ニュース

音楽を聞きながらの手術で術後の痛みが減少、オランダの実験
ロッテルダムのエラスムス大学病院での研究によると、音楽を聞きながら手術を受けると術後の痛みが大きく減少するという結果が出た。外科専門誌「Annals of Surgery」に発表されたもの。ヘッドフォンで音楽を聞きながら手術を受けた患者は術後に要する鎮痛剤の摂取量が少なくなるという。これによって鎮痛剤の中毒になったり副作用が防げる、と同病院の研究者。ただし、音楽でもヘビーメタルやハードロックは効果がないようだ。

音楽が術後の痛みの減少にどのようなメカニズムで効果をもたらすのかを探るのは今後の課題だ。しかし、音楽が脳を通して人間の肉体に影響を与えているのは確かである。ストレスに対する反応、免疫システム、ホルモン管理などに効果があると研究者は見ている。メカニズムはまだ解明されていないが、痛み、恐怖そしてストレスが軽減されるのは確かだという。

この研究プロジェクトのリーダーであるイェーケル医師は、以前自分が手術を受けたときに、よく自分がピアノで演奏するショパンのファンタジーを聞いていた。このときに音楽の効果がひらめき、研究を開始したという。音楽は費用はかからない上、術後の鎮痛剤摂取による副作用を防げる。実際に5000人の患者の手術で音楽を試したところ、音楽を聞いていない患者が使用する痛み止めの量よりかなり少ない量の摂取が必要なことが判明した。外科手術には、モルヒネ、フェンタニル、オキシコドン、トラマドルといった麻酔薬を使用するが、これらの麻酔薬は中毒性がある。術後にもモルヒネなどを投与することがあるが、量が劇的に減るようだ。


関連記事

製薬会社の高額薬品の代わりに、アムステルダムの病院が独自に薬品を製造
アムステルダムの大学病院UMCは、現在製薬業界に注文している医薬品が素早くかつ廉価に入手できるよう病院内の薬局で薬品を製造する予定だと月曜日発表した。この計画実施の引き金となったのはオランダの宝くじ「Vriendenloterij」からの500万ユーロの寄付金だ。この宝くじ会社は毎年数10の慈善事業に寄付しており、UMCへの寄付もこの一環である。

UMCが行う薬品の自主製造は、主として希少疾患の治療薬が対象である。通常希少疾患の治療薬は法外な価格で製薬会社から販売されているが、これを病院が独自に製造する。

UMCは昨年、代謝障害の治療薬を独自に製造したことで製薬業界と対立した。この薬品を製造するリーディアント社は、一人あたり1年分の薬品代を3万ユーロから16万ユーロへと値上げし、さらに市場独占権まで得ていた。UMCは同じ薬品を2万5千ユーロで提供したため同社と対立。オランダ政府はリーディアント社が利益の追求だけを目的としているとしてUMC病院を支援したが、法的な立場からUMCは製造を断念せねばならなかった。

しかしUMCは今年は同じ薬品でさらに質の高いものを独自に製造すると発表した。この治療薬はリューマチや稀なガンの治療薬と同様に非常に高価なものである。UMCは他の希少疾患のための治療薬も独自に開発すると述べている。

アムステルフェーンとシッタールトの病院も財政困難
先週アムステルダムとレリースタットの病院が倒産し閉鎖という事態が発生したが、アムステルフェーンにあるアムステルランド病院とシッタルド・ヘレーンにあるザイデルランド病院の2院が財政困難に陥っていることが判明した。

会計事務所BDOの調査によれば、現在オランダにある14の病院の財務状況でブラックリストに載っている。このうちアムステルフェーンの病院は2017年の年次報告書がまだ出ていないが、財政状態が危ぶまれている。ザイデルランド病院は過去の4億ユーロの借入金が重くのしかかっている。

アムステルランド病院は、2017年の数字を発表しないものの、現在財政状態は改善中であると発表している。2015年には310万ユーロの損失、そして2016年には130万ユーロの損失を出している。先日倒産したスローターファールト病院と同様、アムステルランド病院も昨今の人手不足により外部から高い医療者を雇わねばならず、これが支出超過の原因になっていた。しかし同病院は今年の始めに大きなリストラを行い、これにより財務状況は改善されているとコメントしている。BDOによればザイデルランド病院の財務状況はレリースタットの病院よりも悪いという。
現在国会では病院の倒産と財政問題について討議中である。

オランダの2病院が倒産
アムステルダムのMCスローターファールト病院とレリースタットのアイセルメール病院の2病院が木曜日、倒産を宣言した。スローターファールト病院では水曜日にはすでに新規の患者を受入中止している。この病院には80名の入院患者がいるが、すべて近隣の病院に移されることになる。これは治療のみを行う院内のクリニックも同様である。インテンシブケアはすでの患者は移送済みで使用されていない。倒産を管理する管財人は患者データの移行がプライバシー法に抵触せずに行われるよう検討中であるという。スローターファールト病院は比較的規模も小さく、近隣に病院が多くあるため深刻な問題は起きていない。

