ニュース

欧州他国で人気の電動キックボード、オランダでは禁止
ブリュッセルやパリそしてベルリンなどの都市ではレンタルの電動キックボードが人気である。好きなところでピックアップして好きなところに戻すことができ、速いし、場所をとらず、排気ガスが出ないのが人気の秘訣である。ところが、オランダでは電動キックボードで公道を走るのは禁止されている。禁止の理由はスクータや自転車と違いハンドルとシートがないこと。オランダ道路交通局(RWD)は電動キッキボードを「特別スクーター」に分類しているが、この理由から公道での通行が禁止されている。

オフロードバイクなどを製造している「Motoped」社は、オランダでは許可されていないモデルも製造している。オーナーのフランク・ヘーゼンさんは「オランダは他の欧州諸国に比べ遅れている」と批判。「軽くてどこにでも持っていくことができ、近距離では最高の交通手段。駅まで電動ステップで行き、折りたたんでそのまま電車に乗ることもできる。隣国の都市では観光客がこぞってレンタルしている。」

オランダでは電動スケートボードも禁止されている。駅の往復にいつも電動スケートボードを使っている男性は、いちいち自転車を駐輪場に停める時間を20分は節約できると便利性を強調している。「毎日乗っているが一度も警察に注意されたことはないどころか、ボードを見かけた警察官もおもしろいね、と褒めてくれる」と同男性。禁止されていても徹底していないようだ。さらに、通常のスケートボードよりも安全らしい。停止の際にはボタンを押すだけなので突然の事態にもすばやく対応できる。

さて電動キックボードや電動スケートボードは実際のところ危険なのだろうか? 交通安全科学研究基金(SWOV)によれば、環境にいいし便利な反面、事故も多いという。スペインでは死亡事故も起きている。安定性や可視範囲に問題もある。まずは他国での様子を見てからオランダでの導入を検討するのがいいのでは、と同基金。


関連記事

7月1日からベルギーでの交通違反罰金3倍に
ベルギーでは7月1日から交通違反の罰金を大幅に値上げする。例えば通行禁止の路肩通行では現状の58ユーロから3倍の174ユーロの罰金。

追い越し車線での走行も116ユーロの罰金。追い越し車線は追い越し時のみに使用でき、その後はすぐに右の路線に戻らねばならないのだが、そのまま追い越し路線に留まると違反となる。(追い越しはせずに)追い越し路線を走行する車両も58ユーロの罰金だという。さらに一方通行の逆走や、信号無視などにも高額の罰金が課せられることになる。

これらの違反はすべてカメラが検知する。パトカーや警察官による検挙ではない。オランダやEU他国の住民がベルギーで交通違反をすると、居住地に罰金請求書が送られる。

オランダ公共交通機関24時間ストで道路は大渋滞、空の便もキャンセル
28日、年金制度の改善を求めたオランダ公共交通機関(鉄道、バス、トラム、メトロ、フェリー)の24時間ストが始まった。朝7時30分には全土で700kmの渋滞が報告されたが、8時30分にはほぼ解消に向かっている。スキポール空港では空港への足がないという理由から80便がキャンセルされた。

渋滞がひどいのはオランダ西部で、ハーグ、ロッテルダム付近が最も混雑していた。マーストリヒトからアイントホーフェンに向かうA2やハーグからロッテルダムへ向かうA4,そしてレリースタットからマウデンに向かうA6も渋滞している。

運行している列車はアムステルダム中央駅とスキポール空港を結ぶ線のみ。ただし通常は1時間25本あるところ、ストの最中は1時間4本のみとなっている。またスキポール空港を通る一部のバス(300番など)も運行しているが、こちらも不定期。

スキポール空港では80便をキャンセルしたが、乗客は別便(別の日か別の航空会社)を無料で予約できるという。空港へ向かう道路(A4)も大渋滞で、途中で下車して徒歩で向かう乗客もいるが、これは禁止されており反則には罰金240ユーロが課せられる。

アムステルダム北部と中心部を結ぶフェリーもストに突入したため、自転車で通う乗船用にアイトンネル(通常は車両通行のみ)を緊急車両以外の車両通行禁止とし自転車および徒歩用に開放している。
多くの大学では本日予定されている試験を別の日に移行しているが、一部の大学ではそのまま続行。学生連盟LSVbはこれを「馬鹿げている」と避難している。

