ニュース

オランダでも顔を隠すブルカ禁止に
一部のイスラム教徒の女性が着用する体と顔を覆う衣装ブルカやニカブ(ニカブは目の部分が開いているがブルカは目の部分も薄い生地で覆われる)が8月1日からオランダでも禁止されることになった。2005年に極右のウィルダース議員が公共の場でのブルカ着用の禁止を提唱したが、14年間もの間、宗教の自由を尊重するオランダは立法に踏み切らなかった。今回施行されるブルカ(顔を隠すヘルメットや帽子も含む)禁止令は、公共交通の車中、公共機関の建物の中、介護機関の中、そして学校の中で適用される。駅やタクシーそして路上ではこの禁止令は適用されない。ヒヒャブと呼ばれるヘッドスカーフやチャドルの着用は許可されている。

さて公共交通機関にブルカ着用者が乗り込んできた場合どうなるのか? 車掌や運転手はブルカを脱ぐよう依頼するか、下車するよう促すのみ。罰金の150ユーロが課せるのは警察官のみである。ただし混乱や遅延を嫌がる公共交通機関の職員のほとんどが、見て見ぬふりをすると答えている。一般の人も公共機関でブルカやニカブ着用の人を見かけた場合には、脱衣するよう促し警察に連絡することはできるという。オランダでブルカを着用している人は全土で200人から400人と少数であり、ほとんど見かけることはない。その上ブルカ着用者が問題を起こしたという事例もない。この法律がなぜ施行されるのか、いったい誰のためなのかがきちんと説明されていない。

すでにベルギー、フランスそしてデンマークで、公共の場でのブルカの着用は禁止されている。オランダは路上では着用可だが、これらの3国では路上でも禁止だ。


関連記事

今日からイスラム教徒のラマダンが始まる。
イスラム教徒は今日からラマダンの月に入る。オランダに住むイスラム教徒たちも例外ではない。職場や学校で、日中は一滴も水を飲まず何も食べないという人たちに遭遇し驚く人もいるかもしれない。ラマダンは日の出から日没まで飲まず、食べずそして喫煙もしない。断食で体を清めるという。

しかしラマダンは単なる断食だけではない。この期間には、寛容、慈悲、連帯に焦点が当てられるという。この中にザカートと呼ばれるイスラム五行が含まれているが、これは貧しい人への義務的喜捨すなわち財政援助である。オランダに住むイスラム教徒たちも例外ではなく、国内外の同胞の財政援助する人が多いという。

オランダ国営放送NOSがインタビューした人には、インドの一番貧しい地区へ飛び、一ヶ月間貧しい人たちに食事をするお金を配る人がいる。友人や家族から集めたお金でインドに飛び、直接貧しい人に喜捨する。「慈善団体を通すとどこにお金が行くのか見えないが、自分が行けば困っている人々に直接与えられる」とムラディンさん。他にもアルメールでスポーツスクールを経営するバクルさんは夜中に若者にジムを無料で開放している。体調を整えるだけでなく非行を防ぐのが目的だという。

アムステルダム市、イスラム過激派の影響を受けている高校に懸念
アムステルダム市当局は、イスラム系中高等学校であるコーネリアス・ハーハ・リセアム(Coenelius Haga Lyceum)が非民主的な教育を行っているとし、同校理事会の総辞職を求めている。アムステルダム市市長であるフェムケ・ヘルセマ氏と教育担当議員マーヨレン・ムアマン氏が連名で市議会に書簡を送っている。この学校では生徒が「指導者」と言われる教員複数から指導を受けている。この教員たちはISとつながりのあるチェチェンのテロ組織「コーカサス・エミレート」と深い関係を持つとされている。さらにイスラム過激派との接触もある。オランダ情報安全局(AIVD)は「非常に不穏な事態」であるとし調査を進めていた。AIVDによれば、「指導者」は授業時間の半分をサラフィー主義の教義に費やしているという。

これに対し国家反テロ機関(NCTV)のアールベルスベルグ氏は、同校の授業で差し迫った危険はないという見解を発表。ただ、アムステルダム市がこれまで収集した情報をすべて公開し、両親が学校選択時にこの情報を参照できるようにすべきだとし、市もこれ従った。ムアマン議員は、「指導者らが辞職しない限り市からの助成金は出さない。」と過激派指導者の辞職を迫っている。

これに対しイスラム教育協会(SIO)の会長は、全くナンセンスだと市の決定に異議を唱えている。2017年に開校されたこの学校はアムステルダムで唯一のイスラム系中高等学校だが、当時市当局と教育省は、設立者が教育経験がないこととサラフィー主義に心頭していることから、開校に反対していた。しかし「教育の自由」という根拠から開校が実現されている。生徒たちが過激派の教育の影響を受けていることが明白だというのに、法により市も国も学校の閉鎖をすることができないことに苛立ちを隠せない。(参照記事:3月18日付けVolkskrant)

