ニュース

音楽を聞きながらの手術で術後の痛みが減少、オランダの実験
ロッテルダムのエラスムス大学病院での研究によると、音楽を聞きながら手術を受けると術後の痛みが大きく減少するという結果が出た。外科専門誌「Annals of Surgery」に発表されたもの。ヘッドフォンで音楽を聞きながら手術を受けた患者は術後に要する鎮痛剤の摂取量が少なくなるという。これによって鎮痛剤の中毒になったり副作用が防げる、と同病院の研究者。ただし、音楽でもヘビーメタルやハードロックは効果がないようだ。

音楽が術後の痛みの減少にどのようなメカニズムで効果をもたらすのかを探るのは今後の課題だ。しかし、音楽が脳を通して人間の肉体に影響を与えているのは確かである。ストレスに対する反応、免疫システム、ホルモン管理などに効果があると研究者は見ている。メカニズムはまだ解明されていないが、痛み、恐怖そしてストレスが軽減されるのは確かだという。

この研究プロジェクトのリーダーであるイェーケル医師は、以前自分が手術を受けたときに、よく自分がピアノで演奏するショパンのファンタジーを聞いていた。このときに音楽の効果がひらめき、研究を開始したという。音楽は費用はかからない上、術後の鎮痛剤摂取による副作用を防げる。実際に5000人の患者の手術で音楽を試したところ、音楽を聞いていない患者が使用する痛み止めの量よりかなり少ない量の摂取が必要なことが判明した。外科手術には、モルヒネ、フェンタニル、オキシコドン、トラマドルといった麻酔薬を使用するが、これらの麻酔薬は中毒性がある。術後にもモルヒネなどを投与することがあるが、量が劇的に減るようだ。


関連記事

オランダ全土で病院スト、給与アップと待遇改善を求める
水曜日、オランダ全土で病院の従業員によるストが行われた。これにより救急医療部門を除くのほとんどの病院が門戸を閉ざした。ストに参加したのは看護師と医師で、給与の増額と就業条件の改善を求めている。

従業員は給与の5%アップそして急な時間外労働に対するボーナスを要求。さらに負担軽減のための就業規則の改善などを求めている。これに対し経営者側であるオランダ病院協会は、3%の給与増と医療保険料支払い免除そして病欠時の減額給与支払いを提示している。

協会によれば労組の要求を飲めば9億5000万ユーロの追加予算が必要となり、協会が提示している2億ユーロの追加予算を大幅に超える。労組側は、給与アップと労働条件の改善により病院で働くことがより魅力的になると訴えている。このままで行くと高齢化と平均寿命の上昇により、2022年にはオランダで10万人の医療関係者不足が見込まれている。

人手不足でアムステルダムの病院の一部閉鎖に
アムステルダム東部の総合病院OLVGは、年内に循環器科と癌科の看護病棟を閉鎖する。専門の看護師が不足しているのが理由だ。12月にはもう手が回らない状態にあると同病院。12月1日から循環器とガン患者の看護病棟では新規患者は受け付けない方針である。12月11日には同科の患者と従業員は同じOLVGのアムステルダム西部に移転する。看護担当人員の不足で、アムステルダムの東と西に同じ病棟があることで、運営がきびしくなっている。このため、すべてアムステルダム西のOLVGに移転させるという。移動するのは看護病棟のみで、同じ科の日帰り入院や治療はこれまでどおり東OLVGにとどまる。

同病院によれば、ここ数ヶ月のうちにこれらの病気に特化した専門看護師が5人も退職しており、12月には入院患者を受け付けられなくなったと同病院。
看護師不足はオランダでも深刻な問題となっている。医療介護分野での求人は1年で12%上昇し、今年の第3四半期には30491名。特に、専門分野での人手不足は深刻で8人の募集に1人の応募といった状態である。

こういった状態で、病院では一部閉鎖に追い込まれる場合もある。昨年にはフローニンゲン大学病院の29ある手術室のうち4室は閉鎖となった。アーネムの病院でも救急部門が閉鎖に追い込まれ、ハーグのブロノボ病院は人手不足より病院自体が閉鎖となっている。

アムステルダムの病院での人手不足にさらなる足かせとなっているのは、住宅不足だ。家賃や不動産価格の高騰で、病院の従業員がアムステルダムに住めなくなっている。
専門の看護師を確保するためにボーナスを支給する病院もある。フローニンゲン大学病院では、手術室専門の看護師には3年継続勤務で5000ユーロの特別ボーナスを払っている。アムステルダムのアントニ・ファン・レウウェンフック病院では給与を10%値上げしている。

