ニュース

オランダ人に人気の旅行先では、スペインが一番安く
オランダ人の休暇旅行先トップはフランス、ドイツ、オーストリア、イタリア、スペインである。このうち食品などの日用品の買い物が一番安いのがスペインであると、中央統計局(CBS)が昨日発表した。スペインの食品価格はEU平均より4%低い。オランダの食品価格は欧州内でも平均的だが、上記5国のうちでオランダより安いのはスペインのみ。

フランス、ドイツ、オーストリア、イタリアの食品価格はオランダより高い。とくにオーストリアでの買い物は欧州平均より27%高と高くつく。その中でも肉類は欧州平均の46%高。

スペインは宿泊費も安い。スペインのホテルとレストランの平均価格は欧州平均より15%低い。これに対しフランスのホテルとレストランの価格平均は欧州平均の18%高となっている。

欧州で最も食品価格が低いのは北マケドニアで、欧州平均より40%も低い。ルーマニアとポーランドがこれに続く。逆に最も高いのがスイスで欧州平均の64%高となっている。これに次いで高いのがノルウェーとアイスランド。オランダはちょうど欧州平均値である。


関連記事

大手食品・洗剤の「ユニリーバ」2025年までにプラスチック容器大幅削減に
石鹸や洗剤、化粧品そして紅茶からアイスクリームなどの食品を製造販売する大手消費財メーカーのユニリーバ社は、リサイクル不能なプラスチックを2025年までに半減させると月曜日発表した。CEOであるアラン・ジョープ氏は、バージンプラスチックと呼ばれる新生プラスチックの使用をやめ、パッケージの方針を根本的に考え直す必要があるとコメントした。ユニリーバは英国とオランダに本拠を持つ多国籍消費財企業。リプトン、ダブ、ベン&ジェリー、ラックスといったブランドは日本でも有名だ。

同社はプラスチックの使用を10万トン減らし、リサイクルプラスチックの利用を増やす計画。ユニリーバ社はこれまでにも、2025年までにすべてのプラスチック包装を再生可能、再使用可能、コンポスト化可能なものにし、25%はリサイクルしたプラスチックを使用すると発表している。月曜日の発表では、使用済みプラスチックの回収を増やすとしている。

ジョープ氏はさらに、新しく革新的なパッケージの開発とともに、再使用可能なパッケージを早急に増やすと発表。
ユニリーバ社はすでに竹製の歯ブラシや厚紙でできたデオドラントや詰替可能な歯磨き粉などを販売している。しかしそれでも同社が年間に生み出す70万トンのプラスチックを減らすには程遠い。環境団体グリーンピースはユニリーバ社の決断を歓迎しているが、さらなる包装や製品を再使用可能や詰替可能なものへと変えていくことが必要だとコメントしている。世界の海に浮かぶプラスチックボトルやバッグ、おもちゃなどは年間900万トンを超えていると見られている。

英・蘭の食品宅配サービス2社合併で、世界第2の規模に
オランダのみならず欧州では食品の宅配サービスが大ブームである。旧来のテイクアウト専門店だけでなく高級レストランまでが宅配サービスを利用。市場はますます拡大している。オランダ最大規模の食品デリバリー会社テイクアウェイ・ドット・コム(TakeAway.com、オランダではThuisbezorgd)は、7月末にイギリスのジャスト・イート(Just Eat)社との合併を発表、本日5日正式に合併手続きが完了した。新会社「ジャスト・イート・テイクアウェイ(Just Eat Takeaway.com)」社は中国の美団点評(Meituan)社に次いで世界第2の規模となる。両者合わせた2018年の市場総価格は73億ユーロ。両社とも自国外での展開も多く、合わせて23カ国に拠点を持つことになる。2018年の宅配数合計は3億5500万件。

今回の合併で英国側が52.2%、オランダ側が47.8%の株を所有することになる。オランダのテイクアウェイ社の創立者が社長となり、ジャストイート社のトップが合併後の財務担当となる。ジャストイート・テイクアウェイ社はロンドン証券取引所で上場する。ちなみにジャスト・イート社は2001年にデンマークで創始された会社である。

食品廃棄を減らすためのヒント
先進国では食品廃棄が問題になって久しい。オランダでもこれを減らす試みが行われ2010年にはひとりあたり年間48kgの食品を廃棄していたのが2016年には41kgへと減った。しかし、これも決して問題解決にはなっていない。そこで、食品センター、ワーヘニンゲン大学、スーパーマーケット各社、マクドナルドそしてラボバンクが共同で「あなたは食品廃棄を減らしている?」というキャンペーンを開始した。