オランダの市町村、テロ防止のためにイスラム過激派をマーク
地方自治体と安全保障当局はオランダに住む約160人のイスラム過激派を監視している。フォルクスクラント紙によれば、中でもアムステルダムでは59人、ハーグでも数10人そしてロッテルダムの38人がマークされているという。

これはテロ防止のために過激化する個人を監視し追跡するPGAと呼ばれる仕組みだ。地方自治体は2015年より司法安全省から毎年600万ユーロの予算が与えられこの監視を行っている。とくにシリアへジハードとして出向きその後オランダに帰還してきた若者がこのPGAの管下にある。またこれからシリアに向かおうとしている青年やイスラム過激派の思想を持つ者もマークされている。PGAはイスラム過激派だけでなく、極右や極左にも同様な追跡を行っている。

10月27日にアーネムなどで7名がテロ容疑で逮捕された事件で、この監視・追跡システムの存在が明るみに出た。アーネム市長は、この監視のおかげでテロを未遂に防ぐことができたと述べている。シリアへ出向いたり帰還者の数が最も多いハーグ、アムステルダム、ユトレヒト、ロッテルダム、デルフト、ズーテルメールそしてハウダ市が、この過激派監視予算の大半を受け取っている。

アムステルダム中央駅の刺傷事件、反イスラムに抗議するテロであることが判明
8月31日にアムステルダム中央駅で起きたアフガニスタン人(19)による刺傷事件は、テロを目的にしたものであったと、オランダの検察が発表した。容疑者のジャウェッドSは、預言者モハンメド、コーラン、イスラム教そしてアラーがオランダで度重なり侮辱されていることが、犯行の引き金となったと自白している。Sは、尋問で極右政治家のウィルダース氏の名前を上げたが、同氏が企画していたモハンメドの風刺画コンテストについてはふれていない。検察によれば、容疑者は単独で犯行に及んだもので、他の組織などとの関わりは今のところ見られないという。ただし、事件の背景について捜査は続けられている。

今回の事件では警察の反応が早かったため犯行は最小限に食い止められた。アムステルダム中央駅には、スポッターと呼ばれる特殊警察官が待機しており、通行人の動向を常に観察している。容疑者Sは不審な歩き方をしていたため、事件が発生する前から目をつけていたという。Sがアメリカ人旅行者2人に切りつけたときには、同時に警察官が発砲している。警察はこの素早い行動で犠牲者数を最小限にとどめ多くの人を救ったと発表している。

オランダの教会やイスラム寺院がグリーンに(環境に配慮)
オランダの教会やモスク(イスラム寺院)が環境保全に乗り出した。十字架を形どったソーラーパネルを屋根につけたり、プラスチックごみを再生してマリア像を作るなど、環境意識が強い教会やモスクが増えている。昨年、「緑の教会運動」からグリーンラベル(環境に優しい認定)を得た教会とモスクは130に上る。グリーンラベルが与えられている教会やモスクは、エネルギー消費を最小限にすることに努めるだけでなく、信者にも環境を重視した持続可能な生活を送るよう説いている。

この「緑の教会運動」を始めたのは、TEARと呼ばれる貧困と不正の撲滅を目的とした教会の団体である。教会の屋根にソーラーパネルをつけたり、内部に断熱材をつけたり、電球をLEDランプに替えるなどを推進している。「緑の教会」と名付けられてはいるものの、この運動には12のイスラム教のモスクも参加している。オランダイスラム協会はこの協会に属する147のモスクを2年以内にすべて環境に優しいものにしたいし「イスラム教は人類と地球そしてすべての生き物を慈しむこことが大切だとする宗教。」と説明している。
「緑の教会運動」は、すべての宗教において「きれいな空気と健康な食品を求めていることに違いはない。」と、ユダヤ教や仏教のコミュニティへも参加も促している。

また教会が太陽光パネルなどでグリーン・エネルギーを生産するなら、余剰電力を近隣の家にも送電できる可能性もある、とオランダの科学技術研究機関TNOが具体的な調査も始めている。(画像:プラスチックごみでできたマリア像、Zwolleのドミニカン教会)

ベルギーのワロン地方1ユーロでトランプ大統領に販売?

オランダにまた夏が戻ってくる

ブレグジットを見据え、スコットランド・オランダを結ぶフェリー計画

オランダ鉄道、チケットの販売方法や拠点拡大で車利用者も取り込む

ユトレヒトの草が茂る屋根付きバス停、大ヒット

来年のオランダ経済やや減速、ドイツに足を引っ張られる

オランダで肉の摂取量減り、代替製品の売上が上昇

欧州他国で人気の電動キックボード、オランダでは禁止

音楽を聞きながらの手術で術後の痛みが減少、オランダの実験

オランダ、深刻な橋守不足で船舶の待ち時間長く