件、警察はテロを警戒
18日10:45ごろユトレヒトのトラム内で発砲事件があり数人が負傷した。事件が起きたのはユトレヒトのカナールアイランド地区にある24オクトーバー広場(24 OKTOBERPLEIN)付近。現在警察が捜査中だが犯人は逃走中だという。警察はテロの可能性があると調査を進めている。

当局によれば、ひとりの女性は胸を数箇所撃たれ重症。道路にも負傷して横たわる人が蘇生治療を受けている。トラムの中でも数名重傷者がいる模様で救助隊が手当をしている。

付近は現在交通閉鎖中。高速道路A12のOudenrijn付近の一車線も救急車などの通行で閉鎖されている。市内はトラムの運行はすべて中止。またユトレヒト市内の各学校は厳重警戒をするよう警察から指示されている。ユトレヒト中央駅も警戒を強化している住民には外出を控えるよう呼びかけている。
(画像はNOS)

アムステルフェーンとアムステルダム南駅を結ぶトラム51番廃止に
3月2日はトラム(メトロ)51番が運行する最後の日だった。最終列車には名残を惜しみ多くの人が乗車した。アムステルフェーンの南部ウェストワイクとアムステルダム中央駅を結ぶ線は、インフラが弱く故障が多かったり地上を走るため死亡事故も何度か起きた。このため今年から2021年初頭完成を目標に大改装工事が始まっている。トラム(メトロ)51のウェストワイクとアムステルダム南駅間は工事が終了するまで廃止される。

アムステルフェーンの中心(スタットハート)とアムステルダムの北西を結ぶトラム5番は、これまで通り運行するが、一部の駅が廃止されたり移動しているので注意が必要。ウェストワイクからアムステルダム南駅を結ぶのはバス55番。そこから中央駅まではメトロ51番が52番に乗り換えることになる。
新しい「アムステルトラム」は2020年末から2021年初めに初運行予定だが、アムステルダム南駅終点。そこからアムステルダム市内へ乗り換える。「アムステルトラム」は将来的にはアウトホールンまで延長予定だという。

詳細は以下のサイト(日本語)にあるリンク「Factsheet Amstelveenlijn d.d. mei 2018 Japanese」で。

オランダ、積雪で道路凍結に注意。トラムの遅延も
22日午後から降り出した雪がオランダ全土で積もっている。このため道路が凍結し滑りやすくなっているので注意が必要。ただし23日午後からは大半の雪が解けて消えると予想されている。

オランダ交通局は車の運転手に対し、スピードを控え車間を十分取るよう呼びかけている。昨日22日午後は全長2287キロという2017年12月11日以来最長の渋滞が記録されたが、23日朝は大きな事故も起きずスムーズに流れたという。列車運行も昨日は20%間引き運転となったが本日は問題なく通常運行している。

ただアムステルダムでは雪とは直接関係ないが、電気経路の故障によりトラムの本数が極端に減っている。この故障の影響を受けているのが、トラム1,2,5,7,13,17,24番。最高で30分の遅れを考慮するよう、市の交通局は呼びかけている。

気象予報サイトWeerplazaによれば、気温は今週いっぱい低く木曜日から金曜日にかけては零下6度になる可能性もある。

アムステルダムの新地下鉄「南北線」22日に開通。同時にトラム路線変更も
アムステルダムの北部と南部を結ぶ地下鉄52号が7月22日に開通する。1996年に南北を結ぶ地下鉄路線計画が具体化し、2002年に工事が始まった。しかし技術的な問題や財政難に直面し、2005年開通予定が13年も遅れやっと今年実現することになった。
新しい地下鉄線52号はアムステルダム南駅(zuid)とアイ湾を渡った向こう岸のアムステルダム北駅(Noord)の9.7kmを16分で走るという。途中停車駅はZuidの次がEuropeplein, De Pijp, Vijzalgracht, Rokin, Centraal Station, NoorderparkそしてNoord。総工事費は31億ユーロ。建設には15年の歳月を要した。

アムステルダム交通局(GVB)は、同日から陸上を走るトラムやバスの路線も大幅に変更する。例えばこれまでアムステルフェーンから中央駅まで走っていたトラム5番は、ダム方向に向かわずライツェプレインを左折し、現在10番が走る路線をウェウターガスファブリークまでつなぐ。トラム16番は消滅する。オスドルプと中央駅を結んでいたトラム1番はライツェプレインを右折し東に向かいマウダーポート駅まで走る。これによりアムステルダムの西と東を結ぶ線が強化される。詳細は以下のページで。

世界各国の年金格付けでオランダが世界一に

来年から新入社員やパートそして個人事業主も住宅ローンが借りやすく

ソーラーカー・レースでオランダのアイントホーフェン大学チーム優勝

オランダ、ドレンテ州の人里離れた農家で家族を監禁していた父親逮捕

11月にオランダ全土の病院でスト

政府の気候変動対策に対する農家デモ、トラクターで高速道路を通行で大渋滞

アムステルダムの花市場で売られるチューリップの球根、ほとんどが粗悪品

オランダがつける系外惑星の名称、ミッフィー、夜警、星降る夜?

オランダ、強い鎮痛剤の処方規制に。米国のオピオイド危機を受け。

17世紀のオランダとスペインの巨匠展 (10月11日から1月19日)