ニュース

オランダで2番目の「性別X」のパスポート
オランダで2番目の「性別X」のパスポートが先週金曜日、ナノアさん(19)に発行された。女性(V)、男性(M)とは別のインターセクシュアル用の性別が(X)である。オランダでは2014年から、性転換をしたトランスジェンダーは簡単に性別変更を申請できるようになったが、男女どちらでもないというインターセクシュアルの人は裁判所での手続きが必要である。ナノアさんは、一昨年のレオンヌさんに次いで2番目の公式な性別X保持者となった。

生まれたときの性別が本来の自分の性別ではないと感じる人は、2014年の性転換法以来自由に性別変更の手続きができるようになった。今回のナノアさんや前回のレオンヌさんは、自分は男性でも女性でもないと感じているので、性転換という選択もできない。このため裁判所で性別Xのための訴訟を起こした。

前回のレオーネさんの裁判以来、内務省次官(キリスト教民主党)のクノップス氏は、法制の改革を進めたい意向を示している。さらに民主66党は、強制的な性別申請を廃止するという法案を提出している。世界的に生体認証(バイオメトリクス認証)が広まっているため、EUでは将来的にパスポートやIDなどの証明書に性別を記入する必要がなくなる可能性が高い。オランダがこれを取り入れるかどうかはまだ不明だ。


関連記事

オランダで初めて。パスポートの性別欄に「X」
ブレダに住むレオンヌ・ゼーヘルスさん(57)が、19日オランダで初めて性別欄に男性でも女性でもない「X」と記入されたパスポートを受け取った。ゼーヘルスさんはインターセックス(間性)というカテゴリーに含まれる人で、男性だが自分では女性だと感じている。男女どちらかしか選べないことを不服し、これまでジェンダーニュートラル(性的な区別をしない)パスポート発行を求め法廷で争ってきた。裁判所はゼーヘルスさんの要求を認め、このたび新しいパスポートの発行の運びとなった。

LGBTを代表する各組織はこの発表を歓迎。性転換者団体(NNID)や同性愛者団体(COC)は、レオンヌさんの勝利だと讃えている。裁判所の判決では、性別の区別がない(ジェンダーニュートラル)を認めないことは、私的生活、自己決定、個人の自由への侵害だとしてゼーヘルスさんの異議申し立てを認めた。

ただしこの判決はまだ法律に反映されていないため、政府は法律の改定を急いでいる。改定では必要のない性別の登録を排除するといった項目も含まれる。オランダにはインターセクシュアルの人が4%いる。

オランダ、性転換者のパスポート性別変更簡単に
オランダでは7月1日よりパスポートに記載される性別が簡単に変更できるようになった。これによって性転換者が複雑な手続きを踏むことなしにパスポートの性別を変えることができる。
これまでは性転換者はまず司法当局に出向き生誕時の性別を自分の希望のものに変更するための複雑な手続きを取らねばならなかった。しかし今後は専門家が性転換者当人が別の性別であることを認定するだけで、性別変更は可能となる。

さらに、この性別変更には性転換手術を最初に受ける必要もなくなる。そしてパスポートでの性別変更はほぼすべての必要書類に反映されることになり、余計な行政手続きは必要ないという。

アムステルフェーンで射殺事件。犯罪組織の抗争か。

オランダのアマリリスを日本へお届けします!

アムステルダムのメトロ南北線、スキポール空港まで延長に

KERASTASE特別セール開催のご案内

景気のいいオランダで50万世帯が貧困

オランダで売られている野菜・果物に内分泌撹乱を起こす残留農薬?

ストロープ・ワッフル、米プロスポーツ選手の間でヒット

習得したいのは英語ですか?それともオランダ語ですか?

アムステルダム、ビジネス機会や人口ますます増加

辻井伸行 コンセルトヘボウでのマスター・ピアニスト・シリーズに出演!(12月15日)