ニュース

飲食店の深刻な人手不足を傍目に、このレストランは従業員のウェイティングリスト
オランダの好景気を反映し、どのレストランやカフェも深刻な人手不足に悩んでいる。ところがユトレヒト近郊のアハターフェルド村の食事ができるカフェ(Eetcafe)「ヘッセンカー(Hessenkar)」では働きたい人のウェイティングリストができるほどの人気である。

オランダの飲食業界は成長し続け、毎年3.5%も必要従業員数が増加している。この増加数はオランダ全体の業種の0.6%をはるかに上回っている。レストランやカフェに行っても「従業員募集」の張り紙を見ることが多い。

従業員に人気の「ハッセンカー」の人気の秘訣はなんであるのか? RTLZニュースが探っている。「給料が高いから?」という質問に対しオーナーは「そんなことはない。給料を上げたら飲食代に反映してしまい顧客に迷惑がかかる。」と答えている。このレストラン・カフェが他と少し違うのは、技術を教育して成長させるということらしい。日本では当たり前のようだが、オランダでは珍しいようだ。皿洗いは皿洗いのままであるのが普通の国で、皿洗いからバーテンダーあるいはウェイターの道も開かれていて、それもかなりのスピードでの昇進だ。また従業員に対するインセンティブ旅行も企画され、先日はパーティバスでベルギーまで旅行したそうだ。

そのほか従業員に対して気をつけているのは、「働きすぎ」を防ぐことだという。オーバータイムでの勤務を続けたり、仕事がきつすぎてストレスが溜まることは従業員にとってよくないこと。また休暇やデイオフの希望もできるだけ取り入れ働きやすい環境をつくっている、とオーナー。


アムステルダム、人手不足で閉店を余儀なくされるレストランも

マルクト(Marqt)経営不振で身売りか

JWC30周年記念講演会 ゴッホ事情・今=ゴッホをより深く読み解く= 吉屋敬

スーパーマーケット, 孤独な高齢者のための「おしゃべりレジ」を設置

レンブラント没後350周年、誕生日に国立美術館で一般応募の絵画展示

衣料品用コンテナに普通ごみが混ざり、再生不可能に

オランダ最大級のロックフェスティバル「ロウランズ」(8月16日から18日)

第25回参議院議員通常選挙に伴う在外投票の実施について

アムステルダム・ゲイ・プライド (7月27日から8月4日)

飲食店の深刻な人手不足を傍目に、このレストランは従業員のウェイティングリスト