これに対しフレーフォラント州にあるアイセルメール病院の倒産は社会問題になりつつある。
アイセルメール病院は、グループで運営されており、ザイダーゼイ病院、エメロード病院、ドロンテン病院そしてデ・クレーク産院がこの倒産に関係している。すぐに閉鎖はされないが、管財人は従業員のすぐさま解雇を要求している。しかし裁判所は2ヶ月のクールオフ期間を制定しており、この期間は病院の資産や機材は凍結される。同州にあるレリースタット、アルメール、ノールドオオストポルダー、ウルク、ドロンテン、ゼーウォルデ各市とフレーフォラント州が、病院閉鎖に懸念し反対している。

以前は政府が病院が経営的に持続できるよう資金注入などを行ってきた。しかし2006年から医療にも市場原理が導入されたことで、政府の介入はなくなった。そのかわりに保険会社が医療機関の経済的な持続にかかわってきたが、これも病院では適用されなくなっている。倒産の理由は単に病院の運営費用が収入を超えていたというもので、アムステルダムのスローターファールト病院に関しては、病院評判が落ち、ホームドクターがこの病院に患者を送るのを避けていたのも収入の激減の背景にあるという。

オランダのガン専門病院、タバコ会社を提訴
アムステルダムにあるガン治療を専門とする病院アントーニ・ファン・レーウヴェンフック病院(AVL)は、オランダのタバコ製造起業4社を相手取り、深刻な虐待という嫌疑で訴えを起こした。AVLの理事長であるレネ・マデマ氏は「AVL病院では毎日患者さんを全力で治療し看護している。同時にタバコ会社は発がん性だということを承知でタバコを依存症になるよう仕向けている。」と訴えている。

AVLは以前から政府に対し肺がん撲滅のための禁煙運動の推進を訴えていたが、喫煙の根本の原因はタバコ産業にあるとして今回の刑事訴訟となった。病院側がいくら予防や治療に専念しても、タバコ会社が販売に力を入れるため「蛇口を開いたままのモップかけ」状態だ。オランダで初めてタバコ会社を提訴したAVL病院は、他の病院や専門医もこれに続くよう呼びかけている。

今回の訴訟を担当している弁護士フィック氏によれば 、ニコチンがいかに依存性があるかについてさらなる研究を進めるべきだとしている。同時にこれを承知で利益のみを眼中に生産を続けるタバコ企業は犯罪だと断言。とくに開発国での貧困者に対するタバコ販売拡大活動にいたっては大罪だとコメントしている。

ホームドクターを病院に常駐させることで、救急患者激減。ハーグの病院で試験中
オランダでは病気になった場合にはまずホームドクターに行くのが決まりで、直接病院に行かない。ただし急を要する怪我や病気の際には病院の救急部門(SEH)に出向く。しかし実際にはこのSEHに行く必要もない場合も多いのが現状らしい。ハーグ市ではSMASHと呼ばれるホームドクターの病院サービスを試験的に行った結果、病院の救急部門に行く患者の数が半分から3分の2も減った。

ハーグにある複数の病院で、ホームドクターを24時間常駐させるという部門SMASHを置いた。SMASHは2013年から病院と保険会社が共同で開始したサービスで、医療費の軽減を目的としている。ホームドクターによる処置は、病院の救急部門での診療より大幅にコストが低い。SMASHの医師はまず患者が実際に救急部門に行くべきかを診断。必要なっ倍は急遽救急部門へ、不要な場合は簡単な治療を受けそのまま家に帰される。

このサービスはまだ試験期間だが、ハーグではかなりの効果が上がっていると満足している。病院の常駐ホームドクターにかかった場合には通常の健康保険で全額カバーされ、自己負担はない。今後このサービスはオランダの他の地域でも採用されるとみられている。

ベルギーのワロン地方1ユーロでトランプ大統領に販売?

オランダにまた夏が戻ってくる

ブレグジットを見据え、スコットランド・オランダを結ぶフェリー計画

オランダ鉄道、チケットの販売方法や拠点拡大で車利用者も取り込む

ユトレヒトの草が茂る屋根付きバス停、大ヒット

来年のオランダ経済やや減速、ドイツに足を引っ張られる

オランダで肉の摂取量減り、代替製品の売上が上昇

欧州他国で人気の電動キックボード、オランダでは禁止

音楽を聞きながらの手術で術後の痛みが減少、オランダの実験

オランダ、深刻な橋守不足で船舶の待ち時間長く