ニュース

オランダ、駅中のコーヒーはどこが美味しい?
オランダ人のコーヒー好きは有名である。朝起きて一杯、会社に着いて一杯、昼食後一杯、3時に一杯、そして夕食後一杯、というのは普通で、それ以外の時間でも空きあらばコーヒーという人が多い。通勤の途中で駅でコーヒーを飲む人も多く、オランダ鉄道NSによれば年間3000万杯が売れているという。駅の滞在時間平均は7分。この間にコーヒーを飲んで温まるかリラックスする。さて、駅で売られるコーヒーの質もここ10年でずいぶんと上がったという。オランダの全国紙NRCがユトレヒト駅にあるチェーン店でコーヒー・テースティングのチャンピオンであるローズ・ファン・アステンさんとチェックした。チェックしたのは普通のコーヒー(フィルターコーヒー)とエスプレッソ、そしてカプチーノである。調べた店は、Starbucks、Broadzaak、AH to Go、HEMA, Burger King、Kiosk, Julia’sという大きな駅にあるファーストフード店。

テストの結果、エスプレッソではイタリアンのファーストフード店「Julia's」のものがなんとか及第点となった。ローズさんによれば「どこのエスプレッソも素晴らしいというレベルではないが、Juliaは一番悪くない。」という。続いてBroodzaakとStarbucksが挙げられた。JuliaではIllyのコーヒーを使用している。
フィルターコーヒー(普通のコーヒー)では、KioskとBroodzaakのものが一番美味しいというテスト結果が出た。
そしてカプチーノでも、Julia'sが一番に選ばれた。KioskとAH TO GOがこれに続く。
オランダの駅店のフィルターコーヒーは、アラビカ豆を中心にしたブレンド。ブレンドすることで味の質を一定にしているという。一昔前にはインスタントコーヒーも売られていたというが、最近では駅で買うコーヒーの質もだいぶ上がっていると、ローズさん。


関連記事

ワーヘニンゲン大学、「コーヒーショップ自給チェーン」用に大麻栽培
オランダの農業科学大学ワーヘニンゲン大学(WUR)は、政府が2019年から開始する「コーヒーショップ自給チェーンの実験」に参加する。オランダには大麻を合法に販売するコーヒーショップと呼ばれる店舗があるが、10の市町村が大麻の自給自足の実験を開始する。これらの市町村はコーヒーショップへ合法に大麻を供給するというもの。

現在オランダでは認可コーヒーショップにおける大麻の販売と使用は限定的に許可されているが、栽培は違法である。近年違法に大麻を栽培するケースが増加しており、特に犯罪組織によるものが暴力行為などの問題を起こしている。この「自給コーヒーショップ実験」を行うことで、政府は犯罪組織による大麻栽培を阻止しようと試みている。

ワーヘニンゲン大学でエリック・ポートさんが率いるチームは2年間大麻栽培を研究してきており、この植物に関し多くのデータを収集してきた。研究は太陽光の入る温室の中で行われている。チームは(医療用)大麻に含まれるTHCとCBDという物質についての研究に焦点を当て、栽培過程での太陽光の役割について研究している。大学は政府から栽培許可を得ているが、研究内容に関しては外部に漏らさないことが条件。ただし最近大麻が合法化されたカナダでは同大学の研究結果が利用されている。オランダ検察によれば、大麻の栽培と供給はオランダでは有罪だが、カナダなどへの合法の国への供給は有罪にならないという。

オランダ、大量に大麻の在庫を持っていたコーヒーショップオーナー無罪
ベルギー国境に近いテルネウゼンにある「チェックポイント」というマリファナを販売するコーヒーショップのオーナーは、アムステルダムにおける裁判所の判決で無罪となった。オーナーは犯罪組織には属さない一般人であるという理由で、懲役も罰金もなしという判決となった。このショップは2007年に市長の命令で閉鎖に追い込まれていた。大麻を販売するコーヒーショップは店内に500グラムまでの大麻なら在庫を置くことは「見て見ぬふり」という曖昧な許可があるのだが、この「チェックポイント」は国境の町であることから毎日3000人以上の顧客があり1日に10kg以上のマリファナを販売していた。閉店になる以前には同店は市当局の援助により市外にある駐車場スペースがある場所へ移動していたこともある。

2010年には、オーナーが犯罪組織に属するという容疑で970万ユーロの罰金と16週間の禁固刑を言い渡されている。ところが昨日水曜日のアムステルダムでの裁判では、検察の訴訟が退けられることになった。条例で認められている以上の量を在庫にかかえていたことは違法であるが禁固刑には値しないという判決さらに、市当局がこのコーヒーショップの拡大を援助していたことから、需要を支えるだけの在庫を抱えることを知っていたはずという結論となった。

現在、オランダではソフトドラッグの小売販売は一定量まで合法であるが、その供給元である犯罪組織が問題視されており、地方自治体は司法大臣に対し「グレーゾーン」を徹底的に見直すよう圧力をかけている。

オランダのアマリリスを日本へお届けします!

オランダ税務当局、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ社に10億ユーロ課税

弁護士殺害事件を受け、オランダ司法省は組織犯罪撲滅の予算を増加したい意向

王子の日、2020年度の政府予算発表

KLMなど航空会社のCO2排気を減らす試み、実際には?

チーズの外皮は食べる?食べない?

オランダ、これまで税金を払っていなかった多国籍企業、2021年から課税対象に

オランダ、あまり知られていない高給が得られる仕事は?

ナルク・オランダ東部 発足式&ナルク説明会

アムステルダムのホテル新設禁止は観光客増加ストップに功を奏さず