ニュース

飲食店の深刻な人手不足を傍目に、このレストランは従業員のウェイティングリスト
オランダの好景気を反映し、どのレストランやカフェも深刻な人手不足に悩んでいる。ところがユトレヒト近郊のアハターフェルド村の食事ができるカフェ(Eetcafe)「ヘッセンカー(Hessenkar)」では働きたい人のウェイティングリストができるほどの人気である。

オランダの飲食業界は成長し続け、毎年3.5%も必要従業員数が増加している。この増加数はオランダ全体の業種の0.6%をはるかに上回っている。レストランやカフェに行っても「従業員募集」の張り紙を見ることが多い。

従業員に人気の「ハッセンカー」の人気の秘訣はなんであるのか? RTLZニュースが探っている。「給料が高いから?」という質問に対しオーナーは「そんなことはない。給料を上げたら飲食代に反映してしまい顧客に迷惑がかかる。」と答えている。このレストラン・カフェが他と少し違うのは、技術を教育して成長させるということらしい。日本では当たり前のようだが、オランダでは珍しいようだ。皿洗いは皿洗いのままであるのが普通の国で、皿洗いからバーテンダーあるいはウェイターの道も開かれていて、それもかなりのスピードでの昇進だ。また従業員に対するインセンティブ旅行も企画され、先日はパーティバスでベルギーまで旅行したそうだ。

そのほか従業員に対して気をつけているのは、「働きすぎ」を防ぐことだという。オーバータイムでの勤務を続けたり、仕事がきつすぎてストレスが溜まることは従業員にとってよくないこと。また休暇やデイオフの希望もできるだけ取り入れ働きやすい環境をつくっている、とオーナー。


【花とテーブルCija】クリスマスリースとグリューワインの会

FLYING FISHのウインターセールとおせち料理のお知らせ

オランダのロゴ、チューリップから「NL」へ変更で20万ユーロ。

オランダの貧困層、教会に頼る人が増える

(公財)在蘭邦人相談窓口 設立15周年記念 講演第1回

スキポール空港で誤ってハイジャックの警報

「ブック・フリーマーケット」11月28日(木)

水曜日、オランダ全土で教師のスト

オランダの2019年億万長者リスト発表

ハロウィン以外でもオランダでかぼちゃ人気