消費者の食に関する情報提供やアドバイスを行う食品センター(Voedingscentrum、政府が100%助成)によれば、小さな子どものいる家庭が食品廃棄が一番多いという。食品廃棄は環境に悪いだけでなく非経済的だ。一世帯平均50ユーロ分の食品を捨てているが、1年では600ユーロにもなる。

廃棄直前の食材を使って調理するレストラン「Instock」が食品廃棄を減らすいくつかのヒントをあげている。スーパーマーケットに行く時はショッピングリストを持参し、余計なものを買わない。料理するときは人数分のみ。冷蔵庫は食品を長期保存できる4度ぐらいに設定する。残り物はできるだけ冷凍する。といった当たり前のことなのだが、それを行わず余った食品はゴミ箱行きという家庭が多いという。

このレストラン「Instock」以外にもここ数年オランダではいくつかの食品廃棄をなくす試みが行われている。2018年から、ホテル、スーパーマーケット、パン屋、デリカテッセンなどが余った食品を知らせ、消費者は安い価格でこれを引き取れるというアプリ「Too Good To Go」が利用できるようになった。アムステルダムの5星ホテル「The Grand」もこれに参加している。毎朝の朝食ビュッフェでは大量にチーズ、パン、ハムなどが余る。これまではこれを廃棄していたが、今ではアプリで欲しい人に販売している。このアプリ「Too Good to Go」にはオランダだけで約1100の企業が参加。アプリ利用者は約35万人に登るという。

「発酵食品と麹」の研究とワークショップを開催する茉莉花Groenさん

Image

茉莉花Groenさんはアムステルダムでオランダ人や日本人も含む外国人向けに、英語で発酵食品や麹のワークショップを開催しています。かなり専門的なものから素人でも楽しめるものまであり、発酵食品ファンにとっては珠玉の講座です。P:ポートフォリオ、M:茉莉花Groenさん

P:今どのような研究とワークショップをおこなっているのでしょうか?

M:ワークショップとしては、今の私が知り得る範囲での暮らしの発酵術、また日本の醸造産業の実態をお伝えさせて頂いています。具体的には味噌、醤油、酒、味醂、酢、塩蔵、乾物などの伝統食、その要である麴の作り方、旬のものを生かした保存食や常備食、そしてそれらに囲まれた生活術という名の手抜き法などです。
日本の伝統発酵食をメインにしていますが、合間にコンブチャやケフィア、また欧州に来てから作るようになった杏干しやどぶろく、テンペなども希望があり次第講座を開いています。日本の漬物の知恵を取り入れつつ、オランダで入手できる食材で作る発酵食品は新しい文化の創造ともいえ、生活の中の小さな冒険のようでワクワクしますね。
常に自由研究みたいな感じなんですが、日本やアジア諸国で培われてきた食文化と欧州でのそれとの交雑で何が生まれるか、みたいなことに興味があって日々思いついた(というかその辺にある)食材を乾燥、塩蔵、麴化したりしていると思います。あとは画一的に製法が伝承されてきた食品も、実は他国でもっとシンプルな方法で作られていたのではないか、などの疑問からリサーチ、実践、経過観察などを行っています。楽しいです。

P:発酵食品に取り憑かれたのはいつから? 何がきっかけですか?

M:取り憑かれてるというか…暮らしの一部としてもう切り離すことはできないと思います。
もともとオランダに来た時、味噌はずっと長崎の麦味噌を日本から持ってきて大切に使っていたんですが、ある時からこちらで手に入る食材で造ろうと思いたち味噌作りから始まりました。ほぼ同時期に柿酢を教えてくれたシェフがいて、農家でなくシェフから教わったというのが笑えるんですが、果実酢は基本的な天然発酵の初めからほぼ終わりまでを観察できる、素晴らしい体験学習でした。それからは、もう坂道を転げ落ちるように手作りの道を歩いてきています。

P: そういえば、今年も2ヶ月半日本で発酵の旅をしていらしたそうですが、そのお話をきかせてください。

M:毎回帰国の度に何となく自然に決まるテーマがあるのですが、今年はそれが「醤油」でした。醤油って、他の醸造物もそうですけど、とてもシンプルな原材料でできているんです。まず大豆。そして小麦、塩。ものによっては大豆だけとか小麦だけというものもあります。
私は今オランダで醤油を仕込んでいるわけですが、ここで「作っている」と言わず「仕込んでいる」と言うのは、実は仕込むまでというのは誰でもできるんですね。というと語弊があるかもしれませんが、家庭用となると量も限られていますし麴さえ作ることが(あるいは入手)できれば、仕込みまではさほど困難ではない。問題はここからで、もろみの状態をどのように観察し、どのような状態を目指すのか。醤油用の麴はどのように持っていくのか。細かいことを話し出すとキリがありませんが、今自分が仕込んでいる醤油がこのままでいいのか、ということが知りたかったですね。そこで本当に美味しいお醤油を作っている蔵元の仕事を実際に見学させて頂き、直接お話を伺いました。醤油用の製麹については深く学びたかったので、養父市の大徳醤油さんにお願いして一泊二日の強化合宿を企画し初めから終わりまでを体験学習させて頂きました。
その他も、奈良の片上醤油さんや小豆島の蔵元など、とても貴重なお話を聞かせていただきました。