11月にオランダ全土の病院でスト
より良い労働条件を求め、オランダ全土の病院で働く従業員が11月20日にストを決行する。ただし救急医療に関しては例外である。労組は給与の5%引き上げと特別手当のほか、看護・介護を行う従業員の負担軽減を求めている。とくに介護分野では重労働のために離職率が高いため、魅力ある職場にするための工夫や手当が必要だとしている。

病院労組に加盟している人は全国83の病院と30のリハビリ施設で働く20万人。大学病院に関してはこの労働協定は適用されない。労組とオランダ病院連盟(NVZ)との間の交渉はすでに長い間続けられているが、最終の交渉結果では2020年と2021年の給与の4%引き上げが決定している。労組はこれに同意していない。NVZ側は、同意がなければ従業員の医療保険費負担をカットするとしており、こうなると従業員の医療費負担が年間で数百ユーロ上がることになる。

高齢者や慢性病患者の増加により、病院の費用はうなぎのぼりである。コストの半分以上が人件費が占める状態で、病院運営も財政的に難しくなっている。NVZのメルカート会長は8月に政府に対し、従業員の給与引き上げのため2億ユーロの予算追加を要請した。しかし医療担当のブラウン大臣はこの予算はないと拒否している。

製薬会社の高額薬品の代わりに、アムステルダムの病院が独自に薬品を製造
アムステルダムの大学病院UMCは、現在製薬業界に注文している医薬品が素早くかつ廉価に入手できるよう病院内の薬局で薬品を製造する予定だと月曜日発表した。この計画実施の引き金となったのはオランダの宝くじ「Vriendenloterij」からの500万ユーロの寄付金だ。この宝くじ会社は毎年数10の慈善事業に寄付しており、UMCへの寄付もこの一環である。

UMCが行う薬品の自主製造は、主として希少疾患の治療薬が対象である。通常希少疾患の治療薬は法外な価格で製薬会社から販売されているが、これを病院が独自に製造する。

UMCは昨年、代謝障害の治療薬を独自に製造したことで製薬業界と対立した。この薬品を製造するリーディアント社は、一人あたり1年分の薬品代を3万ユーロから16万ユーロへと値上げし、さらに市場独占権まで得ていた。UMCは同じ薬品を2万5千ユーロで提供したため同社と対立。オランダ政府はリーディアント社が利益の追求だけを目的としているとしてUMC病院を支援したが、法的な立場からUMCは製造を断念せねばならなかった。

しかしUMCは今年は同じ薬品でさらに質の高いものを独自に製造すると発表した。この治療薬はリューマチや稀なガンの治療薬と同様に非常に高価なものである。UMCは他の希少疾患のための治療薬も独自に開発すると述べている。

アムステルフェーンとシッタールトの病院も財政困難
先週アムステルダムとレリースタットの病院が倒産し閉鎖という事態が発生したが、アムステルフェーンにあるアムステルランド病院とシッタルド・ヘレーンにあるザイデルランド病院の2院が財政困難に陥っていることが判明した。

会計事務所BDOの調査によれば、現在オランダにある14の病院の財務状況でブラックリストに載っている。このうちアムステルフェーンの病院は2017年の年次報告書がまだ出ていないが、財政状態が危ぶまれている。ザイデルランド病院は過去の4億ユーロの借入金が重くのしかかっている。

アムステルランド病院は、2017年の数字を発表しないものの、現在財政状態は改善中であると発表している。2015年には310万ユーロの損失、そして2016年には130万ユーロの損失を出している。先日倒産したスローターファールト病院と同様、アムステルランド病院も昨今の人手不足により外部から高い医療者を雇わねばならず、これが支出超過の原因になっていた。しかし同病院は今年の始めに大きなリストラを行い、これにより財務状況は改善されているとコメントしている。BDOによればザイデルランド病院の財務状況はレリースタットの病院よりも悪いという。
現在国会では病院の倒産と財政問題について討議中である。

アムステルフェーンで射殺事件。犯罪組織の抗争か。

オランダのアマリリスを日本へお届けします!

アムステルダムのメトロ南北線、スキポール空港まで延長に

KERASTASE特別セール開催のご案内

景気のいいオランダで50万世帯が貧困

オランダで売られている野菜・果物に内分泌撹乱を起こす残留農薬?

ストロープ・ワッフル、米プロスポーツ選手の間でヒット

習得したいのは英語ですか?それともオランダ語ですか?

アムステルダム、ビジネス機会や人口ますます増加

辻井伸行 コンセルトヘボウでのマスター・ピアニスト・シリーズに出演!(12月15日)