ニュース

オランダ、深刻な橋守不足で船舶の待ち時間長く
日本では50年近く前に消滅した「橋守」。運河や川の多いオランダでは全土いたるところで活躍している。ところが昨今の人手不足の波は橋守にも及び、多くの橋で橋守(オランダ語でBrugwachter)がいなくなった。そのため水上を通行する船舶の待ち時間が以前に比べて長くなっている。

人手不足で、今では橋守たちは何本かの橋や水門を掛け持ちしなくてはならない。橋守がいない橋は当然ながら開かないため、ボートや船は水上で待たねばならない。ザーンスタットのクロマーニュ橋は通常30分ごとに開いていたのだが、今では橋守が他に行き戻ってくるのを待たねばならず不定期になっている。北オランダ州では橋守の仕事を外部の企業に依頼し派遣制度にしたのだが、それでも人が足りないという。

この橋守不足の大きな原因は雇用条件の悪さである。「まるで中世のようだ。」と語る橋守もいる。給料は安い上、事故が起きれば罰金が取られるという劣悪さだ。経験が浅い橋守は事故を起こすことも多い。2017年には上に上がったアムステルフェーンの橋から車が落ちるという事故も起きている。

ボートやヨットで水遊びをしているときになかなか橋が上がらないのは待つしかない。しかし運搬用の船舶は待ち時間で大きな損失を被っている。1日に1000ユーロも損失を被るという船舶もある。橋守たちはより良い労働条件を求め自治体と交渉している。


関連記事

アムステルダム、中心部と北部を結ぶ橋の建設計画
アムステルダム市議会は、市の中心部と北部を結ぶ歩行者と自転車用の橋を建設する計画を発表した。全長200メートル、高さ10メートルの橋がアイ湾(Het IJ)に完成するのは2020年ごろになりそう。
この計画の実施には約1億ユーロ(120億円)かかるが、まずは市議の諮問機関で合意を得なければならない。1億ユーロの融資はまだ確定していない。現在、アムステルダムの中心と北部を結ぶのは無料の歩行者、自転車用フェリー。車両は海底トンネルを通る。旅行者や住民の増加でこのフェリーはいつも満員。市はフェリーの本数を増やしているが、需要に追いつかない。これを解決するために、ヤファ(Java)島と北部を結ぶ橋を計画したもの。

市はアイ湾の北側、中央駅の向かいに新しい地下鉄駅シックスハーフェン(Sixhaven)を設置するのにゴーサインをだしている。アムステルダムの北部と南部をつなぐ南北線は2018年完成予定である。この新地下鉄線も、フェリーの混雑を緩和すると見られている。

ロッテルダムに新しい橋2基建設計画
ロッテルダムを二分するマース川に新しい橋を二基建設する計画がある。街の中心部への渋滞を緩和するのが目的である。最初に建設するのはロッテルダムの東部で、クラーリンゲン地区からスタジアム「カイプ」をつなぐもの。続いてロッテルダム西部とワール港を結ぶ橋を建設予定である。

オランダ国営放送NOSの解説によれば、新しい橋の建設の背景には渋滞の緩和だけでなく、ロッテルダムの北部と南部の移動を流動化させ社会的・経済的な格差を減らすという目的があるという。現在ロッテルダムの南部に貧困層が偏っている。

新しい橋の建設は市の交通計画の一環で、これから企業や住民たちと建設に関する話し合いを開始する。交通計画では、車、公共交通、自転車そして徒歩での通行のバランスをとることに焦点が当てられている。専門家によれば橋の建設には莫大な資金が必要だが、これによる社会的な改革に大きく期待できるという。現在南北をつなぐのは、2橋とトンネル一基のみ。ロッテルダム南部の住民がなかなか自分たちの住む地域から出られないという問題がある。このアクセスの悪さがネックとなり、経済的な閉塞感を生み出している。
新しい橋の資金はロッテルダム市、オランダ政府そしてEUから調達する計画である。

アムステルダムに世界初の3Dプリンターによる橋建造
オランダの大手建設会社ハイマンス(Heijmans)とベンチャー企業であるMX3D社が、世界初の3Dプリンターで作る橋を建設すると発表した。鋼鉄製の3Dプリントというのも、かつてないものである。橋は巨大3Dプリント用に特別に作られたロボットが建設する。最初の橋はアムステルダムの歴史的な地域にある運河に「プリント」する計画である。

これまで3Dプリンターは医療用機器の部品など比較的小さな部品製作などに利用されきた。この3Dプリントの橋という、とてつもなく大きな物体をプリントするのは3Dプリンター界における大きな飛躍である。計画されている橋は現場で製作する。一方の岸でプリントを開始し少しずつ伸ばしていく、そして最後に向こう岸に着くという仕組み。
技術的には問題はクリアしているというが、市当局の許可はまだ下りていない。MX3D社によれば9月には着工場所は決定するという。橋の強度など建設に関する技術指導はハイマンス社が行う。

アムステルフェーンで射殺事件。犯罪組織の抗争か。

オランダのアマリリスを日本へお届けします!

アムステルダムのメトロ南北線、スキポール空港まで延長に

KERASTASE特別セール開催のご案内

景気のいいオランダで50万世帯が貧困

オランダで売られている野菜・果物に内分泌撹乱を起こす残留農薬?

ストロープ・ワッフル、米プロスポーツ選手の間でヒット

習得したいのは英語ですか?それともオランダ語ですか?

アムステルダム、ビジネス機会や人口ますます増加

辻井伸行 コンセルトヘボウでのマスター・ピアニスト・シリーズに出演!(12月15日)