オランダでは年金受給年齢が現行の65歳から段階的に66歳、67歳へと上げる計画だが、公共交通機関労組は66歳が限度だとして政府と交渉している。

28日(火)オランダ全土で公共交通24時間スト
28日(火)にはオランダ全土で公共交通機関の24時間ストが計画されている。労組が年金制度の改善を求めて交渉中で、合意に至らない場合にはストは決行される。ストが予定されているのは、オランダ鉄道、バス、トラム、メトロといったほぼすべての公共交通機関。通勤・通学は徒歩、自転車あるいは車といった手段のみとなる。

すでにグリーンウィールやシックストといったレンタカーは予約が急増している。KLMなどは車の通勤者が増えるのを見越してすでに通常より広い駐車場を借りている。企業でもこの日は従業員の在宅勤務を推奨するところも多い。

政府も通勤、通学者に注意を呼びかけている。ファン・ニュウェンハウゼン交通大臣は、渋滞を懸念し「車での外出の必要がなければ使用しないように」と述べている。労組と年金について交渉しているコールメース社会省大臣は「火曜日のストを回避するよう努めているものの、非常に複雑な問題がからんでおり」火曜日までに双方の合意が得られるかはわからないとしている。

スキポール空港は、空港への公共交通は火曜日も通常通り運行するよう呼びかけている。もしストを決行するなら裁判でストを中止させる圧力をかけると発表した。


アムステルダムの公共交通停留所の削減、駐車料金値上げ
アムステルダムの公共交通期間GVBは、今年の8月に大きく路線を変更し停留所を削減したばかりだが、今後さらに21ヶ所の停留所が廃止される予定だ。

助成金が毎年削減されるのをふまえ、GVBではさらなら効率化を目指し「余計な」停留所の廃止を計画している。とくに、ほとんど乗降客がいない停留所や近隣の停留所との距離が近すぎるものが対象だ。これにより運行時間の短縮を狙っている。

さらにアムステルダム市では来年4月からの駐車料金の大幅値上げも計画している。セントラムではこれまで1時間あたり5ユーロだったものが7.5ユーロと値上がる。他の地域でもこれまでの1.5倍となる。市は車両のさらなる排除と自転車や歩行者の保護をめざすという。

オランダ公共交通カード(OV)、後払い可能に
オランダ鉄道(NS)に乗車するには、切符を購入するか、日本のSuicaのようなOVチップカードを利用するが、これまでこのOVカードには最低20ユーロの残高があることが必須だった。それが今日(9月3日)からNS Flexというシステムが導入され、この最低残高が不要になる。(NSではないトラムやメトロでは、この最低残高は現在でも不要)

この残高最低20ユーロシステムは、定期的に鉄道を利用しない人の間で不評だった。つまり鉄道を利用するたびに5ユーロの区間ですら20ユーロを入金しなければならないのは、無駄だし面倒。このNS Flexでは、毎月使用した額が後払いできるため、たまにしか鉄道を利用しない人には便利である。後払いする金額は銀行口座から自動的に差し引かれる。NS Flexは、NSのみならずトラム、メトロ、バスも共通で利用できる。さらに、毎月使用金額詳細が見られるので記録が必要な人には便利。

Flexシステムの使用料は、定期契約者は1ヶ月に1ユーロ、それ以外は初期費用10ユーロで毎月の使用料金ゼロとなっている。このFlexシステムの申し込みは以下のNSのページから(オランダ語)

アムステルフェーンで射殺事件。犯罪組織の抗争か。

オランダのアマリリスを日本へお届けします!

アムステルダムのメトロ南北線、スキポール空港まで延長に

KERASTASE特別セール開催のご案内

景気のいいオランダで50万世帯が貧困

オランダで売られている野菜・果物に内分泌撹乱を起こす残留農薬?

ストロープ・ワッフル、米プロスポーツ選手の間でヒット

習得したいのは英語ですか?それともオランダ語ですか?

アムステルダム、ビジネス機会や人口ますます増加

辻井伸行 コンセルトヘボウでのマスター・ピアニスト・シリーズに出演!(12月15日)