個人的なテーマは醤油でしたが、奈良で尊敬する仲間と発酵合宿をしたり、好きな種もやし屋さんで勉強会兼同窓会をしたり、発酵仲間、蔵人さん、窯元さんに会いに行ったりと、移動が許す限り会いたい人に会いに行っていました。

P: 日本での発酵の旅、すごいですね。熱意がひしひしと感じられます。ところでオランダに来る前は何をしてらしたのですか?

M: オランダに来たのは2008年、ちょうど10年前ですが、渡蘭直前はあんまり面白いことはしてなかったです。遡ると、京都の芸大を卒業後すぐにニュージーランドで勉強したり働いたり旅したりぶらぶらしてたんですが、帰国後に日本でデザインと英語を両方生かせる会社にうまく出会えず、海外顧客を相手に英語関係の仕事三昧の日々でした。しかし初めての日本国での社会人経験、学ぶことも多かったです。

P:オランダに来たきっかけは? オランダの生活はいかがですか? 

M: ニュージーランドにいた際に今の夫と出会ったのですが、自然な成り行きでオランダで同居することになりました。国内でいいなと思うのは自由と創造が尊重されている点、合理的な働き方や自由な家族の形、家族で過ごせる時間がとても大切にされているところ。あと四季の移り変わりもだいたい日本と同じなので、和と欧の行事が両方楽しめるのもいいですね。

P: 今後の目標は?

O:数年前から日本にまとまった期間毎年帰っているのですが、その時々で自分のテーマに沿った蔵元、醸造元を訪ね歩いています。もともと自分の個人的興味や関心に基づく勉強のために情報を集めていましたが、素晴らしい方々に巡り会い続けアウトプットが追いつかないくらいの刺激を頂いています。
その方々との出会いで、自分自身の視野も拓けてきたような気がしています。今はとにかく恩返しがしたい。そして、そういう気持ちが常に図らずとも自然な形で拡散されまわっていってくれることを願っています。


英蘭の食品・ホームケア・パーソナルケア企業「ユニリーバ」ロッテルダム本社に決定
食品・洗剤・パーソナルケア製品の製造販売企業であるユニリーバは15日ロッテルダムを本拠地とすることを発表した。本拠地決定には約1年の歳月を要した。「クノール」「ダブ」「リプトン」などのブランドで有名な多国籍企業ユニリーバは、現在ロンドンとロッテルダムに本社がある。これが1ヶ所にまとまる。さらに、これまで法的に2社だったものが、オランダを本拠とする1社となる。1社に集約する背景には、会社を敵対買収から守るという目的がある。昨年ユニリーバはクラフト・ハインツ社から1430億ドルでの買収提案を受け、これを拒否していた。またコスト削減も大きな理由だ。

ここ数ヶ月オランダとイギリス政府は、本社誘致をめぐり激しいロビー活動が繰り広げていた。EU離脱後もイギリスは投資先として魅力的であることをアピールしていたメイ首相にとっては、今回の決定は大きな打撃だ。

ただし、本社がロッテルダムになるという理由でイギリス社が弱体化するわけではない。オランダの従業員が3100人に対しイギリスには7300人が就労しているが、本社一体化によるリストラはないという。ユニリーバは全世界で16万9千人が働いている。

世界各国の年金格付けでオランダが世界一に

来年から新入社員やパートそして個人事業主も住宅ローンが借りやすく

ソーラーカー・レースでオランダのアイントホーフェン大学チーム優勝

オランダ、ドレンテ州の人里離れた農家で家族を監禁していた父親逮捕

11月にオランダ全土の病院でスト

政府の気候変動対策に対する農家デモ、トラクターで高速道路を通行で大渋滞

アムステルダムの花市場で売られるチューリップの球根、ほとんどが粗悪品

オランダがつける系外惑星の名称、ミッフィー、夜警、星降る夜?

オランダ、強い鎮痛剤の処方規制に。米国のオピオイド危機を受け。

17世紀のオランダとスペインの巨匠展 (10月11日から1月19日)